Mac おすすめ記事 ガジェット ゲーム

【2022年】M1・M2 Macでもゲームがしたい【Steamを遊ぶ方法まとめ】

2022-03-19

ここ最近のMacはとにかくスペックが高い。
先日発表されたMac Studioのように、高すぎるほどの性能を持ったM1チップシリーズ(M1,M1 Pro,M1 Max,M1 Ultra)のMacが多数発売されています。

スペックが高くなると気になってくるのが、Macでゲームはできるのか?というギモン。
Steamで買えばソフトも安くなっていたりするし、何よりゲーム機を定期的に買い換える必要が無いのは魅力ですね。

ただし一般的には、Macではゲームは出来ないからPCゲームをやりたいならWindowsを買うべき、というのが共通認識になっているように思えます。
M1チップという高スペック、かつコストパフォーマンスの良いMacが多数発売されましたが、M1チップが発売した今でもMacでゲームは出来ないと考えて良いのでしょうか?

ゲームと言えばお馴染みのサイトSteamを例にとって、現状のM1 MacでSteamゲームがどんなことまで出来るのか?、現状をまとめました。

既にM1 Macをお持ちの方、これからM1 Macを買いたいけどゲームもしてみたいという方など、判断材料や参考にしていただければ幸いです。

この記事の概要

  • Mac対応のSteamゲームは、少ないけど確実に遊べる
  • Windowsのみに対応しているSteamゲームは、Parallels Desktop 18を使えば遊べるものも
  • 買い切り約¥10,400〜のParallels Desktop 18でも遊べるゲームは十分ある
  • FPSやTPSといったオンラインゲームを遊ぶのは厳しい
社会不適合者がブログで生活できないか実験しています。
脱サラしたのに、ダラダラと週3回くらいブログを更新中。
Twitter:こちら
YouTube(ラーメン二郎制覇中):こちら

現状まとめ:M1・M2 MacでもSteamゲームはできる

macbook-m1-series

結論から言うと、M1 MacでもSteamゲームはある程度なら出来ると思って問題無いでしょう。
ただし、少し工夫しなければほとんどのゲームが出来ないというのが今の現状で、それらをまとめると下記のようになります。

M1 Macでゲームする方法

  • 方法その①:M1 MacだけでSteamのMac対応ゲームを遊ぶ
    → ただし、Mac対応ゲームが少ない
  • 方法その②:M1 MacでParallels Desktopを起動する
    → ただし、買い切りで約¥10,400〜の初期投資が必要

これからMacを買おうとしている方は、まずはプレイしたいゲームがMacに対応しているのかどうかを確認してみましょう。
Macに対応しているSteamのゲームは現状かなり少ないので、プレイしたいゲームが見つからないかもしれません。

こちらの記事では、Mac対応のSteamゲームをまとめています。

Macで遊べるおすすめSteamゲーム4選【Vampire Survivorsほか】

続きを見る

そうなると、やはりWindowsの力を借りる必要が出てきます。
Parallels Desktop 18 for Macというソフトは、Mac上でWindowsソフトを動かせるようになる仮想化ソフトウェアです。

【レビュー】Parallels Desktop 18 for Macが快適だった【プラン比較】

続きを見る

Parallels Desktop 18 for Mac

  • Standard Edition(¥10,400 買い切り)
    → ライトなゲームのプレイならこれで十分
    → 学生なら半額で買えるStudent/Educator Edition(¥5,200/年)の学割プランが最もお得
  • Pro Edition(¥11,700/年)
    → Windowsに割り当てるメモリ・CPUを増やして重いゲームも遊べる
  • Business Edition(¥14,700/年)
    → 名前の通り組織向けのプラン

※価格は全て2022年9月時点の税込み価格です
※全て30日間の返金保証が付きます

有料ですが買い切りプランなら約¥10,400〜なので、これひとつでMacでゲームが遊べたら悪い出費じゃない計算になりそうです。
以前はBoot Campという機能がMacにはありましたが、M1チップ搭載のMacでは動きません。

 

追記:M2 MacでもStemaゲームは出来るが、コスパは微妙

m2-macbook-air-review-2-1

2022年6月に発表されたM2チップおよびM2 MacBookAirですが、ゲームを遊ぶためのMacとして正直なところ微妙だと思います。

その理由は簡単で、M2 PROチップよりも性能が低く、MacBook Airのクセして高いからです。
M1チップと合わせて比較すると下記の結果で、M1チップより少し賢いくらいの微妙な立ち位置。

 M2 M1 M1 PRO M1 MAX M1 ULTRA
CPU

最大コア数 最大8コア 最大8コア 最大10コア 最大10コア 最大20コア
シングルコア
スコア
2,006程度? 約1,700
(マシン差)
1,765 約1,780
(マシン差)
1,793
マルチコア
スコア
8,850程度? 約7,500
(マシン差)
12,505 約12,750
(マシン差)
24,055
M1チップより
何倍早い?
M1の約1.18倍 - M1の約1.6倍 M1の約1.65倍 M1の約2.1倍
GPU

最大コア数 最大10コア 最大8コア 最大16コア 最大32コア 最大64コア
Open CLスコア 22,848程度? 16,925 37,618 50,021 86,223
METALスコア 16,696程度? 19,775 40,298 53,952 -
M1チップより
何倍早い?
M1の約1.35倍 - M1の約1.95倍 M1の約2.25倍 M1の約3.65倍
メモリ 最大メモリ数 最大24GB 最大16GB 最大32GB 最大64GB 最大128GB
最大スペック価格
(SSD以外)
〜¥264,800 〜¥162,800 〜¥400,800 〜¥512,800 〜¥810,800

とは言えデザインは良いし、ミッドナイトのカラーも好き。
買ってしまえばこれ一台で大体のことは出来てしまうマシンなので魅力が全く無いかというとそうではありません。

ただしゲームという範囲で考えれば、無印M1チップとM2チップはほぼ同等の処理能力でしょう。
下記でも詳しく書いていますが、レトロゲーム以外も遊びたいならM1 PRO以上のスペック推奨。

【性能はビミョウ】M2 Macは買わなくてもほぼ後悔しない理由

続きを見る

 

ゲームが遊べる M1 Macシリーズのスペック早見表

Parallels Desktopを使う際に気になるのが、必要となるM1 Macのスペックだと思います。
搭載しているM1チップごとにスペックが異なりますので、ゲームのジャンル別に表にまとめました。

さすがに全部のゲームを起動する訳にはいきませんので、ジャンルごとに調査しました。
私自身では全ての環境を持っておらず、M1 ProやM1 Maxについては海外のYouTuberなど、できるだけ多くの環境を参照にしています。

M1 M1 Pro M1 Max M1 Ultra
レトロゲーム Papers, Please -
FINAL FANTASY
(昔のヤツ)
-
Vampire Survivors -
カードゲーム
Slay the Spire -
Shadowverse -
シミュレーションゲーム Euro Truck Simulator -
7 Days to Die -
Pawer Wash Simulator -
アクションゲーム Portal ,Portal 2 -
Outlast × △〜○ -
モンスターハンター × △〜○ -
シューティングゲーム Apex × △〜○ -
バイオハザード × △〜○ -
グランド・セフト・オート × △〜○ -

※あくまでも目安としてお考えください
※◎=余裕を持ってプレイできる、○=解像度を下げればプレイできる、△=解像度を下げてもカクつく、×=話にならない

M1 Ultraチップはまだまだレビュー数が少ないため、見つけ次第更新していきます。

それぞれのM1チップについて、簡単に紹介していきましょう。

M1チップ(MacBook 13インチに搭載)

無印のM1チップは、2020年に発売されたM1チップ最初のプロセッサー。
これひとつで4Kの動画編集もできる性能に、発売されてからの口コミは異常なまででした。

M1チップの特徴

  • 10万円ちょっとで購入できる安さ
  • シミュレーションゲームやレトロゲームなど、遊べるゲームは限られそう
  • メモリは16GBが必須

性能が高いだけでなく、コストパフォーマンスも抜群。
省バッテリーで、持ち運びできるMacBook Airを購入してから今でもメインマシンとして使用しています。

私自身もこのM1 MacBook AirでSteamのレトロゲームを多数遊んでいます。
個人的にはiMacよりもMacBookがおすすめで、詳しくはこちら(M1 iMacよりMacBookを買うべき理由【持ち運びで広がる未来】)でも書いている通り。

top-2
M1 iMacよりMacBookを買うべき理由【持ち運びで広がる未来】

続きを見る

M1 Pro・M1 Maxチップ(MacBook Pro 14・16インチに搭載)

m1-pro-max

M1チップが進化を遂げて、ProとMaxという2つのチップが登場しました。
無印のM1チップでも十分に高性能なものの、グラフィックの性能を中心に進化してしまいました。

M1Pro,Maxチップの特徴

  • 15万円ほどと高くなるものの、M1チップよりグラフィック性能が向上
  • 最低スペックだとM1チップと遊べるゲームの差はそこまで無い
  • カスタマイズによっては、アクションゲームやシューティングゲームも遊べる

M1 Pro、M1 Maxチップの段階で、普通のユーザーであればこれ以上のスペックはいらないと思ってしまって全く問題有りません
詳しくはこちら(用途別に比較】新旧M1 MacBookおすすめモデルを熟考する)で解説していますが、本当の意味でのプロ向けモデルでしょう。

【用途別】M1・M2シリーズMacBookのオススメを熟考する

続きを見る

無印M1 Macは4K動画を編集できるマシンでしたが、こちらは更に凝った(動画数本を常に組み合わせたりカラーを調整しまくったり)動画を作成したい方向けでしょう。
ただし、YouTuberを筆頭に、コンスタントに凝った動画を投稿する層も増えてきたので、少なからず需要はあるかもしれません。

ちなみに、簡単な編集ではありますが、私も簡単な動画をYouTubeに投稿してみました。
使用したMacはM1 MacBook Airの16GBメモリ。

4K60fpsの素材を編集するのにもかなりサクサクで、プレビュー画面のカクつきを殆ど感じずに動画編集することができました。
ただし書き出しは。実際の動画の長さの4倍くらいは時間がかかってしまったので、毎日のように動画を投稿する方にとってはM1 Pro,M1 Max,M1 Ultraチップも候補に挙げる必要があるでしょう。

M1 Ultraチップ(Mac Studioに搭載)

2022年3月、新たに発表されたのがM1 Ultraチップ。
M1シリーズ最後のチップともプレゼンされていて、M1 Maxチップを2つ組み合わせたという、質でも物量でも殴るという最終兵器のような立ち位置となりました。

M1 Utlraチップの特徴

  • 25万円〜と非常に高額
  • 発売してすぐのため遊べるゲームは調査中(スミマセン!)
  • ゲームだけを考えるなら同価格帯でWindowsのPCを買う方が現状おすすめ

詳しくはこちら(【Mac Studio】スペックは高いが、ゲーム用には無理【結論:いらない】)でも詳しくご紹介しています。
そのスペックもさることながら、接続端子の充実性からはプロのクリエイター向け据え置きMacというテーマが伺えます。

【Mac Studio】スペックは高いが、ゲーム用には無理【結論:いらない】

続きを見る

非常にスペックは高いものの、このスペックを必要としているユーザーは殆どいないレベル。
また、本体だけで25万円ほどするので、ゲームだけを考えて購入するくらいならWindowsの高スペックPCを買ったほうがいいのでは?と、個人的には結論付けてしまいました。

 

【M1・M2 Macでゲーム】方法その①:M1・M2 MacだけでSteamのMac対応ゲームを遊ぶ

m1-mac-game-steam

1つ目の方法は、M1 Macひとつだけで完結させる方法です。
これなら有料ソフトを購入する必要はありません。

M1 MacだけでSteamのゲームをする特徴

  • メリット:M1 Macひとつあればゲームが始められる
  • デメリット:対応しているソフトがあまりにも少ない

ただし、対応しているSteamゲームが少なすぎる

これだけでたくさんのゲームが遊べれば苦労しませんが、Macに対応しているSteamゲームはかなり少ないんです。

2022年3月現在の売上ランキングを見てみると、上位20位を見てもMacに対応しているゲームはひとつだけでした。
下記の画像では、リンゴマークがひとつしか付いていないのが分かると思います。

m1-mac-game-steam-ranking-1

また、Mac OS対応のゲームに絞り込んで検索することもできますが、一気に対応しているゲームが少なくなってしまいます。

m1-mac-game-steam-ranking-2

Mac対応のゲームが少ないその理由は簡単で、Macでゲームをしているユーザーが少ないから。
SteamのOS別利用率の調査によると、OSXの使用率は2.26%しかないことが分かります。

Macに対応しているSteamゲームの一例を挙げるなら下記があります。

Mac対応のSteamゲーム

  • 7 Days to Die
  • ARK
  • Papers, Please
  • Vampire Survivors
  • テラリア
  • Fuman Fall Flat
  • RimWorld

この中でも、本ブログでおすすめしているMac対応のSteamゲームは、こちらの記事にてまとめてご紹介しています。
正直な所これだけでは物足りないかもしれませんが、まだ遊んでいないゲームがあるならぜひお試し下さい。

Macで遊べるおすすめSteamゲーム4選【Vampire Survivorsほか】

続きを見る

 

【M1・M2 Macでゲーム】方法その②:M1・M2 MacでParallels Desktopを起動する

m1-mac-game-parallels-desktop-18

MacでWindowsを動かす方法が、Parallels Desktop 18 for Macというソフトを導入する方法です。
面倒くさそうで避けていた方法だったのですが、使ってみると手軽なことに驚く結果だったのでここでご紹介します。

Parallels Desktopでゲームする特徴

  • メリット:手軽にWindowsのゲームが遊べる
  • デメリット:約10,400〜の有料ソフトが必要

intel MacではBoot Campという方法が主流でしたが、M1チップ搭載Macでは使用不可のため、こういった仮想化ソフトウェアが使いましょう。
Parallels Desktopについてはこちらでじっくりまとめています。

【レビュー】Parallels Desktop 18 for Macが快適だった【プラン比較】

続きを見る

Parallels Desktop 18 for Mac

  • Standard Edition(¥10,400 買い切り)
    → ライトなゲームのプレイならこれで十分
    → 学生なら半額で買えるStudent/Educator Edition(¥5,200/年)の学割プランが最もお得
  • Pro Edition(¥11,700/年)
    → Windowsに割り当てるメモリ・CPUを増やして重いゲームも遊べる
  • Business Edition(¥14,700/年)
    → 名前の通り組織向けのプラン

※価格は全て2022年9月時点の税込み価格です
※全て30日間の返金保証が付きます

仮想化ソフトウェア(Parallels Desktop)の方が不便なのか?というと、そんなこともありません。
Windowsを開くために数秒しかかからなかったり、再起動も不要でMac・Windowsを同時に操れる便利な側面も多いです。

Parallels Desktop 18 for Macは案外使いやすい

m1-mac-game-parallels-desktop-2

何年も前にこういった仮想化ソフトウェアを使ったことがあったのですが、その際は非常に使い勝手の悪い印象でした。
MacBookとの相性も良くないのも相まって、全体的に操作感が二度と使いたくなくなるものだった記憶。

しかしながら今回使って見ると、Parallels Desktop 18 for Macは案外使いやすい
特に使いやすいと感じたのは、こういった機能によるもののおかげでした。

Parallels Desktop 18 for Macのポイント

  • Windowsのホーム画面がひとつのウィンドウ(アプリ)になっている
  • Windowsで起動したアプリもMacのDockに配置される
  • フォルダがMacと共有されている

簡単にまとめると、Macの中にWindowsが上手に溶け込んでいる操作感があります。
Windowsを独立していて、Macと別々に動かすっていう場面がかなり少ない印象です。

もちろん、MacとWindowsのアプリが共通の(トラックパッド等の)操作で動くわけでは無いので、ある程度の設定はWindows個別で必要です。

しかしながら、それさえ飛び越えてしまえば、Dockには起動したWindowsのアプリが表示されてくれるのでかなりスムーズな印象です。

m1-mac-game-parallels-desktop-3

Windowsで起動しているアプリには、Parallelsの赤い二本の縦線が表示されて区別されています。
画像は分かりやすくWindowsの画面を小さくしていますが、もちろん最大化して大きく表示させることも可能。

M1・M2 Macのスペックを一気に落としたりはしない

m1-mac-game-parallels-desktop-performance

引用:Mac で Windows を実行 — Parallels Desktop 18 Virtual Machine for Mac

Parallels Desktopを使うとなると気になるのが、これを使うことでスペックが下がらないのかどうかというポイントだと思います。
2021年の8月に発売されたParallels Desktop 18 for Mac、M1・M2チップ搭載Macとの連携と高速化がウリ

特にグラフィックの性能が改善されていて、M1 Macのかなり高いグラフィック性能がほとんどそのまま使えるような連携がなされているのが嬉しいところ。
ひとつの目安となるGeekbenchのスコアも、シングルスコアはほとんど変わらない結果となっているようです。

ASCII.jp:M1 MacでWindowsが動く「Parallels Desktop 17」性能をベンチマークテストでチェック (1/3)
ASCII.jp:M1 MacでWindowsが動く「Parallels Desktop 17」性能をベンチマークテストでチェック (1/3)

ascii.jp

Parallels Desktop 18 for Macのプラン比較

さて、Parallels Desktop 18 for Macを実際に使ってみようとすると、いくらかかるのでしょうか。
プランは4つあって、最安の買い切りプランひとつと、年間のサブスクプラン。

Parallels Desktop 18 for Mac

  • Standard Edition(¥10,400 買い切り)
    → ライトなゲームのプレイならこれで十分
    → 学生なら半額で買えるStudent/Educator Edition(¥5,200/年)の学割プランが最もお得
  • Pro Edition(¥11,700/年)
    → Windowsに割り当てるメモリ・CPUを増やして重いゲームも遊べる
  • Business Edition(¥14,700/年)
    → 名前の通り組織向けのプラン

※価格は全て2022年9月時点の税込み価格です
※全て30日間の返金保証が付きます

最も大きな違いは、どれだけWindows(Parallels Desktop)にMac内の性能を割り当てられるか?の違いです。
少しややこしいので、下記の表に要点をまとめました。

価格 メモリの最大数 CPUの最大数
Standard Edition ¥10,400
(買い切り)
8GB 4
Pro Edition ¥11,700/年 128GB 32
Student/Educator Edition
(アカデミック版)
¥5,200/年 8GB 4
Business Edition ¥14,700/年 128GB 32

※表にある最大数は、Mシリーズチップ搭載、62GB RAMと18コアCPU搭載Macの場合

Business Editionはその名の通りビジネス(組織)向けなので、基本的には①〜③の上から3つの中から選ぶことになります。
詳しい比較はこちらの記事でご紹介しています。

【レビュー】Parallels Desktop 18 for Macが快適だった【プラン比較】

続きを見る

この価格が高いか安いかは考え方によりますが、1年間Windows向けゲームを遊べるならそう高いとも感じません。

30日以内であれば返品も可能

また、下記に引用する通り、30日間はどんな理由でも返品可能です。
試しに使ってみて、どれくらいゲームが遊べるのか確認し尽くすのもOK。

Parallels 返品ポリシー

Parallels オンラインストアでご購入された製品の返品について

Parallels オンラインストアでは、製品ダウンロード版の購入後 30 日間、いかなる理由でも全額の返金を受け付けています。Parallels オンラインストアからご購入されたソフトウェアのダウンロード版を返品するには、サポートリクエストの [カスタマーサービスに関するお問い合わせ] から、ご注文の詳細を明記のうえ返品をリクエストしてください。

  • 購入後 30 日以上経過した製品の返品には応じかねます。
  • Parallels 以外のオンラインストアでご購入された製品の返金には応じかねます。このような製品につきましては、該当するオンラインストアまで返金方針をお問い合わせください。

引用:Parallels Desktop for Mac 返品ポリシー

ここに書いてある通り、Amazon等のオンラインストアで購入した場合は対象外なので、ご注意ください。

 

M1・M2 Macで遊べるSteamゲームは限られているのが現状

現状のM1 MacとSteamを含めたゲームは、遊べるゲームが限られているというのが現状でした。
特に、FPSやTPSといったオンラインゲームは遊べないと考えたほうが良さそうです。

これまでの内容を、再度まとめてみましょう。

この記事の概要

  • Mac対応のSteamゲームは、少ないけど確実に遊べる
  • Windowsのみに対応しているSteamゲームは、Parallels Desktop 18を使えば遊べるものも
  • 買い切り約¥10,400〜のParallels Desktop 18でも遊べるゲームは十分ある
  • FPSやTPSといったオンラインゲームを遊ぶのは厳しい

Mac対応のゲームが増えていけば、もっとMacでのゲーム環境も整備されてきそうですが、こればかりは非常に時間がかかりそうな感触です。
Parallels Desktop 18 for Macといったソフトも使いながら、限られた中からゲームを遊ぶのであれば十分楽しく遊べるでしょう。

M1チップ搭載のMacは非常に性能が高いながらも、ゲームに最適化されるためには少し時間を要しそうです。
Parallels Desktop 18 for Macを使ってゲームを遊びつつ、Nintendo Switchをメインに当分は遊ぶことにしました。

【レビュー】Parallels Desktop 18 for Macが快適だった【プラン比較】

続きを見る

Parallels Desktop 18 for Mac

  • Standard Edition(¥10,400 買い切り)
    → ライトなゲームのプレイならこれで十分
    → 学生なら半額で買えるStudent/Educator Edition(¥5,200/年)の学割プランが最もお得
  • Pro Edition(¥11,700/年)
    → Windowsに割り当てるメモリ・CPUを増やして重いゲームも遊べる
  • Business Edition(¥14,700/年)
    → 名前の通り組織向けのプラン

※価格は全て2022年9月時点の税込み価格です
※全て30日間の返金保証が付きます

ゲーム実況であればM1 Macでもできたので、Nintendo Switchで遊びながらゲーム実況の撮影しています。
予算は3万円ほどと意外にお手軽だったので、別の記事でもご紹介しています。

【M1 Mac向け】ゲーム実況・配信に必要な機材・設定【まとめ】

続きを見る

 

【定番記事まとめ】Macでゲームを遊んだり、ゲーム実況してみた

2022/9/28

【AG03mk2レビュー】Macでのゲーム実況・配信ならコレ一択

YAMAHAの「AG03・AG06(AGシリーズ)」と言えば、ゲーム実況・配信者向けのオーディオインターフェース。 2022年4月には、Macで使いやすく音質も向上した「AG03mk2」「AG06mk2」となってグレードアップして発売されました。 本当にAG03mk2は、ゲーム実況・配信者向けなのか? どういったポイントが使いやすいのか? AG03mk2のレビューをしながら、こういった内容まで深堀りしていきます。 接続する端子やツマミが多い機材ですが、必要な部分さえ分かればそこまで難しくありません。 配信 ...

ReadMore

2022/9/7

【結論】MacでWindowsゲームを遊ぶ方法【そこそこ遊べた】

「PCでゲームをやるなら、MacじゃなくてWindowsを買え」と言いますが、それでもMacが使いたい。 現状Macでは、どれくらいWindowsゲームが遊べるのでしょうか? 実際のところ、M1・M2チップの登場(2020年〜)がゲームチェンジャーとなって、Macの性能がグングン伸びてきました。 また、MacでWindowsを動かすための仮想化ソフトも、ここ数年で最適化が非常に進んでいます。 要するに、MacでWindowsゲームを遊べる環境が、ここに来てかなり整ってきているという現状があります。 そこで ...

ReadMore

2022/8/26

【レビュー】Parallels Desktop 18 for Macが快適だった【プラン比較】

2022年8月にアップデートが発表されたParallels Desktop 18 for Mac。 Bootcampが使えなくなってしまったM1・M2 Macでは、Windowsを使う方法として現状最も無難な選択肢でしょう。 Windows向けのゲーム(Steam・Epic Games・Origin)や、テキスト作業(Microsoft Officeシリーズ)等、ソフトが対応していなかったり使いにくいという方向けのソフトです。 実際に使ってみないと、どれくらい快適か分かりにくい部分も多いと思いますが、30 ...

ReadMore

2022/6/23

【Mac向け】Steamゲームを録画する3つの方法・設定まとめ

Windowsなら簡単にできる画面録画ですが、Macで画面録画するとなると少し工夫が必要です。 その上MacでSteamゲームの録画となると、そう簡単ではありません。 そこで今回は、MacでできるSteamゲームの録画方法についてご紹介します。 方法はいくつもありますが、中でも簡単な3つの方法について、それぞれの特徴を踏まえてまとめました。 ※今回ご紹介している「EaseUS RecExperts」は、有限会社イーザスソフトウェアからの提供を受けています 結論:MacでSteamゲームを録画する方法は3つ ...

ReadMore

2022/9/28

【現状は二択】Mac向けキャプチャボード、後悔しない選び方は?

Macでもゲーム実況がしてみたい。 Macといえばゲームとの相性はあまり良くない印象でしょうが、M1・M2 Macも登場したことでゲームとの相性がどんどん良くなっているというのが現状だと言えます。 そこで、ゲームの実況や録画に必須となるのがキャプチャボード。 キャプチャボードを経由することで、Mac内の配信ソフトにゲームの映像を映し出すことができる機材です。 Macで快適に使えるキャプチャボードの選び方と、おすすめの2モデルについてご紹介していきます。 聞いたこともない中華製キャプチャボードもたくさん出回 ...

ReadMore

ゲームを遊ぶならPCはWindowsの一択というイメージ。
なんですが、お持ちのMacがM1チップ搭載Macなら、ゲームを遊んだりゲーム実況することもそこそこ出来てしまいます。

これを機会に、Macでもゲームを遊んでみませんか?

SteamゲームとM1 Macの現状についてまとめた記事はこちらから。

【2022年】M1・M2 Macでもゲームがしたい【Steamを遊ぶ方法まとめ】

続きを見る

Mac対応のおすすめSteamゲームはこの4つ。

Macで遊べるおすすめSteamゲーム4選【Vampire Survivorsほか】

続きを見る

仮想化ソフトでWindowsも動かせば、一気に遊べるゲームが広がります。

特に使いやすいのがParallels Desktopで、Macでアプリ感覚でWindowsが動かせます。
1万円未満で買い切りプランがあったり、30日以内の返金制度もあるので取り敢えず使ってみると意外に満足度は高いですよ。

【レビュー】Parallels Desktop 18 for Macが快適だった【プラン比較】

続きを見る

M1 Macを使ったゲーム実況についてまとめた記事はこちらから。
ゲーム機で遊ぶゲームを実況・配信するのであればM1 Macでも十分という結論でした。

【M1 Mac向け】ゲーム実況・配信に必要な機材・設定【まとめ】

続きを見る

【現状は二択】Mac向けキャプチャボード、後悔しない選び方は?

続きを見る

【AG03mk2レビュー】Macでのゲーム実況・配信ならコレ一択

続きを見る

スキマ時間にスマホゲーで遊びたいという方向けにはこちら。
筆者は今現在、これら2つの無料ゲームをちょこちょこプレイ中です。

ロードモバイル
created by Rinker
ザ・グランドマフィア
created by Rinker

-Mac, おすすめ記事, ガジェット, ゲーム