\ ポイント最大11倍! /

【買うべきか】iPhone15シリーズの進化、待つべき条件は?

  • URLをコピーしました!

2023年9月のApple Eventで発表されたのが、iPhone 15シリーズ。

ここ数年のiPhoneと比較しても、かなり盛り上がった発表となりました。
そこ考えたいのが、iPhone15シリーズは買うべきか?それともいらない?

このような流れで、iPhone15シリーズについて確認しましょう。

※本記事で使用している画像は、「Apple Event 2023」の配信や、「iPhone 15とiPhone 15 Plus」「iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Max」のApple公式サイトから引用しています。

ジャンプできる目次

結論:iPhone 15シリーズは買うべきか?待つべきか?

iphone15-series-13

まず初めに、iPhone 15シリーズは買うべきかを結論から。
買うべき人を3パターンに分けてまとめました。

iPhone 15シリーズは買うべきか?
  • 「iPhone 15」か「iPhone 15 Plus」を買うべき人
    → 手頃な価格で新しいiPhoneに買い替えたい
    → USB-C端子に統一されると運用しやすい
    → 2倍の広角ズームが魅力
  • 「iPhone 15 Pro」か「iPhone 15 Pro Max」を買うべき人
    → 動画・写真の読み込みが多く転送速度は重視したい
    → リフレッシュレート120Hz欲しい
    → 画像・動画の撮影は、Apple ProRAWやProResビデオ撮影でこだわりたい
    → 望遠レンズを使う機会が多い
    → チタンの高級感あるiPhoneが欲しい
  • iPhone 15 Pro Max」を買うべき人
    → 5倍の光学ズームが使いたい
    → 全部盛りのiPhoneが欲しい

反対に言うと、これらが当てはまらない方なら、待つべきだと思います。

下取りを含めても10万円近い買い物になります。
その費用対効果があるかは微妙。

具体的には、iPhone 12以降を使っている方なら、そこまで大きな進化ではないと思っています。

僕もiPhone 12 miniをバッテリー交換しながら使い続けています。
小さいiPhoneが好きなだけでもありますが…。

その理由として、新機能から確認していきましょう。

iPhone 15シリーズの新機能

iphone15-series-1

まず最初に、iPhone 15シリーズの新機能を確認していきましょう。
ざっと要点をまとめると、下記の通り。

iPhone 15シリーズの新機能
  • USB-C対応
  • 全モデルでDynamic Island対応
  • カメラ
  • 筐体の淡いカラー採用(15/15 Plus)
  • 筐体チタン採用で軽量化(15 Pro/15 Pro Max)
  • iOS17を搭載
  • 価格は12.5万〜
  • 変わらなかった機能

一通りご覧いただくと分かる通り、

重要なポイントからご紹介していくので、気になる部分だけでもご覧ください。

「無印/Plus」とあるものは、iPhone 15とiPhone 15 Plusにだけある機能。
反対に「Pro/Pro Max」とあるものは、iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxだけの機能です。

USB-C搭載

iphone15-series-2

iPhone 15シリーズで最も注目されたのが、USB-C端子の対応です。
ついにLightning端子を卒業しました。

ただし僕は、そこまでここは重要ではないと思っています。
その具体的が下記。

USB-C端子になる重要度が低い理由
  • 理由①:USB-C端子になるメリットが多くない
    → Lightning端子のデバイスがある限りケーブルが減らない
    → データの転送が早くなるくらい(?)
  • 理由②:USB-C端子を使って、iPhoneと機材を接続する機会が少ない
    → 使う機材といったらマイクくらい(?)
  • 理由③:iPhone 15とiPhone 15 Plusの転送速度は遅い
    → かと言ってPro/Pro Maxとなると結構高い

だからこそ、USB-C対応というだけでiPhoneを買い替える必要があるかは微妙。

むしろ本質的に考えると、そこまでUSB-C端子の恩恵を受けられる方は多くないのでは、と思っています。
理由①・②については、以前の記事でもご紹介した通り。

そもそもiPhoneは、有線で何かと接続する機会がかなり少ないデバイスです。
最も大きな理由は、iPhoneが制作用途として向かないから。

画面の大きいiPadのUSB-C搭載と比較すると、iPhoneの用途は限られます。

そうなると、USB-Cが搭載する唯一の魅力は、転送速度の速さが残ります。
ただし、iPhone 15シリーズの中で仕様が異なるので注意が必要。

iPhone 15シリーズの転送速度
  • iPhone 15
    → USB 2(最大0.48Gbps)
  • iPhone 15 Plus
    → USB 2(最大0.48Gbps)
  • iPhone 15 Pro
    → USB 3(最大10Gbps)
  • iPhone 15 Pro Max
    → USB 3(最大10Gbps)

端子の見た目こそ同じですが、約20倍の違いがあります。
肩透かし感は否めません。

蛇足ですが、iPhone 15 Pro/Pro Max付属のケーブルは、USB 2(最大0.48Gbps)らしい。
USB 3なら無条件に良いとは言いませんが、15万以上のスマホなのにどうなのよ。

そもそも、日常的に使う仕事用途でもない限りは、AirDropで十分すぎる速さだと思っています。

全モデルでDynamic Island対応

iphone15-series-3

前作で好評だったと思われるDynamic Islandが、iPhone 15シリーズすべてで搭載されました。
iPhone 14シリーズから、搭載モデルを振り返りました。

スクロールできます
1515 Plus15 Pro15 Pro Max
iPhone 14シリーズ
iPhone 15シリーズ

ちなみに僕個人としては、ノッチが全て無くなったほうがいいと思っています。

iphone15-series-4

通知センターが拡張されたと思えば、使い方のイメージはしやすいと思います。
具体的には、こういった項目の評判が良好。

Dynamic Islandの表示項目例
  • 充電中のバッテリー表示
  • Bluetooth端末(AirPods等)の接続状況
  • 電話
  • 音楽系アプリ
  • ストップウォッチ・アラーム・タイマー

あれば便利ですが、これをメインに買い替えるほどでもない。

カメラ機能

iphone15-series-5

やはり今回も、iPhone 15シリーズでカメラが進化しています。

ただしiPhone 15シリーズで、3つに分割されていることに注意。
ざっと要点ごとに分けると下記。

スクロールできます
iPhone 15/15 PlusiPhone 15 ProiPhone 15 Pro Max
レンズの数233
広角レンズ48MP、ƒ/1.6絞り値48MP、ƒ/1.78絞り値48MP、ƒ/1.78絞り値
超広角レンズ12MP、ƒ/2.4絞り値12MP、ƒ/2.2絞り値12MP、ƒ/2.2絞り値
望遠レンズ12MP、ƒ/2.8絞り値
光学望遠は最大3倍
12MP、ƒ/2.8絞り値
光学望遠は最大5倍
光学ズーム倍率0.5倍、1倍、2倍0.5倍、1倍、2倍、3倍0.5倍、1倍、2倍、5倍
HDRHDR 5HDR 5HDR 5
Apple ProRAW非対応対応対応
ProResビデオ撮影非対応対応対応

まずは、iPhone 15/15 Plusのカメラです。
ざっとまとめると下記。

iPhone 15/15 Plusのカメラ
  • メインカメラのレンズ(広角レンズ)の画素数が48MPに底上げ
  • 光学ズームに2倍の望遠が追加
  • HDR 5に対応

iPhone 15シリーズは、全体的に画素数が向上しました。
前作のiPhone 14とiPhone 14 Plusは12MPだったので、その差は4倍。

iphone15-series-6

解像度が向上したことで、2倍の光学ズームが標準装備に。
iPhone 15/15 Plusでも使えるようになりました。

2倍ズームといえど、これだけ違います。

iphone15-series-7-2

iPhone 15 Pro/15 Pro Maxでは、更に進化しています。

こちらもまとめたものが下記。
※iPhone 15/15 Plusでご紹介したものは省略

iPhone 15Pro/15 Pro Maxのカメラ
  • 光学ズームに5倍の望遠が追加(Pro Maxのみ)
  • メインカメラの焦点距離を3種類から選択できる

最も大きな進化が、120mmレンズによる5倍の光学ズーム。
こんなズームがスマホで出来るって…。

iphone15-series-8
1倍
iphone15-series-9
5倍

ただしこれは、iPhone 15 Pro Maxのみです。
iPhone 15 Proは、前作と同じ3倍の望遠レンズ。

また、メインレンズの焦点距離を選択できるようになりました。
用意されているのが、24mmと28mmと35mmの3種類。

iphone15-series-10

メインカメラの解像度を、幅広い距離で使えるようになりました。

やはりカメラの進化は、iPhone 15 Pro/15 Pro Maxが圧倒。
ただ一方で、日常レベルでここまでのクオリティー必要?とも思いますが…。

ここまでご紹介しておいてアレですが、カメラにこだわるなら一眼カメラを推奨。
こだわれる項目が圧倒的に違うからです。

筐体の淡いカラー採用(15/15 Plus)

iphone15-series-11-2

本体ボディーに大きな変化はありませんが、カラーが大幅に変更されました。
カラーは全5種類。

iPhone 15/15 Plusのカラー
  • ブラック
  • ブルー
  • グリーン
  • イエロー
  • ピンク

前作のiPhone 14と比較するなら、全体的に淡いカラーが採用されましたことになります。

数年後は全部真っ白になってるのでは…。
とはいえこれだけカラーが増えても、ブラックが好き。

筐体チタン採用で軽量化し、ノッチは薄く(15 Pro/15 Pro Max)

iphone15-series-12

リーク通りiPhone 15 Pro/Pro Maxでは、ボディーにチタンが採用されました。

カラーは4種類。
iPhone 15 Pro/Pro Maxだけ、ノッチ(ディスプレイのフチ)が細くなりました。

iPhone 15 Pro/Pro Maxのカラー
  • ブラックチタニウム
  • ホワイトチタニウム
  • ブルーチタニウム
  • ナチュラルチタニウム

どのカラーも、かなり渋い。

チタン素材を採用するメリット・デメリットは、どういった部分にあるのでしょうか?
ざっとまとめると下記の通り。

iPhone 15にチタンを使う理由
  • 軽量化
  • 強度アップ
  • ただし、高い

最も期待したいのが、iPhone本体の軽量化だと思います。
大まかな仕様が変わらない、前作のiPhone 14シリーズとも比較してみました。

スクロールできます
1515 Plus15 Pro15 Pro Max
iPhone 14シリーズ172g203g206g240g
iPhone 15シリーズ171g201g187g
(チタン)
221g
(チタン)

20gほどの軽量化をどう思うかは人それぞれ。
ですが個人的には、もう少し無印/Plusに並んで欲しいと思いました。

iOS17を搭載

同じくOSも、新たな「iOS17」を搭載。
新機能をざっとまとめると、下記の通り。

iOS17の新機能
  • スタンバイ機能の追加
    → 充電中のiPhoneが便利に
  • ジャーナルアプリの追加
    → 日記をつけられるように
  • メッセージ系アプリの進化
    → ステッカーが自作できるように
  • 電話系アプリの進化
  • FaceTimeの進化
  • AirDropの進化(Namedrop)
  • その他

詳しくは、こちらの記事も参照ください。

価格はiPhone 15で12.5万〜、iPhone 15 Pro Maxで19万〜

次に価格です。
価格の差はこのようになっています。

iPhone 15シリーズの価格
  • iPhone 15(¥124,800〜)
    ↓ +¥15,000
  • iPhone 15 Plus(¥139,800〜)
    ↓ +¥20,000
  • iPhone 15 Pro(¥159,800〜)
    ↓ +¥30,000
  • iPhone 15 Pro Max(¥189,800〜)

こちらもiPhone 14シリーズと比較してみましょう。
まとめたものが下記。

スクロールできます
無印PlusProPro Max
iPhone 14シリーズ¥119,800〜¥134,800〜¥149,800〜¥164,800〜
iPhone 15シリーズ¥124,800〜¥139,800〜¥159,800〜¥189,800〜
(256GB)
差額+¥5,000+¥5,000+¥10,000+¥10,000
iPhone 15 Pro Max以外は128GBストレージの価格

ちなみにアメリカ価格では、iPhone 14シリーズとiPhone 15シリーズで同価格(799ドル〜)。
iPhoneが高いというよりも、円が安すぎというのが根本原因。

iPhone 14シリーズと変わっていない機能(バッテリー・ディスプレイ)

反対に、変化の無かった機能も少なくありません。
プレゼンではほとんど触れられていない部分ですが。

中でも進化してほしかったのは、下記のスペック・機能です。

  • バッテリー容量
  • ディスプレイの解像度
  • ディスプレイのリフレッシュレート120Hz対応
    (15 Pro/15 Pro Maxのみ対応)
  • 常時表示ディスプレイ
    (15 Pro/15 Pro Maxのみ対応)
  • マクロ写真撮影
    (15 Pro/15 Pro Maxのみ対応)
  • Apple ProRAW
    (15 Pro/15 Pro Maxのみ対応)
  • ProResビデオ撮影
    (15 Pro/15 Pro Maxのみ対応)

この通り、まだまだPro/Pro Maxにだけ続投している機能が多すぎ。

特に120Hzのリフレッシュレートは魅力的なんですが。
全てモデルで使えるのは、何年後になるのでしょうか…。

まとめ:iPhone 15シリーズを比較して、どれを買うべきか?

これまでの内容をまとめて、iPhone 15シリーズを比較してみましょう。
表にまとめました。

スクロールできます
1515 Plus15 Pro15 Pro Max
USB種類USB-C
(USB 2)
USB-C
(USB 2)
USB-C
USB 3
USB-C
USB 3
転送速度最大0.48Gbps最大0.48Gbps最大10Gbps最大10Gbps
ディスプレイサイズ6.1インチ6.7インチ6.1インチ6.7インチ
リフレッシュレート60Hz60Hz〜120Hz〜120Hz
常時表示非対応非対応対応対応
カメラレンズの数2233
光学ズーム倍率0.5倍、1倍、2倍0.5倍、1倍、2倍0.5倍、1倍、2倍、3倍0.5倍、1倍、2倍、5倍
Apple ProRAW非対応非対応対応対応
ProResビデオ撮影非対応非対応対応対応
チップA16 BionicチップA16 BionicチップA17 ProチップA17 Proチップ
本体素材アルミアルミチタンチタン
重量171g201g187g221g
価格128GB¥124,800¥139,800¥159,800
256GB¥139,800¥154,800¥174,800¥189,800
512GB¥169,800¥184,800¥204,800¥219,800
1TB¥234,800¥249,800

iPhone 15シリーズを買うべきなのか?待つべきなのか?
再度まとめると、下記の通り。

iPhone 15シリーズは買うべきか?
  • 「iPhone 15」か「iPhone 15 Plus」を買うべき人
    → 手頃な価格で新しいiPhoneに買い替えたい
    → USB-C端子に統一されると運用しやすい
    → 2倍の広角ズームが魅力
  • 「iPhone 15 Pro」か「iPhone 15 Pro Max」を買うべき人
    → 動画・写真の読み込みが多く転送速度は重視したい
    → リフレッシュレート120Hz欲しい
    → 画像・動画の撮影は、Apple ProRAWやProResビデオ撮影でこだわりたい
    → 望遠レンズを使う機会が多い
    → チタンの高級感あるiPhoneが欲しい
  • iPhone 15 Pro Max」を買うべき人
    → 5倍の光学ズームが使いたい
    → 全部盛りのiPhoneが欲しい

これらにビビッと来ない方は待つべき。
というのが結論です。 

USB-C(USB 3)端子・120Hzディスプレイ・常時表示、これくらいは全モデルに標準装備して欲しい。

そしたらiPhone買おうと思います。
果たして何年後になるのか…。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ジャンプできる目次