Mac ガジェット

M1 iMacよりMacBookを買うべき理由【持ち運びで広がる未来】

2021-05-03

top-2

M1 チップの新型iMacが発表されました。
7種類もカラーバリエーションのあるポップなシリーズで、iPadがスタンドに付いただけみたいな薄くてミニマルなデザインが愛らしい。

iMacとMacBookどちらか迷っている方も多くいらっしゃると思うので、どちらがいいのか比較・検討していきます。
副業(ブログ、プログラミング、動画作成、画像修正、デザイン作成、DTM)をしたい方や、単に趣味として使いたい方の参考に慣れば嬉しいです。

iMacとMacBook、買うならどっち?
結論から言うと、M1 MacBookと外部ディスプレイをあわせて買うのが断然おすすめ
具体的な理由は下記の通り。

MacBookがおすすめの理由

  1. 同じM1チップならiMacとMacBookで性能は大きく変わらない
  2. MacBook Airと外部ディスプレイを買っても金額はほぼ同額
  3. それでいて外部ディスプレイの方がサイズは大きい
  4. iMacは接続端子が少ないので結局変換ハブが必要
  5. 外部ディスプレイならMacもWindowsもゲームもこれ1台
  6. MacBookなら持ち運びできて可能性が大きく広がる
  7. 家でしか使えないとすぐに飽きる
社会不適合者が、ブログで引きこもりながら生活しようとするお話。
Twitter:こちら
YouTube(ラーメン二郎制覇中):こちら

 

MacBook+外部ディスプレイを買うのがおすすめ

M1 MacBookと外部ディスプレイをあわせて買うのが断然おすすめな理由について、具体的に深堀りしていきます。

まずはコスト面から。
M1 iMacを買う場合と、M1 MacBook Air+外部ディスプレイを買う場合を比較しても、MacBookを買ったほうが安くなる場合が多いです。
もちろんMacを同じ性能にしたとしても、外部ディスプレイの金額は色々なのでなんとも言えませんが。

そこで、おすすめの外部ディスプレイ(DELL U2720QM)とあわせて金額の比較をしていきます。
比較していくのは、下記の2パターンです。

  1. iMacを購入する場合
    M1 iMac 24インチ メモリ16GB ストレージ512GB(8コアCPU 8コアGPU)
  2. MacBookと外部ディスプレイを購入する場合
    M1 MacBook Air 13インチ メモリ16GB ストレージ512GB(8コアCPU 8コアGPU)
    外部ディスプレイ(DELL U2720QM)

2022年6月 追記

この記事で主にご紹介しているDELLの「U2720QM」ですが、後継モデルとも言える外部ディスプレイが発売されています。
2022年4月2発売となっている、これまた高性能な「U2723QX」というモデルが後継機となっています。

それに伴って、U2720QMが頻繁に品薄状態となってしまっています。
接続端子をはじめいくつか機能は劣ってしまいますが、「S2722QC 」もあわせてご検討ください。

iMacとMacBook+外部ディスプレイで価格を比較

先ほどの2パターンを実際に比較して、それぞれの合計価格を見てみましょう。
ストレージ容量などなど、揃えられる条件は可能な限り揃えています。

M1 iMac M1 MacBook Air+DELL U2720QM
Mac本体 モニターサイズ 24インチ 13インチ
メモリ 16GB 16GB
ストレージ 512GB 512GB
Mac本体 接続端子 USB Type-C × 4 USB Type-C × 2
持ち運び ×
本体価格 221,800円(税込) 164,780円(税込)
外部ディスプレイ
モニターサイズ
- 27インチ
外部ディスプレイ
接続端子
- USB Type-C × 2
USB 3.0 × 3
ディスプレイポート
HDMI
外部ディスプレイ 価格 - 約 59,800円(税込)〜
合計価格 221,800円(税込) 約 224,580円(税込)〜

見ていただければ分かるんですが、ほとんど価格は同じ
もちろん、MacBookをクラムシェルモードで使用する場合は別途でキーボード等を買う必要が出てくるのでそこは要注意。

クラムシェルモードで使用していて面倒なスリープ解除も、Touch ID搭載Magic Keyboardならストレス無く指紋認証ができるのでおすすめ。
というか、Touch IDナシだとかなり厳しいというのが個人的な考えで、現実的に快適な環境を整えるならTouch ID搭載Magic Keyboardしかない。

クラムシェルモード用キーボードならApple純正【現状は一択】

出先では軽いながら強力なMacBookを持ち歩き、自宅では外部ディスプレイとつないで大画面で使いこなしたい。 そんな時に便利なのが、MacBook特有の機能であるクラムシェルモード。 MacBookを閉じた状態でも外部ディスプレイに接続して ...

続きを見る

M1 MacBook+外部ディスプレイがおすすめな理由

M1 iMacは一見するとスマートですが、結局ハブを買ってUSB 3.0端子を確保することになるのがほとんど。
Macで趣味のことをしたい多趣味な方なら余計に、デスクがゴチャゴチャする予感。
その一方いまご紹介したDELL U2720QMなら、接続端子もたくさんある贅沢モデルで使い勝手がいいです。

映像の出力はUSB Type-Cケーブルを使用することになります。
しかも、その映像出力用ケーブル1本でMacBookの充電も同時にしてくれて、ケーブルも少なくてスマート。

DELL U2720QMはとにかく接続端子の多くて使い回しがきくのが魅力で、USB 3.0に関しては3つもあります。接続端子USB Type-CしかないMacの弱点を見事に補ってくれるアイテムです。

setsuzoku

クリックでAmazonにジャンプ

具体的には、Mac・Windows・ゲーム(HDMI接続できるのでNintendo Switchも可能)を接続したままでも平気な充実の拡張性。
他にもたくさんU2720QMのおすすめポイントがあるので、要点だけざっくりご紹介します。

U2720QMのポイント

  • 接続も充電もUSB-Cケーブルひとつで完結
  • 接続端子の数が多いので他に周辺機器を買い揃える必要がない
  • windowsのPCを使う在宅勤務でも活躍
  • 横にも広いおかげでアプリを2つ並べて使える
  • ベゼルも細くてスマートなデザイン
  • 非光沢ディスプレイが実はかなりハマる
  • 4Kの27インチがちょうどいいサイズ感

M1 MacBook用に設計されているのではないか、と思ってしまう仕様です。
詳細は長くなってしまうので、イメージがしにくい方も下記からどうぞ。

【U2720QM】M1 MacBookにおすすめの外部ディスプレイ

M1 MacBookひとつだけでほとんどのことが出来る時代がやってきてた。 M1 Macを家でも大きいディスプレイで使いたい。 そんなわけで今回は、M1 MacBookの外部ディスプレイを比較・検討していきます。 結論から言うと、27インチ ...

続きを見る

外部ディスプレイが優秀な点とは別に、MacBookをクラムシェルモードで使用することで、作業効率や姿勢良く作業できるデスク環境を整えることができるのも重要なポイントです。
特にこれらについては、MacBook単体で使用すると調整ができず、体に負荷がかかってしまいます。

デスク環境の改善ポイント

  • ディスプレイの高さ
  • キーボードの位置

MacBookをクラムシェルモードで利用すべき理由について、詳しくはこちらから。

【メリットは?】クラムシェルモードでコスパ良く快適なMacBookライフ

M1 MacBookが発売されてから1年以上、毎日のようにクラムシェルモードでMacBookを使い倒しています。 自宅が仕事場なので、毎日ほとんどの時間をここで過ごす修行みたいな生活になってきています。 クラムシェルモードでは1つの大きな画 ...

続きを見る

 

iMacを買っても結局持ち運びしたくなる

ここが最大の理由なんですが、iMacを買ってもどうせすぐに持ち運びしたくなります。
少し乱暴な言い方ですが、きっと家だけでなく外でもMac使いたいなぁ…と思うことになるはず。
そんな私も同じだったので、同様の方がこれ以上出ないことを望みます…。

外でMacが使えるってだけで、可能性が何倍にも広がります。
iMacを買ってその可能性をすぐに潰してしまうのはかなりもったいない。
iMacとMacBook両方を使うのも、データが別々になって面倒な経験があるのでおすすめしません。

据え置きのiMacからMacBookへ、メインマシンを換えた私の体験談をご紹介します。

持ち運びしたくてiMacからMacBookに換えた体験談

iMacからMacBookに換えた理由は、Macを持ち運んで外でも作業がしたいから。
iMacを買っておいて何言ってるんだ…と思われそうですが、家だけで作業していると飽きるし捗らないということに気付きました。
気分転換にカフェで作業するのはちょうどいい気分転換にもなるし、人のいる場所で自分のしたいことを進めるということはとても気持ちがいい。

これだけ言っていますが、1年前はスタバでMacBookを開いてる人のことを「パソコンなんか家でやればいいのに」とイジってました。
ホントすみません…。
今では友人と集まって、無言で半日作業する漢に。
おすすめは六本木の「文喫」です。

文喫 BUNKITSU | 本と出会うための本屋。
文喫 BUNKITSU | 本と出会うための本屋。

文化を喫する、入場料のある本屋。人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約三万冊の書籍を販売します。一人で本と向き合うための閲覧室や複数人で利用可能な研究室、小腹を満たすことができる喫茶室を併設しています。エントランスでは約九十種類 ...

bunkitsu.jp

もちろんiPhoneやiPadもかなり使いやすくなって出来ることも広がっていても、やはりMac(PC)にしか出来ない(もしくは時間がかかる)ことがたくさんあります。
例えば、こんな感じでしょうか。

  • ブログ
  • プログラミング
  • 動画作成
  • 画像修正
  • デザイン作成
  • DTM

副業(複業)のチャンスは色々なところにあって、多くはスマホやタブレットから始めるのは難しい。
というか、逃してしまうことが多い印象。
私がこうやってブログをちゃんと更新しているのも、MacBookを買ってからようやくやる気が出たような状況だったりします。

半年でブログは稼げない?土日更新した収益公開【月1万円は余裕】

新卒で社会人になって多分3年、これから数十年も会社員をすることは無理ということを悟る………。 ということで、アフィリエイトブログを始めて副業というものに手を出してみました。 そして始めて半年、少しずつ結果が出てきたので現状の収益を公開します ...

続きを見る

半年ほど前に適当に始めたブログも少しずつPVが増え、お小遣い程度ですが収入が。
まだまだ雑魚なんですが、仕事以外にやるべきことができたという大きな収穫。

M1チップを搭載したMacBookはコスパもいいし、バッテリーは1日もつし軽くて安定しています。
そんな圧倒的にコスパに優れたM1 MacBookこそ、可能性を逃して後悔しないためのおすすめ

 

【定番記事まとめ】ブログで副業を始めてみた

手元にあるMacやPC、簡単なネットサーフィンしたりするだけで無駄にしてしまっていませんか?
せっかくなら有効活用したり、情報を発信する側に立ってみたい。

プログラミングを何も知らずそれとなくブログを始めて、1年以上が経ちました。
無能がブログをやってみて、気になる収益の状況は?

【副業】ブログ開設して1年で脱サラ【収益はいくらで脱サラした?】

仕事さえなければ人生もっと楽しくなる。 今日の仕事も楽しくないし、もっと楽しいと思えることを仕事にしたい。 そう考えていた私は、新卒入社して4年目の会社を辞めました。 ブログを開設してから1年ほどですが、ブログで生活していくことに決めました ...

続きを見る

【月間1万PV】ブログを着実に伸ばす方法3つ【結論:読者ファースト】

ブログを始めて約1年、ようやく月間1万PVに到達しました。 まだまだ初心者の域を出ていないと言われてしまうかもしれませんが、月に1万回読まれてるって冷静に考えるとスゴい。 続けてきた感触としても良好で、これからやるべき事や効率よく成長するた ...

続きを見る

ブログを始めるならMacBookがおすすめです。

【ブログPCの最適解】MacBookがあったから続けられた理由・機能5つ

これからブログを始めたり、本格的にブログ更新を継続しようとすると、せっかくならブログに最適なPCを使いたくなりますよね。 一つの記事で何千文字も文字を入力する面倒くさすぎるブログは、継続し続けるのが本当に難しい副業に違いありません。 ブログ ...

続きを見る

プログラミング知識は皆無ですが、WordPressというサービスを使って発信しています。

affinger-beginner-top
初心者こそAFFINGER6を使うべき理由【人一倍モチベを維持する】

WordPressでブログを始める初心者にとって難しいのが、どんなブログテーマを使うか?という問題。 私みたいなこれからブログを始める初心者や、まだ始めて数ヶ月という方にとって、有料のブログテーマを導入すべきなのかは悩ましいところです。 ア ...

続きを見る

ブログ初心者が最初に登録すべきASPオススメ3つ【1年はこれでOK】

これからブログで稼ぎたいけれど、おすすめのASPは? アフィリエイトで稼ぐなら外すことのできないASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)。 私みたいなブログを運営する広告主とメディアの間に入ってつないでくれるのがASPな訳ですが、乱立 ...

続きを見る

 

【定番記事まとめ】優先度の高い生活改善ガジェット

anker-eufy-robovac-11s-review-top

効率よく時間を増やしてくれるガジェットをまとめてご紹介します。
その中でも、コストパフォーマンス良く日々を快適にしてくれるものを、優先度の高いガジェットとしてご紹介しています。

せっかく簡単に家事が無くせる時代なので、数万円で体力と心の余裕を手に入れましょう。

2万円弱でも十分に生活が改善する掃除ロボット

anker-eufy-robovac-11s-review-top
【比較】Eufyは11Sで十分すぎた理由【最安モデルでOK】

Eufyシリーズといえば、Ankerのリーズナブルで機能的なロボット掃除機。 ざっと数えただけで10モデル程が発売されていて、どれを買ったら良いのかよく分からない方も多いのでは。 私が2年以上愛用しているのはEufyシリーズでも最安モデルの ...

続きを見る

3万円ほどで皿洗いが消えて無くなる食洗機

1-thanko-rakua-STTDWADW-3
【分岐水栓いらず】サンコーの食洗機ラクアで明日から生活改善

食洗機というと、なんだか裕福な大家族だけが使うものというイメージ。俺なんかに食洗機はまだ早い…と思っていましたが、実はそんなことはない。 今回食洗機を導入することで改めて、皿洗いってこんなにストレスのあることだったんだ…と感じる日々です。 ...

続きを見る

【比較】サンコーのラクアminiとラクア選ぶべきはどっち?【後悔しないのはラクア】

2022年の2月にサンコーから発売されたラクアmini。 「シンク横に置けるタンク式食洗機」というのがキャッチコピーの、以前から発売されていたラクアより小さくなった文字通りミニサイズな食洗機です。 せっかく食洗機を買うなら、とことんラクがし ...

続きを見る

賃貸で暮らしていたり、工事が面倒な方には工事不要なタンク式食洗機がおすすめ。

【食洗機】タンク式のデメリットを超えるメリット【これで十分かも】

工事も必要無く、手軽に導入することができるタンク式の食洗機。 導入が簡単というようなメリットはありますが、タンク式食洗機は実際に使っていてどのようなデメリットがあるのでしょうか。 タンク式の食洗機を導入してから1年近く経っちましたが、我が家 ...

続きを見る

比較して分かるタンク式食洗機の間違いない選び方【ポイントは6つ】

工事不要ですぐに生活改善できるタンク式の食洗機。 3万円ほどで家事がひとつ無くなってしまうという、かなり優秀なアイテムです。 そんな食洗機ですが、2021年時点で日本での普及率は約3割と、欧米の普及率約7割を大幅に下回っていているようです。 ...

続きを見る

YouTubeではラーメン二郎の全店を制覇中

YouTubeもやっています。
ガジェットも生活改善も関係無いですが、興味のある方は是非!

-Mac, ガジェット