Mac ガジェット ゲーム

【レビュー】Parallels Desktop 18 for Macが快適だった【プラン比較】

2022年8月にアップデートが発表されたParallels Desktop 18 for Mac
Bootcampが使えなくなってしまったM1・M2 Macでは、Windowsを使う方法として現状最も無難な選択肢でしょう。

Windows向けのゲーム(Steam・Epic Games・Origin)や、テキスト作業(Microsoft Officeシリーズ)等、ソフトが対応していなかったり使いにくいという方向けのソフトです。

実際に使ってみないと、どれくらい快適か分かりにくい部分も多いと思いますが、30日間の返金保証が用意されています。
本記事をざっとお読みいただいてから、取り敢えず試しに使ってみるのが間違いないかと思います。

動作レビュー→プラン比較→インストール方法、という具合に順を追ってご紹介します。
さっさと試してみたいという方は、Parallels Desktopのプラン別比較クリックでジャンプ)や、インストール方法クリックでジャンプ)まで読み飛ばしてしまって下さい。

社会不適合者がブログで生活できないか実験しています。
脱サラしたのに、ダラダラと週3回くらいブログを更新中。
Twitter:こちら
YouTube(ラーメン二郎制覇中):こちら

M1・M2 Macに最適化されたParallels Desktop 18 for Mac

参照:Parallels Desktop for Mac

毎年8月のアップデートが恒例となっているParallels Desktopシリーズ。
Macの大型アップデートに備えた定期アップデートが今年もありました。

用意されているプランは合計5つ。
Standard Edition以外は、全てサブスクの月額料金です。

Parallels Desktop 18 for Mac

  • Standard Edition(¥10,400 買い切り)
    → ライトなゲームのプレイならこれで十分
    → 学生なら半額で買えるStudent/Educator Edition(¥5,200/年)の学割プランが最もお得
  • Pro Edition(¥11,700/年)
    → Windowsに割り当てるメモリ・CPUを増やして重いゲームも遊べる
  • Business Edition(¥14,700/年)
    → 名前の通り組織向けのプラン

※価格は全て2022年9月時点の税込み価格です
※全て30日間の返金保証が付きます

Parallels Desktop 18の今回アップデートの最重要ポイントは、M1・M2 Macへの最適化でしょう。
最適化とは、Macの性能を無駄にせず、Windowsを稼働させるのに集中させることを指します。

M1・M2チップ搭載Macの性能は非常に高く、ゲームや4Kの動画編集までこなせる高スペックマシン。
Parallels Desktop 18の最適化によって、Windows向けゲームやテキスト作業を、より快適にしてくれます。

M1・M2チップの性能の高さについては、こちらをご覧いただければ数値で客観的にお分かり頂けると思います。
それ以前のIntel Macとは比較にならないくらい高性能で、コストパフォーマンスもいいマシンです。

【比較】M1とM2チップ、どっちを選ぶ?スペックから違いを考える

新たに発売されたM2チップと、それを搭載したM2 MacBook Air。 ところで、M1チップとM2チップ、今はどっちを買うべきなの? それすらもよく分からないくらい、Appleシリコンを搭載したMacが増えまくってきました。 この記事で ...

続きを見る

Parallels Desktop 18 for Macの新機能

その他の新機能と呼ばれる部分は、正直なところ大きな変わりはありません。
Parallels Desktop 18 for Macから登場した新機能は、下記の通りです。

Parallels Desktop 18の新機能

  • Windows 11のセットアップがより簡単になった
    → 元からかなり簡単です
  • ゲームコントローラーの接続が自動になった
    → Xbox/DualShock の Bluetooth コントローラーのみ

その他にも、細かい機能紹介は公式ページよりご確認ください。
>> Parallels Desktop 18 for Mac公式ページ

 

【レビュー】Parallels Desktop 18 for Macの動作確認

参照:Parallels Desktop for Mac

さて、Parallels Desktop 18は違和感無くWindowsを動かす事ができるのでしょうか?
それらを検証するために、いくつか動作確認をしてみます。

今回は、大まかな3つの動作に絞って確認してみました。

動作レビューのポイント

  • 基本的なブラウジング
  • テキスト作業
  • Widows向けゲーム

結論としては、いくつか設定をすることでかなり快適に、Macと比較しても大きな違和感なくWindowsを使うことができました
私が設定した項目としては、下記の通り。

Parallels Desktopの設定項目

  • Windows 11の言語を日本語に変更
  • Mac・Windows間のファイル共有設定
  • ディスプレイの解像度を変更
  • マウスのカーソル移動を高速に変更
  • キーボード配置をApple向けキーボードに変更

Macのマシンをそのまま使って、Windowsの基本的な動作がここまで簡単に出来てしまうのは、Parallels Desktopの頑張りが伺えます。

基本的なブラウジングの動作レビュー

Parallels Desktop 18 for Macインストールしてすぐの状態で、簡単なブラウジングをしてみました。
ちなみに私の環境は、Touch ID搭載Magic KeyboardとMagic Trackpad。

Magic Trackpadは3本指でドラッグ・アンド・ドロップが出来るように設定していますが、Parallels Desktop 18 for Macで起動しているWindowsでも使えました。
開いたウィンドウを画面上に持っていくことで、ウィンドウのサイズを半分に画面分割したりする機能が使えます。

parallels-desktop-browsing-1

一方で不便に感じたのが、Magic Trackpadを使った横スワイプ操作。
ブラウザ等での操作(前のページに戻ったり進んだり)によく使っていたのですが調べても分からず、Parallelsのサポートに質問をしています…。

他にも、YouTubeを観たりしましたが特に違和感はありませんでした。

ストレスを感じそうなWindows・Mac間のファイル共有ですが、設定ひとつでデスクトップからダウンロードファイルまでファイルをリンクさせる(同じにする)ことができます。
もし必要に感じた方は、Parallels Desktop 18右上の歯車マークをクリック。

parallels-desktop-windows-settings-1

「オプション」→「共有」タブの上2つから、どちらかチェックを入れましょう。
全てのファイルを共有するのか、一部のファイルのみ共有できるのかの選択です。

parallels-desktop-windows-settings-2

また、Windows自体の設定をしてみようとすると、言語設定が英語だったので日本語に修正しました。

設定を開いて、「Time & language」→「Preferred language」の「Add a language」から日本語をダウンロードしましょう。
ダウンロードが終わったら、「Windows display language」の項目を日本語に変更したら完了です。

parallels-desktop-language

日本語の設定が完了したら、ディスプレイとマウスの設定も済ませておくとストレスを感じません。

「システム」→「ディスプレイ」と進んで、「ディスプレイ解像度」を好みの数値に設定しましょう。
何に設定していいかよく分からない方は、後ろの数字が「1440」の4K画質に設定して様子を見てみると無難です。

parallels-desktop-display

これは私の好みで基礎的な設定ですが、マウス速度が遅いと感じたので速度を最大まで上げました。
「システム」→「Bluetoothとデバイス」→「マウス」にある「マウスポインターの速度」でお好みの速さに設定しましょう。

parallels-desktop-mouse

テキスト作業の動作レビュー

同じ要領でテキスト作業をしてみます。

Excelこそサクサク動かせましたが、デフォルトの設定では英語キーボード配列になっており、個人的にはかなり戸惑いました。
※例えば、「@」と入力するのに、「2」+「「Shift」と入力する必要があった

もちろんこちらも、設定を改めることで解決します。

「設定」→「時刻と言語」→「言語と地域」と進んで、先ほど追加した「日本語」の右側にある「・・・」をクリック。
すると「言語のオプション」とあるので、こちらから設定していきます。parallels-desktop-keyboard-1

「キーボードレイアウト」とあるので、日本語キーボードを選択します。
ちなみに、Mac・Windows間のキーボード配列違いについては、あまり違和感なく使う事ができました。

Parallels Desktop 18に搭載されているCoherence表示モードも便利です。
簡単に言うと、Parallelsで起動しているソフトを、ひとつのアプリ感覚で使える機能です。

ちなみに、MacとWindows間でのコピーペーストも出来てしまうので、別のOSを同時に立ち上げている感覚はありません。
文章だけでなく、このように画像も貼り付けできる対象です。

parallels-desktop-coherence

参照:Parallels Desktop for Mac

画面分割アプリの「Shiftit」を導入使うことで、かなり効率的に2つのOSを行き来したテキスト作業が実現しました。

【Shiftit】Macで画面分割する必須アプリ【こだわり設定アリ】

MacやPCの長所は、使い方を自分好みにカスタマイズ出来ること。 その点で言えばiPadがMacの代わりになるとは思いません。 逆に言えば、せっかくMacを使っているなら設定をとことんカスタマイズしなければもったいないとも言えます。 Mac ...

続きを見る

細かい点にはなりますが、Dockでのアプリ表示も個人的には分かりやすく感じます。
赤の縦棒2本が入っているアプリがParallels Desktop 18ですね。

m1-mac-parallels-use-dock

ひとつ気になるとしたら、M1・M2 Macのサクサクした動作に慣れてしまっていると、少しだけ動作がもっさりする時がありました
頻繁に使うようでしたら、より性能を割り当てられるPro Editionというプランが間違いないような印象でした。

Widows向けゲームの動作レビュー

Mac向けゲームが少なくて、Parallels Desktop 18のWindowsを使おうか検討している方も多いと思います。
結論としては、M1・M2 Macの性能を無駄にせず、かなり多くのゲームが遊べるようになりました。

実際には、Steamのゲームを中心に試してみました。
具体的にどんなゲームが遊べるか?等の詳細は長くなるので、こちらからご覧ください。

【2022年】M1・M2 Macでもゲームがしたい【Steamを遊ぶ方法まとめ】

ここ最近のMacはとにかくスペックが高い。 先日発表されたMac Studioのように、高すぎるほどの性能を持ったM1チップシリーズ(M1,M1 Pro,M1 Max,M1 Ultra)のMacが多数発売されています。 スペックが高くなると ...

続きを見る

Mac向けゲームに飽きてしまった方にとっては、Parallels Desktop 18もかなり良い選択肢だと思います。

 

【比較】Parallels Desktop 18 for Macの選び方

参照:Parallels Desktop for Mac

実際にParallels Desktop 18をインストールして見る前に、料金の異なる5つのプランを確認しておきましょう。
それぞれ、用途別にまとめたものが下記の内容です。

Parallels Desktop 18 for Mac

  • Standard Edition(¥10,400 買い切り)
    → ライトなゲームのプレイならこれで十分
    → 学生なら半額で買えるStudent/Educator Edition(¥5,200/年)の学割プランが最もお得
  • Pro Edition(¥11,700/年)
    → Windowsに割り当てるメモリ・CPUを増やして重いゲームも遊べる
  • Business Edition(¥14,700/年)
    → 名前の通り組織向けのプラン

※価格は全て2022年9月時点の税込み価格です
※全て30日間の返金保証が付きます

最も大きな違いは、どれだけWindows(Parallels Desktop)にMac内の性能を割り当てられるか?の違いです。
少しややこしいので、下記の表に要点をまとめました。

価格 メモリの最大数 CPUの最大数
Standard Edition ¥10,400
(買い切り)
8GB 4
Pro Edition ¥11,700/年 128GB 32
Student/Educator Edition
(アカデミック版)
¥5,200/年 8GB 4
Business Edition ¥14,700/年 128GB 32

※表にある最大数は、Mシリーズチップ搭載、62GB RAMと18コアCPU搭載Macの場合

Business Editionはその名の通りビジネス(組織)向けなので、基本的には①〜③の上から3つの中から選ぶことになります。
上から順番にご紹介していきます。

Standard Edition:買い切り可能なコスパの良さ

parallels-desktop-standard-edition

参照:Parallels Desktop for Mac

Parallels Desktop Standard Editionは、こんな方向けのプランです。

Standard Editionとは?

  • 無印M1チップ・M2チップのMacを使っている
  • テキスト作業や、ライトゲームに使いたい
  • コスパが良いプラン狙い

メモリ数の比較的少ないMacをお持ちの方なら、こちらのプランで十分です。
私自身はM1 MacBook Air(メモリ16GB)を使っているため、こちらのプランを使っています。

サブスクサービスばかりの昨今で、買い切りのプランを出してくれるのはありがたい…。
価格から考えても、一気にWindowsゲームまで遊べるようになると考えれば良い選択肢だと思います。

Pro Edition:ゲーム目的で買うならコレ

parallels-desktop-pro-edition

参照:Parallels Desktop for Mac

Parallels Desktop Pro Editionは、こんな方向けのプランです。

Pro Editionとは?

  • M1 Pro〜M1 UltraチップのMacを使っている
  • 負荷の重めなゲームや、3Dグラフィックに使いたい

最大メモリ128GB、最大CPU32という驚異的な性能が発揮できるこのプラン。
※Mシリーズチップ搭載、62GB RAMと18コアCPU搭載Macの場合

負荷のかかるゲーム・3Dグラフィックにも物怖じしない性能を発揮出来るプランです。
高スペックのMacをお持ちの方なら、こちらのプランを入手すると無駄なくMacの性能を活かしきれるでしょう。

特に、M1 Pro〜M1 Ultraチップを搭載しているMacBook Proを使っている方が対象。
金額は少し張りますが、新たにWindows PCを購入したり、ゲーム機を購入するくらいなら経済的とも考えられます。

Student/Educator Edition:学生なら50%オフの学割プラン

parallels-desktop-student-edition

参照:Parallels Desktop for Mac

Parallels Desktop for Mac Student/Educator Editionは、こんな方向けのプランです。

Student/Educator Editionとは?

  • 学生ならこれ一択と考えてしまってOK
  • やりたいことはStandard Editionと大体同じ

機能はStandard Editionと同じ内容ですが、とにかく安い学割プランです。

数年前まで学生だった私からしても、50%という安さはかなり羨ましい…。
というか、学生時代にコスパの良いM1・M2 Macを使えているということ自体が羨ましい…。

研究やクリエイティブなど、Windows向けのタスクを抱えている学生の方々はこちらのプランが無難です。
前述の通り、テキスト作業・ライトなゲームであれば十分こなしてくれます。

 

Parallels Desktop 18 for MacでWindows 11を使うまでの手順

parallels-desktop-install-7

そこまで違和感なく使えるということは、何となくお分かりいただけたと思います。
それでは実際に、Parallels Desktop 18 for Macをインストールして、Windowsを動かすまでの手順をご紹介します。

大まかな手順としては、5つの手順になります。
不安な部分だけご覧いただきながら、インストールを進めていただければと思います。

Parallels Desktop 18を使うまでの手順

  • 手順その①:Parallels Desktopのライセンスキーを登録
  • 手順その②:Windows 11のダウンロード
  • 手順その③:Parallels Desktop 18 for Macをインストール
  • 手順その④:Parallelsアカウントでログインしてアクティベート
  • 手順その⑤:Windows 11ファイルをParallels Desktopで読み込み

ここでご紹介している手順は、M1・M2チップ搭載のMacを使った場合の手順です。
Intel製Macについては、これより非常に簡単(手順②が不要)なので、こちら(Parallelsの公式サイト)をご参照ください。

手順その①:Parallels Desktopのライセンスキーを登録

まず初めに、Parallels Desktopを購入してライセンスキーを取得しましょう
先ほどご紹介の内容から、お持ちのMacと目的に合わせて、こちらのプランからお選びください。

Parallels Desktop 18 for Mac

  • Standard Edition(¥10,400 買い切り)
    → ライトなゲームのプレイならこれで十分
    → 学生なら半額で買えるStudent/Educator Edition(¥5,200/年)の学割プランが最もお得
  • Pro Edition(¥11,700/年)
    → Windowsに割り当てるメモリ・CPUを増やして重いゲームも遊べる
  • Business Edition(¥14,700/年)
    → 名前の通り組織向けのプラン

※価格は全て2022年9月時点の税込み価格です
※全て30日間の返金保証が付きます

購入が完了すると、24桁のライセンスキー(XXXXXX-XXXXXX-XXXXXX-XXXXXX-XXXXXX)が入手できます(私の場合メールでした)。
このライセンスキーを、これから作成する自分のParallelsアカウントに登録していきます。

Parallelsの新規登録ページから、「新規ユーザーの場合」にチェックしてアカウントを作成しましょう。
AppleやGoogleを経由して登録することも可能。

arallels-desktop-licence-1

登録が済んだら、アカウントページの「ライセンスキーを登録」を進めていきます。

parallels-desktop-licence-2

ライセンスキーをコピペして貼り付けたら、これで完了。
アカウントとライセンスキーが結びけることが出来ました。

parallels-desktop-licence-3

作成したこちらのアカウントは、手順3で使います。

手順その②:Windows 11のダウンロード

次に、Parallels Desktopで使うWindowsを用意しておきます

M1・M2チップのMacで使用する場合、この手順がIntel Macよりも少しだけ面倒です。
しかしながら費用もかからず、案外サクッとできてしまうので、しばしお付き合いください。

今度は「Windows Insider Program」というページで、アカウントを作成します。
>> Register for the Windows Insider Program

アカウントを作ったら、Windows 11のダウンロードページにアクセスします。
>> Download the installation file

作成したばかりのアカウントでログインすると、「Windows 11 on Arm Insider Preview」という画面になります。

下記のように、「Select edition」に「Dev Channel」とついたものを選択して「Confirm」をクリックして進みます。
進んだら「Choose one」から言語を選択できますが、プルダウンは英語のみなので英語を選択して「Confirm」で進みます。

parallels-desktop-windows-1

以上2つの項目を選択すると、ここでようやくダウンロードのボタンが出てきます
「Download Now」からダウンロードしましょう。

parallels-desktop-windows-2

ファイルは10GB近くあるので、少し時間がかかると思います。
「Windows11_InsiderPreview_Client_ARM64_en-us_〇〇.VHDX」というようなファイルが手に入るかと思います。

手順その③:Parallels Desktop 18 for Macをインストール

さてここで、地味な下準備は全て完了しました。

Parallels Desktop 18 for Macをインストールしていきましょう
Parallelsの新規登録ページから、「製品のダウンロード」を選択しましょう。

parallels-desktop-install-1

進んだ画面の「Parallels Desktop for Mac のインストールイメージ」にある「Parallels Desktop 18 for Mac Image」のDMGと書かれている部分をクリックします。

parallels-desktop-install-2

インストールイメージをダウンロードして開くと、「インストール.app」が開けるようになります。

parallels-desktop-install-3

インストールを進めて、契約書の同意などを求められます。

手順その④:Parallelsアカウントでログインしてアクティベート

そこで、 Parallelsアカウントのログインが必要になります
「パスワードをお持ちの場合」もしくは「他のサインインオプション」で、先ほど作成したアカウントでログインしましょう。

parallels-desktop-install-4

ログインしたら、ライセンスキーが正しく登録されているか?を確認しましょう。

parallels-desktop-install-5

右下の「アクティベート」ボタンで進みます。

手順その⑤:Windows 11ファイルをParallels Desktopで読み込み

最後に、先ほどインストールしたWindows 11ファイルを求められます。
「Windows11_InsiderPreview_Client_ARM64_en-us_〇〇.VHDX」というファイルを指定しましょう。

ここでまた少し時間がかかると思いますが、これで完了です。
今回は無料でWindows 11を使用していますが、設定項目が少なかったり、ライセンス購入の表示が出てきたりすることは留意しておきましょう。

 

Macで手軽にWindowsを使うならParallels Desktop 18 for Mac

参照:Parallels Desktop for Mac

Bootcampが使えないM1・M2 Macでは、今回ご紹介したようなParallels Desktop 18 for Macといった仮想マシンが必須
別にソフトを導入する必要はありますが、再起動の必要も無くサクッとWindowsが立ち上がったりと、メリットもかなり多いことが分かりました。

Parallels Desktop 18 for Mac

  • Standard Edition(¥10,400 買い切り)
    → ライトなゲームのプレイならこれで十分
    → 学生なら半額で買えるStudent/Educator Edition(¥5,200/年)の学割プランが最もお得
  • Pro Edition(¥11,700/年)
    → Windowsに割り当てるメモリ・CPUを増やして重いゲームも遊べる
  • Business Edition(¥14,700/年)
    → 名前の通り組織向けのプラン

※価格は全て2022年9月時点の税込み価格です
※全て30日間の返金保証が付きます

初めに書いた通り、実際に使ってみないと分からない部分が多いと思います。
下記に引用する通り、30日間はどんな理由でも返品可能なので試しに使っていただければと思います。

Parallels 返品ポリシー

Parallels オンラインストアでご購入された製品の返品について

Parallels オンラインストアでは、製品ダウンロード版の購入後 30 日間、いかなる理由でも全額の返金を受け付けています。Parallels オンラインストアからご購入されたソフトウェアのダウンロード版を返品するには、サポートリクエストの [カスタマーサービスに関するお問い合わせ] から、ご注文の詳細を明記のうえ返品をリクエストしてください。

  • 購入後 30 日以上経過した製品の返品には応じかねます。
  • Parallels 以外のオンラインストアでご購入された製品の返金には応じかねます。このような製品につきましては、該当するオンラインストアまで返金方針をお問い合わせください。

引用:Parallels Desktop for Mac 返品ポリシー

 

【定番記事まとめ】Macでゲームを遊んだり、ゲーム実況してみた

2022/9/28

【AG03mk2レビュー】Macでのゲーム実況・配信ならコレ一択

YAMAHAの「AG03・AG06(AGシリーズ)」と言えば、ゲーム実況・配信者向けのオーディオインターフェース。 2022年4月には、Macで使いやすく音質も向上した「AG03mk2」「AG06mk2」となってグレードアップして発売されました。 本当にAG03mk2は、ゲーム実況・配信者向けなのか? どういったポイントが使いやすいのか? AG03mk2のレビューをしながら、こういった内容まで深堀りしていきます。 接続する端子やツマミが多い機材ですが、必要な部分さえ分かればそこまで難しくありません。 配信 ...

ReadMore

2022/9/7

【結論】MacでWindowsゲームを遊ぶ方法【そこそこ遊べた】

「PCでゲームをやるなら、MacじゃなくてWindowsを買え」と言いますが、それでもMacが使いたい。 現状Macでは、どれくらいWindowsゲームが遊べるのでしょうか? 実際のところ、M1・M2チップの登場(2020年〜)がゲームチェンジャーとなって、Macの性能がグングン伸びてきました。 また、MacでWindowsを動かすための仮想化ソフトも、ここ数年で最適化が非常に進んでいます。 要するに、MacでWindowsゲームを遊べる環境が、ここに来てかなり整ってきているという現状があります。 そこで ...

ReadMore

2022/8/26

【レビュー】Parallels Desktop 18 for Macが快適だった【プラン比較】

2022年8月にアップデートが発表されたParallels Desktop 18 for Mac。 Bootcampが使えなくなってしまったM1・M2 Macでは、Windowsを使う方法として現状最も無難な選択肢でしょう。 Windows向けのゲーム(Steam・Epic Games・Origin)や、テキスト作業(Microsoft Officeシリーズ)等、ソフトが対応していなかったり使いにくいという方向けのソフトです。 実際に使ってみないと、どれくらい快適か分かりにくい部分も多いと思いますが、30 ...

ReadMore

2022/6/23

【Mac向け】Steamゲームを録画する3つの方法・設定まとめ

Windowsなら簡単にできる画面録画ですが、Macで画面録画するとなると少し工夫が必要です。 その上MacでSteamゲームの録画となると、そう簡単ではありません。 そこで今回は、MacでできるSteamゲームの録画方法についてご紹介します。 方法はいくつもありますが、中でも簡単な3つの方法について、それぞれの特徴を踏まえてまとめました。 ※今回ご紹介している「EaseUS RecExperts」は、有限会社イーザスソフトウェアからの提供を受けています 結論:MacでSteamゲームを録画する方法は3つ ...

ReadMore

2022/9/28

【現状は二択】Mac向けキャプチャボード、後悔しない選び方は?

Macでもゲーム実況がしてみたい。 Macといえばゲームとの相性はあまり良くない印象でしょうが、M1・M2 Macも登場したことでゲームとの相性がどんどん良くなっているというのが現状だと言えます。 そこで、ゲームの実況や録画に必須となるのがキャプチャボード。 キャプチャボードを経由することで、Mac内の配信ソフトにゲームの映像を映し出すことができる機材です。 Macで快適に使えるキャプチャボードの選び方と、おすすめの2モデルについてご紹介していきます。 聞いたこともない中華製キャプチャボードもたくさん出回 ...

ReadMore

ゲームを遊ぶならPCはWindowsの一択というイメージ。
なんですが、お持ちのMacがM1チップ搭載Macなら、ゲームを遊んだりゲーム実況することもそこそこ出来てしまいます。

これを機会に、Macでもゲームを遊んでみませんか?

SteamゲームとM1 Macの現状についてまとめた記事はこちらから。

【2022年】M1・M2 Macでもゲームがしたい【Steamを遊ぶ方法まとめ】

ここ最近のMacはとにかくスペックが高い。 先日発表されたMac Studioのように、高すぎるほどの性能を持ったM1チップシリーズ(M1,M1 Pro,M1 Max,M1 Ultra)のMacが多数発売されています。 スペックが高くなると ...

続きを見る

Mac対応のおすすめSteamゲームはこの4つ。

Macで遊べるおすすめSteamゲーム4選【Vampire Survivorsほか】

最近Macを買った方もMacを使い続けているという方も、Macでゲームをするのは諦めているという方は多いのではないでしょうか。 ですが実際に探してみると、Macには案外楽しいゲームが沢山あるんです。 確かにMacで遊べるゲームは確かに少ない ...

続きを見る

仮想化ソフトでWindowsも動かせば、一気に遊べるゲームが広がります。

特に使いやすいのがParallels Desktopで、Macでアプリ感覚でWindowsが動かせます。
1万円未満で買い切りプランがあったり、30日以内の返金制度もあるので取り敢えず使ってみると意外に満足度は高いですよ。

【レビュー】Parallels Desktop 18 for Macが快適だった【プラン比較】

2022年8月にアップデートが発表されたParallels Desktop 18 for Mac。 Bootcampが使えなくなってしまったM1・M2 Macでは、Windowsを使う方法として現状最も無難な選択肢でしょう。 Windows ...

続きを見る

M1 Macを使ったゲーム実況についてまとめた記事はこちらから。
ゲーム機で遊ぶゲームを実況・配信するのであればM1 Macでも十分という結論でした。

【M1 Mac向け】ゲーム実況・配信に必要な機材・設定【まとめ】

ゲーム実況といえば、始めるのに機材もたくさん必要な敷居の高いもの、というイメージはまだまだあると思います。 しかしながらそれは数年前のことで、今ではかなり手軽に始められるものになっていました。 今回はM1 MacBook Airを使ってゲー ...

続きを見る

【現状は二択】Mac向けキャプチャボード、後悔しない選び方は?

Macでもゲーム実況がしてみたい。 Macといえばゲームとの相性はあまり良くない印象でしょうが、M1・M2 Macも登場したことでゲームとの相性がどんどん良くなっているというのが現状だと言えます。 そこで、ゲームの実況や録画に必須となるのが ...

続きを見る

【AG03mk2レビュー】Macでのゲーム実況・配信ならコレ一択

YAMAHAの「AG03・AG06(AGシリーズ)」と言えば、ゲーム実況・配信者向けのオーディオインターフェース。 2022年4月には、Macで使いやすく音質も向上した「AG03mk2」「AG06mk2」となってグレードアップして発売されま ...

続きを見る

スキマ時間にスマホゲーで遊びたいという方向けにはこちら。
筆者は今現在、これら2つの無料ゲームをちょこちょこプレイ中です。

ロードモバイル
created by Rinker
ザ・グランドマフィア
created by Rinker

-Mac, ガジェット, ゲーム