\ ポイント最大11倍! /

【高機能で安い】MacにおすすめのUSB-C搭載モニター【JN-IPS282UHDR-C65W】

  • URLをコピーしました!

Macを買ったら、次に買うべきはモニターだと思っています。
数万円あれば、自宅の作業環境が一気に改善します。

で、モニターってどんな基準で選べばいいの!?

その他にも「どんなモニターを選んだら便利か?」や「Macにおすすめのモニターは何か?」などなど。
必要な機能が全てそろったモニターが、3万円台という手頃な価格で見つかったのでご紹介したい。

本記事は、株式会社JAPANNEXTから商品をお借りして作成されたPR記事です。

ジャンプできる目次

Macのモニター選び、おすすめのポイントはコレ

mac-usb-c-monitor-1

まず最初に、モニター選びの必須ポイントを考えてみましょう。
具体的には、これらがあると一気に快適だと思います。

Macのモニター選び、これはマスト
  • M1・M2・M3 Mac対応
  • USB-C端子搭載
  • 4K画質
  • IPSパネル

で、どのモニターが良いの?

これらの機能が揃って3万円台、というのがJAPANNEXTというブランドのモニター「JN-IPS282UHDR-C65W」。
これがかなり最強。

ちなみにJAPANNEXTは、モニターを専門に扱う日本企業です。
千葉県いずみ野市にある廃校(だった場所)を本社としていて謎おもしろい会社。

中国系の企業なのでは!?と思っている方も多いかも。
ですが、広告を打ったりしないのもコスト削減のようです。

JAPANNEXTのモニター「JN-IPS282UHDR-C65W」が高機能で超安い

mac-usb-c-monitor-2

これらのポイントを、もう少し深掘りしていきましょう。
ざっとまとめるとこんな感じ。

Macのモニター選び、これはマスト
  • M1・M2・M3 Mac対応
    • AppleシリコンのMac(2020年移行)ユーザーは要チェック
  • USB-C端子搭載
    • MacBookユーザーなら必ず欲しい機能
    • 映像出力・充電がケーブル1本で便利
  • ミニマルなデザイン
    • ベゼルの小さいミニマルなデザイン
    • 全面の主張の少ないデザイン
  • 4K画質
    • MacBookの画質に慣れているならマストの機能
    • テキスト作業だけならWQHDでもいいかも
  • IPSパネル
    • 再現の高いモニターのパネル方式
    • 他の2種類とも比較

安いだけのモニターは、確かにいくつもあります。

ですがこれらの機能は、あるのとないのでは大きく使い勝手が異なります。
安物買いのナントカにならないためにも、最低限のポイントを抑えておくのがおすすめ。

M1・M2・M3 Mac対応

2020年の11月から発売されている、AppleシリコンのMac。

実は、まだまだ対応していないモニターがあります。
もしM1・M2・M3 Macユーザーを持っているなら、事前に調べておくと無難。

ここでご紹介するJAPANNEXTの「JN-IPS282UHDR-C65W」は、AppleシリコンのMacにも対応していることを確認しました。

mac-usb-c-monitor-10

特に問題なく使えています。

USB-C端子など、ハブ機能も優秀

mac-usb-c-monitor-4
引用:Amazon.co.jp: JAPANNEXT 4K液晶モニター JN-IPS282UHDR-C65W

MacBookユーザーの方なら、まず最初に確認しておくべきポイント。
USB-C端子の搭載したモニターを選ぶと幸せ。

USB-C端子の特徴は、ざっとまとめるとこんな感じ。

Macと相性のいいUSB-C端子とは?
  • 映像出力・MacBookの充電がケーブル1本で可能
  • 変換ハブ等で、HDMI端子に変換する必要が無い

実際に使っていると、これなしでは考えられないくらい便利。
Macを持ち運ぶ機会が多いなら、これがスムーズすぎ。

しかもこのモニター、ハブ機能も合わせ持っています。

つまり、接続端子の少ないMacBookとの相性も超強力。
デスクもスッキリして、MacBook内蔵モニターとの併用がお気に入り。

mac-usb-c-monitor-5

「JN-IPS282UHDR-C65W」に搭載している端子は下記。
※カッコ内は僕が接続しているもの

モニターと接続しているもの
  • USB-C(M1 MacBook)
  • HDMI(Nintendo Switch)
  • DisplayPort(Windows PC)
  • USB-A × 2(オーディオインターフェース・充電ケーブル)
  • USB-B(空き)
  • オーディオ出力(スピーカー)

画像で見るとこんな感じ。

引用:Amazon.co.jp: JAPANNEXT 4K液晶モニター JN-IPS282UHDR-C65W

Macでネトフリを見たり、ゲームしたり、Windows PCで仕事をしたり…。
これら全部が、ひとつのモニターで出来るってコスパ良すぎると思う。

全デバイスをデカいスピーカーで楽しめるのもマジ優秀。
(USB-C端子以外は、オーディオ出力から音を出せばOK)

4K画質の28インチモニター

画質をざっくり分類するのが、こういった指標です。
モニターを構成するドットの細かさを表しています。

モニターの画質を表す分類
  • 4K(3,840×2,160)
  • WQHD(2,560×1,440)
  • HD(1,920×1,080)

「JN-IPS282UHDR-C65W」は、この中の「4K」に該当します。

個人的には、4Kを選んでおくのが無難だと思う。
理由をまとめてみると下記。

4Kモニターが無難な理由
  • iPhoneやMacBook等、キレイなモニターを見慣れているから
  • YouTubeやNetflixで見る4K映像が楽しめるから
  • 長く使うもの

ただし、作業がメインのモニターなら、そこまで必要ないかもしれません。

少しだけ手頃なWQHDモデル、「N-IPS27WQHDR-C65W」も視野に入れていいかもしれません。
価格差は7千円ほど(記事更新時)。

このモニター、28インチと少し珍しいサイズです。

これまでは27インチのモニターを使っていました。
しかしながら、やはり大きさは正義。

32インチは個人的に大きすぎると思っていましたが、このサイズ感は絶妙。

ミニマル、かつシンプルなデザイン

ベゼル(ディスプレイの枠)も、かなり小さくてスタイリッシュ。

iPhone 12 miniのノッチよりコンパクト。
(ボタンのある下が約18mm、上と左右が約5mm)

ミニマルなデザインで、これも非常に好み。
全面はJAPANNEXTロゴとボタン位置を示す刻印だけ。

ボタンはディスプレイの底面(背面ではなく)に配置。
レゴブロックの”凸”のような構造。

ボタンは頻繁に触るものでもないので、底面にあるのが好み。
(モニターに映す映像は、自動で切り替わるので)

mac-usb-c-monitor-7

付属のモニタースタンドは、大体52mm〜177mmまで(空いた空間の長さを測定)の高さ調整が可能。
これは、モニターの下にもMacBookを配置できる高さ。

ちなみに、左右には30°ずつ傾けることができます。
またチルト(モニターを傾ける前後)の角度は、-5°〜+15°に設計されています。

キーボードとトラックパッド(マウス類)が無いなら、MacBook本体のものを使えばOK。
というか、最初はこれで十分だと思う。

モニタースタンドの穴にケーブルを通して使うと、かなり良い感じ。

mac-usb-c-monitor-8

強いてビミョウなところがあるとしたら、モニタースタンドの台座がデカいくらい。
まぁこれは、ガジェットを置いておけばいいじゃねとも思いますが。

mac-usb-c-monitor-11

とにかくキレイなIPSパネル

mac-usb-c-monitor-9

ちょっとだけマニアックな話。

PCモニターやスマホ、テレビの画面など。
液晶ディスプレイには、様々な形式(構造の違い)があります。

PCのモニターでは、こういった種類のものが用意されています。
大まかな傾向を比較してみるとこんな感じ。

IPSTNVA
色再現優秀微妙微妙
コントラスト普通普通優秀
視野角広い少し狭い狭い
リフレッシュレート普通高い普通
反応速度普通早い遅い
価格少し高い少し安い安い
特徴動画・写真の編集、動画鑑賞に強いゲーミングモニターに多い安価なのでテレビに多い

「価格が高め」ということ以外は、IPSパネルが優秀なことが分かります。

ただし、高リフレッシュレート(120Hz以上)のIPS方式モニターは、全体的に高い傾向があります。
IPSパネル・27インチ・WQHD・165Hzで3万円台なため、ゲーミングモニターはTN方式が多い印象。

IPSパネル・24.5インチ・HD・240Hzならギリ2万円台。

とはいえ、Nintendo SwitchやPS4であれば、60Hz(60FPS)が上限。
大体のユーザーなら、そこまでリフレッシュレートのことを考えなくても良い気が。

まとめ:SCB-C対応のMac向けモニター、これがコスパ最強

この記事の内容を振り返ると、こんな感じ。

Macのモニター選び、これはマスト
  • M1・M2・M3 Mac対応
    • AppleシリコンのMac(2020年移行)ユーザーは要チェック
  • USB-C端子搭載
    • MacBookユーザーなら必ず欲しい機能
    • 映像出力・充電がケーブル1本で便利
  • ミニマルなデザイン
    • ベゼルの小さいミニマルなデザイン
    • 全面の主張の少ないデザイン
  • 4K画質
    • MacBookの画質に慣れているならマストの機能
    • テキスト作業だけならWQHDでもいいかも
  • IPSパネル
    • 再現の高いモニターのパネル方式
    • 他の2種類とも比較

Mac向けモニターとして、必要なポイントをしっかり抑えた高機能モニターだと思います。

これで3万円台、ってのが本当に安い。
数年前に買った同等のモニターは5万円台だったのに…。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ジャンプできる目次