\ ポイント最大11倍! /

【M1/M2/M3対応】Macでパルワールドが遊びたい【無料トライアル可能】

  • URLをコピーしました!

Macでパルワールド(Palworld)が遊びたい。
とはいえパルワールドは、Windows PCでのみSteamでえ遊べるのが現状。

ホントにMacでパルワールドは遊べない?

いくつかの方法を試してみたところ、無事Macでも遊ぶことに成功しました。
Macでパルワールドを遊ぶ方法について、詳しくご紹介してみます。

ジャンプできる目次

結論:Macでもパルワールド(Palworld)は遊べた

mac-palworld-crossover-1
引用:パルワールド

まずは結論から。

Macでパルワールドは遊べました。
僕が実際に使ったものは下記。

Macでパルワールドを遊ぶのに使ったもの
  • M1 MacBook Air
    • メモリ 16GB(もっと高スペックのMacだと無難)
  • CrossOver
    • Mac内でWindowsアプリを起動するアプリ
  • 8Bitdo Pro2
    • コントローラー(Proコントローラー、PS4コントローラーでもOK)

僕は2020年に発売されたM1チップ搭載Macを使いました。
ですが、M1 PRO・M2 PRO・M3 PROチップ搭載Macなど、スペックの高いものを使うことを推奨します。

ちなみに「CrossOver」は有料アプリですが、14日間のトライアル(試用期間)があります。
またSteamは、プレイ2時間未満+購入から2週間以内なら、ゲームの返金をしてくれます。

要するに、ノーリスクということです。
自分のMacで遊べるか?分からない方は、とりあえず試してみればOK。

CrossOver」のトライアルには、クレジットカード等の登録は必要ありません。
もちろん、勝手に更新されることもありません。

Macでパルワールド(Palworld)が遊べるのは、現状CrossOverだけ

MacでWindowsアプリが起動できるアプリは、「仮想化ソフトウェア」と呼ばれます。
ですがこれは、CrossOverだけではありません。

ですが実際に試してみたところ、他の仮想化ソフトウェアでは現状Macでパルワールドが遊べませんでした。

有名どころだと、「Parallels Desktop」というアプリがあります。
こちらはゲームインストール後にエラーが発生、結果からすると遊べませんでした。

mac-palworld-crossover-2
引用:パルワールド

仮想化ソフトウェアはいくつもありますが、パルワールドを遊ぶ場合にはCrossOverを使いましょう。

「ゲームを遊ぶなら、MacじゃなくてWindows PCを買うべきでしょ!」

そんな声も聞こえてくる気がします。
それは全くその通り。

なので、これからPCを買う方は10万円ほどのものでいいので、WindowsのゲーミングPCをおすすめします。

Lenovo「LOQ 16IRH8」くらいのスペックあれば十分。
Minecraftの影MOD・Apex・Fortniteも余裕で動かせて、コスパ最強のゲーミングPCです。

MacにCrossOverを導入して、パルワールド(Palworld)を遊んでみる

mac-palworld-crossover-3
引用:パルワールド

で、結果として遊べたのが「CrossOver」というアプリ。

CrossOverはどんなアプリなのでしょうか?
一言でいうと、Macのアプリを開いているかのように、Windowsのソフトを開けます。

カスタマイズ性能は少ないですが、サクッとゲームを遊ぶには相性のいいアプリだと思います。

CrossOverのインストール方法、そしてパルワールドを遊ぶまでの手順を見ていきみましょう。
流れはこんな感じ。

Macでパルワールドを遊ぶまでの手順
  • MacにCrossOverをインストール
  • CrossOverにSteamをインストール
  • Steamからパルワールドを起動

そこまで難しい操作はありません。
ですが、PC・Mac初心者の方でも分かるような内容でまとめています。

Macの操作に慣れている方は、サクサク読み飛ばしながら進めてください。

手順①:MacにCrossOverをインストール

まず最初に、MacへCrossOverをインストールします。
前述の通り、14日間なら無料で使えて、クレジットカードも不要です。

インストールはこちらから。

こんな画面が出てくると思うので、「TRY NOW」をクリック。
(もちろん、最初から有料プランでもOK)

mac-palworld-crossover-4
引用:Get CrossOver and run Windows Software on Mac or Linux | CodeWeavers

次の画面では、名前とメールアドレスを入力します。
入力したら「DOWNROAD TRY NOW」をクリック。

mac-palworld-crossover-5
引用:Get CrossOver and run Windows Software on Mac or Linux | CodeWeavers

すると、画面が切り替わってダウンロードが始まります。

mac-palworld-crossover-6
引用:Get CrossOver and run Windows Software on Mac or Linux | CodeWeavers

ダウンロード先に、こんなファイルがダウンロードされました。

mac-palworld-crossover-7-2

このデータは、そのままでは起動できないzipファイルです。
ダブルクリックして、使えるファイルに展開(解凍)しましょう。

mac-palworld-crossover-8

ここで、アプリのファイルが入手できました。
このアプリファイルを、Macの「アプリケーションフォルダ」に移動させましょう。

mac-palworld-crossover-9

移動できたら、アプリケーションファイル上の「CrossOver.app」ファイルを開きます。

これでインストールが完了しました。
同時にCrossOverのアプリも開けたので、次の手順に進みます。

手順②:CrossOverにSteamをインストール

CrossOverアプリを開くと、トライアル中の残り日数が表示されました。
「今すぐ体験版を使用する」で進みましょう。

mac-palworld-crossover-10

CrossOverでは、こんな流れでWindowsのソフトを起動していきます。

CrossOverの使い方
  • インストール画面から、起動したいWindowsソフトを検索
  • インストール
  • ホーム画面から起動

今回は、CrossOverにSteamをインストールしていくことになります。

ですが、CrossOverのホーム画面に、すでにSteamが表示されていますね。
(出てこない場合は、検索欄にsteamと入力しましょう)

mac-palworld-crossover-11

これをクリックして、インストールしていきましょう。

mac-palworld-crossover-12

すると、同意項目が出てくるので、適当に読んで「Yes」で進みます。

mac-palworld-crossover-13

うーん、更に意味分からない画面が出てきました。
文字化けして読めません。

mac-palworld-crossover-14

Yesっぽい項目をクリックして進みます(直感で)。

直感が合っていると、Steamが開けるようになりました。
ログインするとようやくお馴染みの画面に。

mac-palworld-crossover-15
引用:Steam

これでパルワールド以外にも、Steamゲームが遊べるようになりました。
また、Cyberpunk・GTAシリーズ・ディアブロも遊べるようです。

こうやって考えると、CrossOverにお金をかけるのも悪くない気がします。

必要なものセットをまとめてインストールしてくれるので簡単ですね。
CrossOverでは「ボトル」と呼びます。

手順③:Steamからパルワールドを起動

お疲れ様でした。
あとは、Steamにパルワールドをインストールして遊ぶだけです。

mac-palworld-crossover-16
引用:Steam

実際にプレイしてみましょう。
起動画面は全く問題なし。

mac-palworld-crossover-17
引用:パルワールド

キャラクター作成の画面で、カクついてきました。

mac-palworld-crossover-18
引用:パルワールド

おー、ムービーも問題なし。

mac-palworld-crossover-19
引用:パルワールド

最初のリスポン地点で、またカクついてきました。

mac-palworld-crossover-20
引用:パルワールド

デフォルトのグラフィック設定では重すぎる。
設定からグラフィック設定で、画質を落とす必要がありそう。

低スペックのMacで遊ぶには、これらの設定項目が重要。

パルワールドのグラフィック設定項目
  • プリセット
    • 「低」か「最低」あたりからカスタマイズが無難
  • スクリーン
    • ウィンドウに変更すると、↓の解像度が設定できるように
  • 解像度
  • 最大FPS

使っているMacのスペックに合わせて、プレイしながら決めていきましょう。

設定を下げることで、移動でカクつくことは無くなりました。
ですが、パル(ポケモン)が技を出すと、カクついてきますね。

やはりMacのスペックには余裕を持っておくに越したことはありません。

僕は「8BitDo Pro 2」というコントローラー(ゲームパッド)を使って、Macでパルワールドを遊びました。
Steamにさえ登録しておけば、他のコントローラーでも使えると思います。

接続がうまくいかない方は、CrossOverに「ゲームコントローラー」の設定項目があります。
ここも確認してみましょう。

mac-palworld-crossover-22

CrossOverの料金プランは3種類

mac-palworld-crossover-23
引用:Get CrossOver and run Windows Software on Mac or Linux | CodeWeavers

2週間以上CrossOverを使う場合は、有料プランも考えておきましょう。
料金プラン3種類をまとめたのが下記。

CrossOver FreeCrossOver +CrossOver Life
14日間の無料プラン年額プラン買い切りプラン
価格無料約¥10,360 / 年額
($74)
約¥36,556 / 買い切り
($494)
サポート期間非対応12ヶ月無制限
機能制限無し無し無し
返金対応非対応
1$=¥140で計算

価格は記事更新時の者です。
最新の価格は、CrossOver公式サイトから確認してみてください。

とりあえず無料で試して、遊べたら「CrossOver +」でOK

ちなみに、無料プランの「CrossOver Free」と他のプランには、性能の違いはありません。

サポート期間の違い、返金ができるかどうかの違いだけです。
とりあえず無料プランを試してみて、持っているMacで遊べたら「CrossOver +」に移行するのがいいでしょう。

「CrossOver +」では、30日間の返金期間があるようです。
更に長い期間で試したい方はこちらを選びましょう。

CrossOverを買っても損しないの?
こういった点も考慮すると、個人的にはかなり安いと思います。

有料版CrossOverってどうなの?
  • Steamの無料ゲームも遊べる
    (Apex・PUBG・COUNTER-STRIKE 2…等)
  • 1年間で集中して遊び尽くせば更に安い
  • Windows PCを買うより安い

買い切りプランの方は、高いのと返金保証が無いのでおすすましませんが。
「CrossOver +」で1年間集中的に遊ぶのがおすすめです。

まとめ:MacとCrossOverで、パルワールドが遊べた!

引用:パルワールド

まとめです。
結果として、問題なくMacでパルワールドが遊べました。

遊ぶまでの手順は、こんな感じ。

Macでパルワールドを遊ぶまでの手順
  • MacにCrossOverをインストール
  • CrossOverにSteamをインストール
  • Steamからパルワールドを起動

僕は、CrossOverという仮想化ソフトウェアを使いました。

CrossOverは14日間のトライアル可能、Steamもプレイ2時間未満なら返金可能。
ということで、試すだけタダなので是非試してみてください。

このブログでは他にも、「MacでWindowsゲームを遊んでみたら」についてまとめています。
気になる内容がありましたら合わせてご覧ください。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ジャンプできる目次