ライフハック 同棲

【経験談】2つのルールだけで同棲が快適になった【ルールはシンプルに】

2022-03-01

同棲を始めて2年が経って、同棲生活でストレスを感じることは殆ど無くなりました。
どうして無くなったのか振り返ってみると、お互いが一番楽しく暮らせるように最低限のルールを決めたことにありました

新しい環境での生活を始めると、実は気づかないところでストレスを感じてしまうものです。
そうならないためにも同棲にはルール決めが必要で、それさえ乗り越えられれば家事・炊事は半分になって、家賃も折半すれば非常に経済的です。

同棲するにはどのようなルールを決めておけばいいのでしょうか?
これから同棲を始める方や、すでに同棲しているけれど更にストレス無く同棲をしていきたいと考えている方向けに、具体的な内容も含めて解説していきます。

この記事の概要

  • 決めておくべきルールは2つだけ
  • 最低限のルール以外は、追い追いでOK
  • ルールその①:お金の管理ルール
  • ルールその②:家事の役割分担ルール
  • 家事そのものを根本的に減らす方がよっぽど重要
社会不適合者がブログで生活できないか実験しています。
脱サラしたのに、ダラダラと週3回くらいブログを更新中。
Twitter:こちら
YouTube(ラーメン二郎制覇中):こちら

ルールさえ決められれば、同棲はラクできる事ばかり

そもそも同棲は、楽しめれば非常に経済的で、お互いの考え方も豊かになれる素敵な手段だと思います。
そりゃ面倒なこともあるわけですが、同棲のメリットはかなり多いと思うんです。

同棲している方への「同棲してみてよかったと思うのはどんなことですか?」という調査では、このような結果が出ていました。

suumo-cohabitation-survey-2

参照:同棲カップル調査[6] 同棲してみてよかったのはどんなこと? | スーモジャーナル - 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト

楽しい・幸せ、みたいな気持ちの面でも勿論のこと、もっと現実的な同棲のメリットというものもあると思います。
同棲しているメリットは、具体的にこのような内容があるのではないでしょうか。

同棲のメリット

  • 家事が減る:上手に分担できれば家事は半分
  • 固定費が安くなる①:お互いが一人暮らしするよりも安い家賃で住める
  • 固定費が安くなる②:公共料金・ネット代は安くなる
  • 生活費が安くなる:自炊が増えれば食費も安くなる
  • 生活がラクになる:二人なら時短家電も買いやすい

ここに書いてある内容なんてものは、既に同棲されていれば実感されている方がほとんどかもしれません。
改めて見てみるとこれだけラクできることは多いのだから、心の余裕を持って最低限のルールだけ決めてしまえばOKと、私自身はあまり考えすぎないようにしています。

最低限のルール以外は何か起きてから決めればいい

まず前提として、同棲をされている方それぞれの環境があるので、誰にでも当てはまるキッカリとしたルールは無いでしょうね。
生活しているのが生まれた場所も違ったりする二人なので、それは尚さらです。

そう考えると、一気に全てのルールを決めてしまおうと勢いづくよりも、まずは最低限のルールだけを決めてしまうという方が、現実的ではないでしょうか
私の場合も生活を始めてみたいと決めきれないルールもあって、少し先の内容を書くとこのようなルールがそうでした。

  • 最初に決めた最低限のルール:お金の管理は共通の財布から支払う
    → キャッシュレスの方がお金の管理が簡単だと気付く
  • 途中で補足した追加ルール:支払いはクレジットカードとPayPayで支払う
    → 基本はクレジットカードかPayPayで支払って、これらが使えなければ現金で建て替えで支払うことに

簡単に管理できるようなルール・仕組みを一度作ってしまえば、最低限の手間でストレス無く生活同棲できるものです。
また、ルールといってもお互いが一人暮らしするよりもストレス無く、ラクに生活するためのものなので、二人でよく話し合ってから決めればトラブルが起きることも最小限になると思います。

これ以降では最低限決めておくべきルールを2つご紹介していきます。
また、私達がそれでも足りないと思って追加した補足ルールについても、まとめてご紹介する流れになっています。

 

同棲で最低限決めておくべきルールは2つだけ

一般的に決めておくべき最低限のルールというと、どういった内容でしょうか?
例えば、スーモジャーナルの調査によると、このようなルールを決めている方が多いようです。

suumo-cohabitation-survey-1

参照:同棲カップル調査[7] 同棲してみてストレスに感じるのはどんなこと? | スーモジャーナル - 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト

部屋・収納スペースの使い方は、結局のところ部屋しだいで何とも言えない部分ですね。
こちらの調査結果の1・2位を最低限決めておくべきルールとして、深堀りしていきます。

最低限決めておくべき同棲ルール

  • お金の管理方法
  • 家事の役割分担

特にお金の管理方法については、3人に1人以上がルールを設けている結果でした。
続いて、家事の役割分担についても、5人に1人以上という結果。

これから同棲を始めるという方は、あまり決めすぎずまずはこの2つのポイントだけを押さえるルールを考えましょう。
また、すでに同棲している方には、これからご紹介するルールを参考に何か役に立つアイデアや、具体的な方法がご参考になればと思います。

お金の管理ルール

いざ同棲を始めてみると意外に面倒なのが、お金の管理です。
自分ひとりの管理なら簡単かもしれませんが、同棲の場合は面倒なことが実はあります。

何度も実践してみた結論として、具体的なお金の管理はこういった流れにしました。

お金の管理ルール流れ

  1. 共通の銀行口座を作る
  2. 公共料金・家賃等の引き落としは共通の銀行口座に設定
  3. 生活費を支払うクレジットカードの引き落としは共通の銀行口座に設定
  4. 足りない金額は各自で毎月送金する

一見すると当たり前の内容じゃんと思うかもしれませんが、同棲の状態だとクレジットカードや銀行口座の管理が実は面倒くさいということがあります。
結婚していれば(名字が同じ同姓ならば)すぐに解決することが、同棲だと一筋縄にいきません。

特に面倒なのが家族カードで、同姓だと(主要クレジットカード会社を除いて)家族カードが作れないと考えておいた方がいいです。

家族カード一般的なクレジットカードとの違いはこれらの通りです。
各自で買い物をするのに、クレジットカードが2枚無いと不便ですよね。

同棲でクレジットカードを使う方法

  1. 家族カード:家族カードを2枚発行する方法 ←同棲だと発行できない
    → 名義は個人名義で請求先は会員になるので、1つの銀行口座で管理ができ簡単
  2. 家族カード以外の別名義クレジットカード:同棲している2人が各自でクレジットカードを発行する方法
    → クレジットカードの名義=銀行口座の名義となり、2つの銀行口座を管理する必要があり面倒
  3. 同じ名義で2枚目のクレジットカード:1人が2枚のクレジットカードを発行する方法
    → 貸し借りはNGなので、代理で使うことを前提とする

【2】の方法ならすぐにでもクレジットカード2枚を作成できますが、クレジットカードの名義がそれぞれ(別の名義)で別々で作成してしまうと、銀行口座が複数に分けれてしまって管理が一気に面倒になってしまうことがあります。
同棲では家族カードを作れなかったので、結果的に私達は【3】の方法で管理することにしました。

簡単にクレジットカードを2枚(デュアル発行)できる楽天カードを作成して、同じく当たらに開設した楽天銀行と結びつけることで楽天経済圏にどっぷり入ることになりました。
結果としては楽天市場の買い物が一気に安くなって、お米や水・炭酸水といったものを安くまとめ買いできるようになったのが非常にデカイ。

楽天経済圏

カード作成と口座開設で合わせて6,000ポイントを付与するキャンペーン中です。

クレジットカードの貸し借りは基本的にNGなので、代理で使うことを前提としましょう。
クレジットカード会社の規約や、もっと細かな使用方法についてはこちら(【家族カード以外】同棲でもクレジットカードを2枚作りたい【お金の管理】)で詳しく解説しています。

【家族カード以外】同棲でもクレジットカードを2枚作りたい【楽天】

好きな人と同棲を始めたからこそ、お金ののやり取りでトラブルを起こしてしまうのは悲しすぎる。 同棲で複雑になったお金の管理をするためには、シンプルな仕組み作りが大切ですよね。 そう考えていると発生する問題が、同棲の状態だと家族カードが作れない ...

続きを見る

この時作成するクレジットカードの名義は、公共料金の契約人などにすると、後に支払いする場面でも簡単になります。
多くの支払いでは、契約者の名義=支払いするクレジットカードの名義、となっている必要があります。

クレジットカードを作るだけでも、お金の管理は一気に快適になりました。
しかしながら、クレジットカードだけだと、実際には現金を使う機会が結構ありました

そこで、PayPayも使用することで、現金を使う機会がより減りました。

PayPayアプリ インストール

PayPayのアカウントは片方だけが持っている状態ですが、旅行先や外食先で使う機会が非常に多いです。
クレジットカードは使えないけどPayPayは使えるお店って、案外多いので助かりました。

家事の役割分担ルール

同棲しているカップルに起きるケンカの原因として、お金の管理に倍近い差を付けたのが家事の分担です。
ケンカの半分以上が家事の分担という、少し驚く結果が出てきました。

mynavi-cohabitation-survey-1

参照:必要なのはルールなんかじゃない! 男性目線で見つかった「同棲カップルのけんか」を解決できるもっとも簡単な方法とは?|「マイナビウーマン」

分担方法として考えられる方法として、最も簡単な分担方法はこれらの2だと思います。
また、これらの分担方法は、それぞれの家事で分けるのがポイントだと思います。

家事の分担ルール

  • やること別に分担:掃除・洗濯
  • 曜日別に分担:炊事

例えば我が家では、このように家事を分担しています。
もっと具体的に言うと、それぞれの家事はこのように分担方法です。

  • やること別に分担する家事
    例①:掃除は場所によって分担
    例②:洗濯は各々の分だけに分担
  • 曜日別に分担する家事
    例①:炊事は曜日と朝昼夜で分担

掃除の分担は場所ごとに分担するのが非常に有効です。

定期的に掃除することになると、そもそもあまり汚れていなくて掃除が適当になることもあります。
また、汚れている部屋や場所があれば、それを担当している人が掃除するというのも明瞭で、文句のつけようがありません。

炊事の分担方法としてよく聞くのが、早く帰ったほうが炊事するというもの。
これってかなり一人がストレスを溜め込んでしまいやすい危険なルールなのではないかと思います。

これに対して追加で補足したルールは、これら家事分担のルールを分かりやすく共有するということでした。
ルールを決めても、すぐに確認ができるような形で明確に共有しておくことが重要。

これは簡単で、2人ともiPhoneユーザーなら純正のメモアプリにまとめておくのがおすすめです。
我が家はこのような内容でまとめています。

cohabitation-housework-memo

純正のメモアプリから共有することで、ほぼリアルタイムに情報を共有できるので非常に便利です。
同じように、足りない食材や日用品を気付いた時にまとめておけば、買い忘れも一気に減りますよ。

iPhoneユーザーでなければ、Googleカレンダーや無数にリリースされているカップル向けアプリでOK。
手段はともかくとして、スマホ等でいつでも確認できる共有ルールは必須かと思います。

 

いくらルールを決めても、同棲でイライラは起きる

ここまでの内容で最低限決めておくべきルールについて、ご紹介してきました。
ただし、ルールを決めてルールを決めるよりよっぽど重要ことは他にもあって、例えばこのような内容です。

  • 同棲で起きがちなイライラは、時短ガジェットで根本から断つ
  • 時間と心の余裕を作って、自炊や外出で二人の時間を増やす

要するに、お互いにとって良い循環を、同棲生活で作り出していくことが非常に重要です。
とにかく自分たちの時間を作れば、心の余裕もできて無駄にイライラしてしまうことも減ると思います。

それとは反対に、時間に追われてファストフードばかり食べてたら、栄養バランスを確保できずに寝起きが悪くなったりしてしまいます。
仕事中に眠くなったりして集中が続かないなど、一度始まった負のループまっしぐら。

同棲で起きがちなイライラは、時短ガジェットで根本から断つ

イライラする家事を上手に分担することは大切ですが、そもそもイライラする事は少しでも省力化しましょう。
数万円の家電で、少し驚くくらい生活がラクになりますよ。

毎日5分かかっているお皿洗いには年間で30時間近く、毎週10分かかっている掃除には年間で20時間近くもの時間をかけている計算になります。
何が言いたいかと言うと、分かりやすく時給1000円に換算してみても年間にすると結構な時間を捨ててしまっているということです。

私自身も無心で家事をしたりするのもかなり好きなタイプなのですが、こうやってブログを書いたりすることができたのも時間と余裕の象徴だと思います。
こういった時短ガジェットを買わないだけでも、毎日の活動できる時間に差が付いてしまうのは結構残酷で勿体ないことだと思ってしまうのです。

手軽なものが沢山あるからこそ、コストパフォーマン良く生活を改善できてしまうものだけでも導入を考えていいかもしれません。
私が最も重宝しているのがこちらのアイテムで、2〜3万円ほどで購入できるコスパの良いものを集めてみました。

コスパ高めの時短ガジェット

先ほどの時給換算で考えてみると、1年ほどでペイできてしまう時短ガジェットです。
それぞれ使用レビューは詳しく書いておりますので、これらも参考までにどうぞ。

anker-eufy-robovac-11s-review-top
【比較】Eufyは11Sで十分すぎた理由【最安モデルでOK】

Eufyシリーズといえば、Ankerのリーズナブルで機能的なロボット掃除機。 ざっと数えただけで10モデル程が発売されていて、どれを買ったら良いのかよく分からない方も多いのでは。 私が2年以上愛用しているのはEufyシリーズでも最安モデルの ...

続きを見る

1-thanko-rakua-STTDWADW-3
【分岐水栓いらず】サンコーの食洗機ラクアで明日から生活改善

食洗機というと、なんだか裕福な大家族だけが使うものというイメージ。俺なんかに食洗機はまだ早い…と思っていましたが、実はそんなことはない。 今回食洗機を導入することで改めて、皿洗いってこんなにストレスのあることだったんだ…と感じる日々です。 ...

続きを見る

こういった家電は、一人暮らしで購入するにはサイズが大きかったり、初期投資が気になったりしてしまいますよね。
ただ、同棲していると少し広めの部屋になったり、二人で折半して買えば負担する一人あたりの金額も安く買えてしまいます。

これ以外にも、何かイライラする内容があったらすぐに根本的に排除するようにしています。
詳しくはこちら(同棲で起きるイライラを3年かけて無くした話【家事は根本的に排除】)でも、もっと詳しく書いています。

cohabitation-housework-irritated-top
【同棲歴3年】イライラを根本的に無くす方法【具体例6つで紹介】

念願だった同棲も、少し時間が経つとついついイライラする事が増えてきますよね。 同棲といっても相手は血の繋がっていない他人には違いなく、考えていることが違うのも当たり前。 けれど一度慣れてしまったら同棲は楽しいし、キチンと家事をシェアしたりす ...

続きを見る

家事を根本的に無くす一例を挙げると、朝食は完全食のベースフードというものに置き換えて、手を抜ける食事は手を抜くようにしたりしています。
時短家電だけでなく、日々のルーティングから生活の質を上げたい方には、こちら(【2021】生活を豊かにする13のガジェット類【買ってよかった】)も参考になるかと思います。

bestbuy-everyday-2021-top
【2022年】生活を豊かにする13のガジェット類【買ってよかった】

時短ガジェットで自分の時間を少しでも増やし、自分の時間を多く使うものには積極的に投資し、毎日をより健康的に暮らす。 そして、上記で手に入れた時間を発展させて、あわよくば自由度の高い仕事にシフトしていく。 これが日常生活を豊かに、充実的に暮ら ...

続きを見る

そもそも

完全栄養食って、どんな食べもの?

1日に必要な栄養素の1/3をすべてとれる食品です※。いそがしくて自炊ができないときでも、かんたんにおいしく栄養がとれます。
※栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、全ての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。
BASE FOOD Q&A よくある質問

時間と心の余裕を作って、自炊や外出で二人の時間を増やす

そもそもの家事を無くしてしまうことで生まれるのは、時間だけではありません。
その時間をゆったり使うことができる心の余裕もまた、時間と同じくらい欲しいものですよね。

余裕が無いからイライラしやすいし、夜もすぐ寝付けない、そんな一面もあると思います。
栄養バランスの不調で人は怒りっぽくなってしまうということは、科学的にも一般的なものとなっているようです。

【精神科医が教える】すぐに怒る人、いつも穏やかな人の違いは、環境なのか遺伝なのか?【書籍オンライン編集部セレクション】 | 精神科医が教える後悔しない怒り方 | ダイヤモンド・オンライン
【精神科医が教える】すぐに怒る人、いつも穏やかな人の違いは、環境なのか遺伝なのか?【書籍オンライン編集部セレクション】 | 精神科医が教える後悔しない怒り方 | ダイヤモンド・オンライン

diamond.jp

これは私の実体験ではありますが、同棲生活が上手くいって自分の時間を増やせたことで毎日に余裕ができて、より満足したものになった気がしています。
気が向いたらする程度だった自炊も、かなり頻度が高くなってきました。

すると生活費が安くなって、東京の23区内に住んでいながら固定費が一人あたり6.5万円ほどで、食費等も含めた生活費は一人あたり13万円ほど
少なくとも都内一人暮らしよりは安くて、それぞれの内訳はこちらで、

工夫している節約ポイントも含めて、それぞれ解説しています。
改めて同棲は、若者でも都内で豊かに生活できる非常に有意義なライフスタイルだと実感できると思います。

top
【生活費10万円】同棲で都心を十分に暮らせる生活費の内訳・コツ

高い高いと言われている東京の家賃。 少し背伸びをしてでも、若いうちに都心に住むのが人生後悔しないためにもおすすめ。 都心にコスパよく住むには、同棲なら簡単に賢く生活できる。 同棲して約2年になりますが、目黒区で1人あたり月10万円の生活費で ...

続きを見る

【固定費】同棲でかかる1年間の固定費は?【26歳が東京で同棲したケース】

同棲を始めてから丸2年が経っていて、引っ越してすぐに買いたかった物も一通り購入して生活も安定してきました。 特に私のような20代の若者にとって、同棲は非常に経済的な生活スタイルだと思います。 実際のところ2021年の固定費は2人分で月平均1 ...

続きを見る

これらで経済的に生活できれば余ったお金は貯金もできますし、もっと時短を極めたいならドラム式洗濯機のように少し高いアイテムを買うのもアリですね。
このように、時間と心の余裕を手に入れるだけで、生活を改善するサイクルを手軽に始めることができます。

 

同棲で決めるべきルールは、まずは2つだけでOK

改めて、これまでの内容を振り返ってみるとこのような内容でした。
無理にルールを作りまくると、自分たちの首を締める結果になってしまいがちです。

シンプルに、最低限だけルールを作って、あとは日々少しずつ改善していけばOKです。

この記事の概要

  • 決めておくべきルールは2つだけ
  • 最低限のルール以外は、追い追いでOK
  • ルールその①:お金の管理ルール
  • ルールその②:家事の役割分担ルール
  • 家事そのものを根本的に減らす方がよっぽど重要

同棲相手といっても、言ってしまえば他人です。
あまり期待はせず、お互いに妥協点を見つけるのが同棲生活ですね。

内容が参考になれば幸いです。

 

【記事まとめ】生活費は10万円ほど、同棲して東京で暮らしています

2022/9/2

【実体験】高校で不登校になったけど、今でも後悔はしていない話

このブログを書いているのが2022年9月1日で、今年も9月が始まった。 この時期になると必ず思い出すのが、高校を不登校になった10年近く前の経験。 当時は自殺こそ考えなかったものの、無気力で絶望感だけが体を支配していたのを今でも思い返す。 間違いなく今までの人生で一番どん底だったものの、その時の自分に後悔していたかというとそんなことは無い。 むしろ、不登校時代があったからこそ今の自分があると思っている。 ありきたりの言葉ながら、この頃に自分の考え方がある程度決まったというのは本当だ。 そもそも不登校になっ ...

ReadMore

2022/8/31

【プロテイン】ザバスのおすすめはリッチショコラ味【初心者にも】

数年間プロテインを飲み続けて気付いたのが、プロテインには不味いものが多いということ。 良薬口に苦しを盲信して耐え続けるのもいいですが、毎日のように飲むなら少しでも美味しいプロテインが飲みたい。 そんな方に向けて、本日も生活改善情報をお届けしたい。 いくつも試してたどり着いたのが、日本で一番選ばれているザバスというブランドのプロテイン。 中でもリッチショコラ味がおすすめで、断トツで美味しいプロテインだったのでご紹介します。 明治 ザバス ホエイプロテイン100 created by Rinker ...

ReadMore

2022/8/31

【行きにくい】ガリガリがジムに行ってみて分かった事【あれ、余裕だ】

27年間をガリガリとして生きてきましたが、旅行に行っても体力は無いしですぐ疲れる。 「いやいや、今後も考えると、ガリガリは損だな…」と思い、ジムに通うことにしました。 ジムに行く前の私は、「ジムに行くのが趣味なムキムキ日焼け男」が最も嫌いなタイプの人間。 ガリガリな体を見せるのが恥ずかしいだけでなく、ジム通いとは程遠い性格な気すらしていました…。 ガリガリはジムに行きにくい? 恥ずかしい思いをしない? しかしながら、実際ジムに行ってみると、そんなムキムキ日焼け男はほとんどいない想像上の生き物だった。 どれ ...

ReadMore

2022/8/21

【アムウェイ】騙されたフリして勧誘を受けてみた【情弱向けビジネス】

「起業するから手伝って欲しい」 友人にそう言われて付いて行ったら、結果的にアムウェイの勧誘を受けてしまった。 アムウェイと言えばネズミ講・マルチ商法など、最悪のイメージを持っている方がほとんどだと思います。 さて、そんな最悪のイメージを、どうやって営業トークで勧誘していく? そんな好奇心があって、騙されたふりをしながら一通りの勧誘を受けて感じたことを書きたい。 結論から言うと、アムウェイは無教養で中身が空っぽな、情弱向けのビジネスだと個人的には感じた。 アムウェイは稼げない訳ではないかもしれないが、他のビ ...

ReadMore

2022/7/21

【無印良品】折りたたみ傘と長傘のいいとこ取り【2通りにたためる】

傘がキライ。 某ジブリの化け物が葉っぱを傘にしているシーンは有名ですが、21世紀にして人類はそれと大差ない傘を使っています。 また、調べてみれば分かりますが、日本は雨の降りやすい国という現状で、雨の日も傘もどんどん嫌いになっていく。 少しでも雨の日の生活改善を図るためには、高機能な傘を使うのが手っ取り早いです。 こだわりのアイテムを求めて紆余曲折した結果、無印良品の「2通りにたためる 折りたたみ傘」という商品に行き着きました。 無印良品で発売されている折りたたみ傘はたくさんありますが、折りたたみ傘と長傘の ...

ReadMore

1人あたりの生活費は10万円ほど、生活費・固定費の内訳を詳しく書いています。

top
【生活費10万円】同棲で都心を十分に暮らせる生活費の内訳・コツ

高い高いと言われている東京の家賃。 少し背伸びをしてでも、若いうちに都心に住むのが人生後悔しないためにもおすすめ。 都心にコスパよく住むには、同棲なら簡単に賢く生活できる。 同棲して約2年になりますが、目黒区で1人あたり月10万円の生活費で ...

続きを見る

【固定費】同棲でかかる1年間の固定費は?【26歳が東京で同棲したケース】

同棲を始めてから丸2年が経っていて、引っ越してすぐに買いたかった物も一通り購入して生活も安定してきました。 特に私のような20代の若者にとって、同棲は非常に経済的な生活スタイルだと思います。 実際のところ2021年の固定費は2人分で月平均1 ...

続きを見る

お金の管理方法や、生活の工夫についても書いています。

【家族カード以外】同棲でもクレジットカードを2枚作りたい【楽天】

好きな人と同棲を始めたからこそ、お金ののやり取りでトラブルを起こしてしまうのは悲しすぎる。 同棲で複雑になったお金の管理をするためには、シンプルな仕組み作りが大切ですよね。 そう考えていると発生する問題が、同棲の状態だと家族カードが作れない ...

続きを見る

【経験談】2つのルールだけで同棲が快適になった【ルールはシンプルに】

同棲を始めて2年が経って、同棲生活でストレスを感じることは殆ど無くなりました。 どうして無くなったのか振り返ってみると、お互いが一番楽しく暮らせるように最低限のルールを決めたことにありました。 新しい環境での生活を始めると、実は気づかないと ...

続きを見る

 

【定番記事まとめ】Macひとつでブログを始めて、生活できるまで

2022/8/12

【全て無料】Macでのブログ運営におすすめのアプリ10選

M1 MacBook Airひとつでブログを運営しています。 ブログを運営するために使っているアプリのほとんどは無料ですが、今はブログだけで生活中。 機能豊富な有料アプリも試しましたが、シンプルでミニマルなスタイルが好きなので無料アプリに戻ってきました。 これさえ使っていればブログの運営は間違いない、というブログ運営の基礎になるアプリを一通りご紹介します。 使い方や設定まで細かく書きますので、インストールしてすぐに使えるまでサポートします。 ブログ初心者の方なら、10つのアプリを一通りインストールして使っ ...

ReadMore

2022/8/22

【実験】ブログで生活できるまでの収益まとめ【19ヶ月かかった】

正攻法でブログを続けたら、どれくらいで生活できるレベルまで到達できるのでしょうか? 素朴にそう考える方に向けて、私自身に人体実験を仕掛けてみました。 結論としては、完全無知の状態でブログを始めて、このブログ記事を書いている19ヶ月ほどかかりました。 私個人の印象としては、ブログで稼ぐのはさほど難しくないし、私なんかよりやる気のある方なら1年もあれば十分だと思いました。 この記事の概要 19ヶ月間で72記事を書いてブログで生活できるようになった ブログで生活できるまでの収益推移 ブログで生活するのは思ってい ...

ReadMore

2022/8/30

【Macでブログ】4つの手順で分かるブログの始め方【初心者向け】

Macを持て余している気がして、それとなく始めたブログ。 ブログを始めて2年目ですが、ブログの収入だけで生活しています。 MacがYouTubeとTwitterを消費するだけのマシンになっているなら、とりあえずブログを始めてみるというのも手です。 ブログにかかる費用は月¥1,200程度ですが、収益は半年で¥3万円/月まで伸びて、1年半で¥10万/月を突破しました。 ぼんやり何か副業を始めてみたいけど何が良いか分からん、という方はまずブログで良いのではと個人的には思います。 そもそも、万人がブログを始めるべ ...

ReadMore

2022/3/24

ラッコキーワードだけで検索ボリュームを調べる方法【ただし有料】

検索ボリュームの調査が大切なのは、検索されて記事が読まれるブロガーにとって当たり前の認識だと思います。 検索ボリュームを調べるツールとして、以前まで私はキーワードプランナーを使っていましたが、無料だと検索ボリュームはざっくりしか分かりません。 例えば月間検索ボリューム「1万〜10万」や「1000〜1万」と大まかにしか出てこず、ブログを本気で続けていこうと考えている方にとって、情報が中途半端です。 またキーワードプランナーは、広告費用をいくらかければ詳細データが見られるようになるのかGoogleから公表され ...

ReadMore

2022/3/24

【月間1万PV】ブログを着実に伸ばす方法3つ【結論:読者ファースト】

ブログを始めて約1年、ようやく月間1万PVに到達しました。 まだまだ初心者の域を出ていないと言われてしまうかもしれませんが、月に1万回読まれてるって冷静に考えるとスゴい。 続けてきた感触としても良好で、これからやるべき事や効率よく成長するためのコツについても掴み始めている実感があります。 しかしながら実際は、月間1万PVのブログはドメインパワーも中途半端で、これからどのような内容でブログを大きくしていくかも含めて悩みどころではないでしょうか。 そこで今回は、今後のブログで迷走しないためにも、PVと収益を着 ...

ReadMore

手元にあるMacやPC、簡単なネットサーフィンしたりするだけで無駄にしてしまっていませんか?

せっかくなら有効活用したり、情報を発信する側に立ってみるのも手です。
私は会社員がジリ貧だと思ったので、着々と収益を増やせる副業としてブログを始めました。

必要なのはドメインとサーバーの計¥1,235/月程度の費用だけで、今はブログを書くだけの生活です。
Macひとつあれば、ブログは簡単に始められます。

【Macでブログ】4つの手順で分かるブログの始め方【初心者向け】

Macを持て余している気がして、それとなく始めたブログ。 ブログを始めて2年目ですが、ブログの収入だけで生活しています。 MacがYouTubeとTwitterを消費するだけのマシンになっているなら、とりあえずブログを始めてみるというのも手 ...

続きを見る

プログラミングスキルも、ライティングスキルもありませんでしたが、2年目でブログだけで生活できるようになりました。
過去の収益はまとめて公開しています。

【実験】ブログで生活できるまでの収益まとめ【19ヶ月かかった】

正攻法でブログを続けたら、どれくらいで生活できるレベルまで到達できるのでしょうか? 素朴にそう考える方に向けて、私自身に人体実験を仕掛けてみました。 結論としては、完全無知の状態でブログを始めて、このブログ記事を書いている19ヶ月ほどかかり ...

続きを見る

使っているWordPressテーマはAFFINGERです。

affinger-beginner-top
初心者こそAFFINGER6を使うべき理由【人一倍モチベを維持する】

WordPressでブログを始める初心者にとって難しいのが、どんなブログテーマを使うか?という問題。 私みたいなこれからブログを始める初心者や、まだ始めて数ヶ月という方にとって、有料のブログテーマを導入すべきなのかは悩ましいところです。 ア ...

続きを見る

これからMacを買ってブログを始めるという方には、M1 MacBook Airが最もコスパもよくオススメです。
使っているアプリ等もほとんど無料のものです。

【ブログPCの最適解】MacBookがあったから続けられた理由・機能5つ

これからブログを始めたり、本格的にブログ更新を継続しようとすると、せっかくならブログに最適なPCを使いたくなりますよね。 一つの記事で何千文字も文字を入力する面倒くさすぎるブログは、継続し続けるのが本当に難しい副業に違いありません。 ブログ ...

続きを見る

【全て無料】Macでのブログ運営におすすめのアプリ10選

M1 MacBook Airひとつでブログを運営しています。 ブログを運営するために使っているアプリのほとんどは無料ですが、今はブログだけで生活中。 機能豊富な有料アプリも試しましたが、シンプルでミニマルなスタイルが好きなので無料アプリに戻 ...

続きを見る

-ライフハック, 同棲