Mac おすすめ記事 ガジェット

【U2720QM】M1・M2 MacBookにおすすめの外部ディスプレイ

2021-02-21

M1・M2 MacBookひとつだけでほとんどのことが出来る時代がやってきてた。
M1・M2 Macを家でも大きいディスプレイで使いたい。

M1・M2 MacBookの外部ディスプレイを比較・検討していきます。
結論から言うと、27インチの外部ディスプレイDELL「U2720QM」が圧倒的におすすめ

この記事の概要

  • U2720QMが良い理由は?
    → 接続・充電がUSB-Cケーブルひとつで完結
    → USB機能も付いていて接続端子が充実する
  • 4K・27インチって使いやすい?
    → MacBookの画質に慣れているなら4K必須
    → 大きすぎる外部ディスプレイは疲れるかも
  • 他の4Kモニターとの比較は?
    → 4つの外部ディスプレイと比較します

なんていう根本的な疑問についても深堀りしていますので、少しでも問題解決の助けになれば嬉しいです。
M1・M2 MacBook Air/Proだけでなく、M1・M2 Mac miniにもおすすめできる優秀な外部ディスプレイ(外部モニター)です。

セール情報

本記事でご紹介している外部ディスプレイが、Amazonブラックフライデーセールにてタイムセール中。
(セール期間:〜2022/12/1 23:59)

Dell「U2720QM」27インチ 4Kディスプレイ
¥74,800¥47,481(37%オフ)

DELL「U2720QM」は、USBハブ機能も搭載している外部ディスプレイです。
Macとの接続・充電もUSB Type-Cケーブルひとつなので、サクッとつないで接続端子も充実するのが魅力。

社会不適合者がブログで生活できないか実験しています。
脱サラしたのに、ダラダラと週3回くらいブログを更新中。
Twitter:こちら
YouTube(ラーメン二郎制覇中):こちら

 

外部ディスプレイ「U2720QM」をM1・M2 Macにおすすめしたい理由

結論からいうと、私の購入したDELL「U2720QM」が他と悩む必要がないくらい使い勝手は最高でした。

購入した理由・使ってみて快適だった理由は下記の通り。
ちょっと多くて恐縮ですが、ひとつひとつが日々便利に感じるポイントなので、気になるところは読んでもらえると嬉しいです。

ポイント

  1. M1・M2チップ搭載Macでもクラムシェルモードで安定して使用できる
  2. USB Type-C接続で同時に電源供給もできる
  3. 接続端子の数が多いので他に周辺機器を買い揃える必要がない
  4. windowsのPCを使う在宅勤務でも活躍
  5. 横にも広いおかげでアプリを2つ並べて使える
  6. ベゼルも細くてスマートなデザイン
  7. 非光沢ディスプレイが実はかなりハマる
  8. 4Kの27インチがちょうどいいサイズ感

順番にご紹介していきます。

1:M1・M2チップ搭載Macでもクラムシェルモードで安定して使用できる

まず第一に、M1・M2チップ搭載のMacに接続すると不具合の起きてしまう、相性のあまりよくないディスプレイがいくつかありました。
その点で言えば「U2720QM」、同じシリーズのサイズ違い31.5インチディスプレイ「U3219Q」は多くの方がM1・M2 MacBookにクラムシェルモードで使っていて間違いなし。

少し先で他社メーカーの外部ディスプレイを比較していますが、映像出力がきちんとできなかったり細かい不具合の起きていたディスプレイもレビューではありました。

そもそもクラムシェルモードのメリットは、デスク環境を簡単に改善できることにあります。
今は自宅でMacBookひとつで使っているという方には、クラムシェルモードをおすすめする理由も書いていますので参考にしていただければと思います。

【メリットは?】クラムシェルモードでコスパ良く快適なMacBookライフ

続きを見る

2:USB Type-C接続で同時に電源供給もできる

なぜUSB Type-C接続にこだわるのかというと、ディスプレイに接続しながら電源供給もできるという理由に尽きます。
ケーブル1本だけで済むのはかなり便利で、デスクもケーブルがごちゃごちゃとせず、かなりシンプル。
充電アダプタも自宅に置いておく必要がなくなるため、リュックに入れっぱなしでOK。

出先から帰ってきたときも、外部ディスプレイからのびているUSB Type-Cに接続して充電しておけば外部ディスプレイにもすぐにアクセスできるのはとっても気が楽。
MacBook特有の機能であるクラムシェルモードを使用すれば、閉じたままでも外部ディスプレイに映像を写すことができます。

usb

参照:Amazon DELL「U2720QM」

ちなみに、「U2720QM」を買うと映像出力用のが3種類ついてくるので、ケーブルを別途買う必要はありません。

cable

参照:Amazon DELL「U2720QM」

3:接続端子の数が多いので他に周辺機器を買い揃える必要がない

USB Type-C端子2つしかないM1・M2チップ搭載MacBookなので、自宅ではハブやドックステーションを使用している方も多いかと思います。
しかし、DELLの「U2720QM」ならハブやドックステーションすら必要なくなります。
外部ディスプレイに接続するだけで、下記の接続端子が一気に増えちゃいます。

setsuzoku

参照:Amazon DELL「U2720QM」

「U2720QM」はドックステーションの機能もあわせ持っていて、これだけあれば困らないってくらい端子が充実しています。
特に映像系の端子はUSB Type-C、ディスプレイポート、HDMと3つもあります。

接続端子

  • USB Type-C(映像出力用)
  • USB Type-C(充電用)
  • USB 3.0 × 3
  • ディスプレイポート
  • HDMI
  • オーディオミニジャック

なんと言っても、映像出力の数と「USB 3.0 × 3」が圧倒的な魅力ポイント
USB Type-CとUSB 3.0がひとつずつサイドに用意されているのも、ユーザーのことをしっかりと考えられていて実際に使ってみて感じる便利ポイントだったりします。
実際に使ってみると分かりますが、画面下についているサイド2つ以外の接続端子は手をのばすのが(iMacの背面端子よりも数倍)大変で、基本ケーブルは挿しっぱなしになると思った方がいいです。

ちなみにSDカードは直接入らないので、映像出力とは別のUSB Type-Cでハブにつなぐことになります。
電源ケーブルはコンセントに接続です。

私はMac・社用PC・ゲーム(Nintendo Switch)の3つに接続していますが、全てが同じディスプレイで動作するというのがとても新鮮で便利。
DELL「U2720 QM」にはスピーカーが搭載されていませんが、内蔵のミニジャックに別途スピーカーを接続すればMacもPCもゲームも同じスピーカーで楽しめます。

4:windowsのPCを使う在宅勤務でも活躍

普段はMacを使っている私ですが、仕事では(嫌々)windowsのPCを使っています。
時間の長さだけを考えると仕事をしている時間の方が長く、在宅勤務も快適にできればと思って接続端子の多いDELLの「U2720QM」を購入しています。

これが実際に使ってみるとかなり便利で、「U2720QM」とつないだHDMIケーブルをデスクに用意しておけば社用のPCをつなぐだけで自動的に認識してディスプレイに映してくれます。
これまで仕事していて、小さい画面を自然と覗き込んでいた姿勢がかなり悪かったことに気付けました。
接続端子の多さによって助けられる場面がかなり多い。

5:横にも広いおかげでアプリを2つ並べて使える

大きいモニターの何がいいって、動画をフルスクリーンで見て没入感に浸れるのはもちろん、2つのアプリを大きい表示領域で見れることだと思います。
下記がその画面ですが、YouTubeをそこそこ大きい画面で見て、同時にTwitterを開いてもこの余裕。
分かりにくいかもしれませんが、右半分のYouTube画面だけでMacBookの画面幅くらいあります。

gamen-resize

ちなみに、今のところ表示サイズは大きめ(標準のサイズ)にしています。
setting
とは言っても、これ以上表示サイズを小さくすると視力検査になるうえ、上記のように左右分割しても十分すぎる幅があります。
文字を大きめにしている理由は目から外部ディスプレイまでの距離を(50cmほど)とっているからで、このおかげでかなり姿勢良くディスプレイを見ることができています。

6:ベゼルも細くてスマートなデザイン

daiza

参照:Amazon DELL「U2720QM」

とにかくデザインがシンプルで、ジャマしないデザインです
こんなありきたりなデザイン、と思うかもしれませんが意外になかったりします。

いくつか同じようなディスプレイを見ていると分かるのですが、ベゼル(フチの黒い部分)や正面のロゴの主張が強いモデルがいくつもあります。

「U2720QM」のベゼルはとても小さく、1cmほどしかありません。
そう考えると、iMacはベゼルがも2.5cmあって一気に不格好な印象に変わります。

vezelモニターを支える台座の可動域もかなり優秀で、個人的にはモニターアームはいらないかなという感想。
のちに買ってたらスミマセン。

ボタンはベゼルを狭くするために画面の右下に集約されていて、ショートカットキーを割り当てれば明るさの調整も3回程度〜のボタン操作で可能です。
若干押しづらいかなとも思いますが、頻繁に操作することはないので気になりません。

他のモデルだと背面の見えない箇所にボタンがついていたりするんですが、それは流石に使い勝手悪そうなので、「U2720QM」はデザインと使い勝手の塩梅がちょうどいい印象。
電源の入っている時はライトが点灯するので、こまめにオン・オフしたい方にも優しい機能。

switch

これも細かい話ですが、台座にはケーブルをまとめるための通し穴も用意されているのも無駄のないデザインかなと。

sukkiri

参照:Amazon DELL「U2720QM」

モニターの上下稼働幅はびっくりするくらい下の位置まで下げられて、一番下まで下げた場合はディスプレイとデスクとの間は4.5cmまで下がります。
自宅デスクはディスプレイとキーボードを異なる高さにしたい派なんですが、ディスプレイをかなり下げられるので見上げる形にもなりません。

7:非光沢ディスプレイが実はかなりハマる

今までは何となく避けていた非光沢ディスプレイ(ノングレア)ですが、いざ使ってみるとこれがかなりいい。
最初は画面がぼんやりとした印象で違和感ありましたが、マットな質感で映り込みが少なく目に優しい上に、ホコリが気にならないのがとてもストレスの減った要因です。
長時間の使用を考えると、非光沢ディスプレイはかなりありだと思います。

今まで使用していた光沢のあるディスプレイはというと、とにかくホコリや指の油が気になって、頻繁にメガネ拭きで拭いていました。
一方の非光沢ディスプレイはというと、シャツの袖で拭いてもサッとホコリが取れてくれます。
流石に油っぽい手で拭くと少し落ちにくいですが、メガネ拭きみたいなもので拭けばあとも残らずスッキリ。

非光沢ディスプレイにハマった私は、のちにMacBook本体にも非光沢の保護フィルムを買っています・・・・

【周辺機器】M1 MacBook Air/Proにおすすめの6選

続きを見る

8:4Kの27インチがちょうどいいサイズ感

モニターのサイズは、もちろん大きければ大きいほどいいというわけではなく、大きくて不便に感じる部分もあったりします。
具体的には、目線の移動で疲れてしまうこと、デスクを圧迫してしまうことが挙げられます。

実は同じシリーズの31.5インチサイズもありますが、横幅だけで10cmも大きさ変わります。
画面の中央から左右に5cm広がると考えると、かなり目の移動が大きくなる印象です。

shisei

EIZO「【保存版】ディスプレイの疲れ目対策"10選"」より

ディスプレイも多数販売している「EIZO」によると、ワイドモニターなら大体50cmほど目とディスプレイの距離を離すべきとしています。

我が家も50cmほどの距離をとったところ、(31.5インチを想定して)あと5cmも左右に大きくなった場合は、目の移動だけでなく首も動かさなければ両端を見られない状況でした。
50cmほど距離を置いている我が家で使用している、個人的な感想ではありますが27インチが目の疲れないギリギリのラインに感じました。

ディスプレイの大きさで悩んでいる方は、下記「EIZO」のサイトも読みながら熟考することをおすすめします。
何も考えず、大きければ大きいほどディスプレイは良い!みたいな考えは案外ビミョウかもしれません。

【保存版】ディスプレイの疲れ目対策"10選" | EIZO株式会社
【保存版】ディスプレイの疲れ目対策"10選" | EIZO株式会社

www.eizo.co.jp

 

ちなみに:外部ディスプレイを見ていると出てくるこの機能って?

macbook-retina-display-1

DELLの「U2720QM」がウリにしているポイントは、接続端子など以外にもいくつもあって、聞き慣れない単語も出てきているのでいくつかご紹介します。
せっかく高い外部ディスプレイを買うのなら、機能を隅から隅まで理解しておきたい!という方に向けてのご紹介です。
逆に、あまり気にならない方は読み飛ばしてもOKです。

ざっくりまとめると下記の通り。

この機能ってなに?

  1. 4K?WQHDとは?・・・4Kを買うのが後悔しないのでおすすめ
  2. IPS?TN?VAとは?・・・IPSが至高
  3. HDRとは?・・・そこまで必要なし

4K?WQHDとは?→4Kを買うのが後悔しないのでおすすめ

4Kのモニターをおすすめする理由は、MacBook内蔵のRetinaディスプレイに慣れてしまっているからです。
4Kの映像にあまり触れないのであればWQHDやHDでも十分では?と考える方もいるかもしれませんが、個人的には4Kモニターですら近くで見るとRetinaディスプレイよりも若干ドットが目立つ印象でした。

WQHDと4Kの違いは、数値だけ見ると下記の通り。

WQHD 4K
縦 × 横 2,560 × 1,440 3,840 × 2,160
画素数 370万 830万

数値だけ見ると倍以上も違いがあるので、私は断然4Kのモニターをおすすめします。
ちなみに、外部ディスプレイに表示する領域(解像度)はいつでも変更可能。
表示領域を広げすぎると文字が小さくなって視力検査の領域ですが、システム環境設定から微調整しましょう。

それに、YouTubeも4Kを27インチで見た迫力は凄まじいことだけは伝えておきたいポイント。
現状4kの動画はYouTubeを探してもあまり多くありませんが、GoProやDJIのPocket 2といった小さいカメラでも4Kを撮影出来る時代。
増えること間違いなしです。
(4Kモニターを持っているあなたには、Nagisa Ichikawa氏の動画がおすすめです。)

IPS?TN?VAとは?→IPSが至高

IPSというのは、ディスプレイの駆動方式(どうやってディスプレイが発色しているのか)を指す言葉です。
その他の駆動方式には、TN、VAといった方式があります。

ちなみに、IPSは3つの中で最も高価な部類に入ります。
要するに画面がめちゃくちゃ綺麗ってことなんですが、それぞれの特徴をまとめてみました。

IPS TN VA
画質
視野角 × ×
反応速度
価格 ×

IPSの長所は、視野角(ディスプレイがキレイに見える角度の幅)の広さ、画質(色再現や発色)のよさ、が挙げられます。
これらの性質が十分に活かされる、グラフィックや映像制作等で日常的に使うクリエイターにはIPSはうってつけです。

IPSの短所は、価格の高さだけでなく、反応速度が遅いとされています。
遅いといっても、もちろん普段から使っていて不便に感じるレベルのものでは全くありません。
プロレベルでFPSをしたい方は、低コストで反応速度も早いとされているTN方式を選んでいるかたも多いようです。

HDRとは?→そこまで必要なし

HDRとはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)を略したもので、意味もそのままに「より広い明るさのレンジ(幅)を表現できる技術」です。
その明るさは「輝度」という言い方をしますが、下記のように広がっているとのこと。

kido

EIZO「よくわかる、HDR徹底解説! HDRとは」より

よくわかる、HDR徹底解説! HDRとは | EIZO株式会社
よくわかる、HDR徹底解説! HDRとは | EIZO株式会社

www.eizo.co.jp

DELLの「U2720QM」ももちろんHDRに対応していいます。
ややこしいことに、HDRの再現範囲にもたくさんの規格(種類)があって「U2720QM」は「DisplayHDR 400」にあたります。
「DisplayHDR 400」はというと、ざっくり言うとHDRの中ではエントリーモデルと言われる部類。
記事を書いている時点では「DisplayHDR 1400」まで(おしりについている数字が大きいほど再現範囲が広い)あったりします。

iPhoneのカメラでもお馴染みかもしれないHDRですが、個人的にはHDRについてはそこまで重視すべきでないポイントかなと思いました。
HDR動画って普段そんなに見かけなくないですか?
それに、調べてみるとわかりますが、USB Type-C接続できて「DisplayHDR 1000」が搭載しているモデル(ASUS PA27UCX)となると20万円以上します。

戦略的撤退。

 

4K外部ディスプレイを比較してみる

なにかとおすすめポイントの多い「U2720QM」ですが、いくつか他にも迷ったディスプレイもあります。

「U2720QM」も合わせた5つのモデルを並べてみて、4Kの外部ディスプレイを比較します。
サクッと特徴を確認しておきたい方向けに、ワンポイントで特徴をまとめました。

ポイントまとめ

  • Dell「U2720QM」・・・接続端子や画質も文句なしの万能モデル
  • Dell「U2723QX」・・・U2720QMの進化モデル(27インチ)
  • Dell「U3223QE」・・・U2720QMの進化モデル(31.5インチ)
  • Dell「S2722QC」・・・安くてスピーカー内蔵、けれでど端子は少なめ
  • Dell「S2721QS 」・・・安くてスピーカー内蔵、けれどUSB-C接続は不可

結論を先に書いてしまっていますが、比較するポイントとなる詳細部分はこちらの表でご確認ください。
それぞれの性能差となる部分が赤字になっています。

Dell「U2720QM」 Dell「U2723QX」 Dell「U3223QE」 Dell「S2722QC」 Dell「S2721QS」
ディスプレイサイズ 27インチ 27インチ 31.5インチ 27インチ 27インチ
USB Type-C ×
HDMI 1 1 1 2 2
DisplayPort 1 1 1 0 1
USB Type-C
(データ用)
1 1 1 0 0
USB-A
(データ用)
3 4 4 2 0
駆動方式 IPSパネル IPS Blackパネル IPS Blackパネル IPSパネル IPSパネル
HDR
HDR400

HDR400

HDR400
スピーカー × × ×
参考価格 ¥69,800 ¥75,800 ¥99,800 ¥55,800 ¥51,800

各モデルを詳しく見ていきましょう。

Dell「U2723QX」

dell-U2723QX-2

参照:Amazon Dell「U2723QX」

「U2723QX」は、2022年2月に新しく発売された「U2720QM」の後継機種となるモデルです。
項目別に比較したものが下記の内容です。

Dell「U2720QM」 Dell「U2723QX」
ディスプレイサイズ 27インチ 27インチ
USB Type-C
HDMI 1 1
DisplayPort 1 1
USB Type-C
(データ用)
1 1
USB-A
(データ用)
3 4
駆動方式 IPSパネル IPS Blackパネル
HDR
HDR400

HDR400
スピーカー × ×
参考価格 ¥69,800 ¥75,800

価格は若干高くなりますが、IPS Blackパネルが搭載されていて、暗いシーンでの視認性が向上しています。
また、USB-Aの接続端子も増えています。

少し価格が高くなっても最新のものを手に入れたい方向け、と言えるでしょうか。

Dell「U3223QE」

dell-U3223QE-2

参照:Amazon Dell「U3223QE」

「U3223QE」は、2022年2月に新しく発売された「U2720QM」の後継機種で、更にディスプレイサイズも大きくなったモデルです。

Dell「U2720QM」 Dell「U3223QE」
ディスプレイサイズ 27インチ 31.5インチ
USB Type-C
HDMI 1 1
DisplayPort 1 1
USB Type-C
(データ用)
1 1
USB-A
(データ用)
3 4
駆動方式 IPSパネル IPS Blackパネル
HDR
HDR400

HDR400
スピーカー × ×
参考価格 ¥69,800 ¥99,800

ディスプレイは広くなりますが、それ以上に価格が一気に上がります。
ちなみに計算してみると、ディスプレイは約1.16倍に大きくなっているのに対して、価格は約1.43倍に高くなっていて、コストパフォーマンスは悪めと言えるでしょう。

接続端子については、先にご紹介した「U2723QX」と同様です。
コストパフォーマンスが悪くても、長く使うためにより大画面を求めている方向けです。

「U2720QM」より手頃な外部ディスプレイを検討している方は、これ以降をご覧ください。

Dell「S2722QC」

dell-s2722qc

参照:Amazon Dell「S2722QC」

「S2722QC」は、2021年8月に発売された、「U2720QM」よりも少し価格の安いモデルです。
安いといっても27インチで、もちろんUSB-C接続にも対応しています。

Dell「U2720QM」 Dell「S2722QC」
ディスプレイサイズ 27インチ 27インチ
USB Type-C
HDMI 1 2
DisplayPort 1 0
USB Type-C
(データ用)
1 0
USB-A
(データ用)
3 2
駆動方式 IPSパネル IPSパネル
HDR
HDR400
スピーカー ×
参考価格 ¥69,800 ¥55,800

その分、接続端子の数や、HDR等(コントラスト比や色域)といった比較的分かりにくい機能が削られています。
それでも、価格が安い上にスピーカーが搭載しているのは非常に大きなポイントです。

ディスプレイの再現度より、スピーカー内蔵や価格の安さに惹かれる方向け。
「U2720QM」にも劣らずコストパフォーマンスはかなり良い外部ディスプレイでしょう。

Dell「S2721QS」

s2721qs-2

参照:Amazon DELL「S2721QS」

「S2721QS」は、USB Type-C端子が無いモデル
HDMIやディスプレイポート等での接続をする必要があります。

それでも、それ以外の機能が大きく変わらないのに金額が非常に安いモデルです。
HDMI・DisplayPort端子のPCは未だに多く、それだけ需要と供給があるからこその値段なのでしょう…。

Dell「U2720QM」 Dell「S2721QS」
ディスプレイサイズ 27インチ 27インチ
USB Type-C ×
HDMI 1 2
DisplayPort 1 1
USB Type-C
(データ用)
1 0
USB-A
(データ用)
3 0
駆動方式 IPSパネル IPSパネル
HDR
HDR400
スピーカー ×
参考価格 ¥69,800 ¥51,800

こちらもスピーカーは内蔵しています。
もちろん、正しいUSB-C変換ケーブル接続すれば、リフレッシュレートも変わらず鮮明な映像が見れます。

ただし、変換ケーブルの選択を間違えたり変換ハブを通して出力すると、リフレッシュレートが落ちてしまったりしてしまうので要注意です。
間違い無いケーブルは下記。

ディスプレイ出力とは別に、充電するケーブルの接続が必要となるので注意が必要です。

Mac miniを使っていたり、MacBookでも持ち歩く機会が少なかったり、コスパを追い求めたい方には「S2721QS」でも安心して使えます
とは言え金額差も少ないので、直前にご紹介の「S2722QC」でUSB Type-C接続してしまうのが無難かと思います。

 

M1・M2 MacBookにおすすめの外部ディスプレイまとめ

長々と書いてきましたが、最初にも書いた下記のポイントがM1・M2 MacBookの外部ディスプレイとしておすすめできるポイントです。

U2720QMのポイント

  1. M1・M2チップ搭載Macでもクラムシェルモードで安定して使用できる
  2. USB Type-C接続で同時に電源供給もできる
  3. 接続端子の数が多いので他に周辺機器を買い揃える必要がない
  4. windowsのPCを使う在宅勤務でも活躍
  5. 横にも広いおかげでアプリを2つ並べて使える
  6. ベゼルも細くてスマートなデザイン
  7. 非光沢ディスプレイが実はかなりハマる
  8. 4Kの27インチがちょうどいいサイズ感

M1・M2 Macには、USB Type-Cでも接続できてハブ機能もあるDELLの「U2720QM」が無難だという印象。

接続端子の数や価格がビミョウだなという方にも、DELLにはUSB Type-C接続も可能な外部ディスプレイが多数用意されています。
最適な外部ディスプレイを見つけ出してみてください。

Dell「U2720QM」 Dell「U2723QX」 Dell「U3223QE」 Dell「S2722QC」 Dell「S2721QS」
ディスプレイサイズ 27インチ 27インチ 31.5インチ 27インチ 27インチ
USB Type-C ×
HDMI 1 1 1 2 2
DisplayPort 1 1 1 0 1
USB Type-C
(データ用)
1 1 1 0 0
USB-A
(データ用)
3 4 4 2 0
駆動方式 IPSパネル IPS Blackパネル IPS Blackパネル IPSパネル IPSパネル
HDR
HDR400

HDR400

HDR400
スピーカー × × ×
参考価格 ¥69,800 ¥75,800 ¥99,800 ¥55,800 ¥51,800

その他の周辺機器については、こちらも参考になるかと思います。

クラムシェルモード用キーボードならApple純正【現状は一択】

続きを見る

【メリットは?】クラムシェルモードでコスパ良く快適なMacBookライフ

続きを見る

 

Macひとつあれば、色々な事を試してみることができます。
たまたま買ったMacBookが気に入ってブログを始めてみましたが、2年でブロガーになってしまいました。

気になることは色々試してみると、本質的に生活が改善するかもしれません。

 

2022/11/25

【使い方】SwitchBotで最初に買うべき4つ【完成...

2022/11/15

【電動シェーバー】肌弱いのに髭濃い俺が、ラムダッシュで...

2022/11/9

【クーポン付】マイプロテインのお試しセットが安い【初回...

2022/11/4

【Mac版】1Passwordで今更パスワードの使い回...

2022/10/20

【iOS16】アップデートすべきかは微妙、だけど楽しい...

【Mac版】1Passwordで今更パスワードの使い回しを卒業した

続きを見る

【実験】ブログで生活できるまでの収益まとめ【19ヶ月かかった】

続きを見る

【Macでブログ】4つの手順で分かるブログの始め方【初心者向け】

続きを見る

【U2720QM】M1・M2 MacBookにおすすめの外部ディスプレイ

続きを見る

-Mac, おすすめ記事, ガジェット