\ ポイント最大11倍! /

【高い】M2 MacBook Airを買うべき人は?【用途別まとめ】

  • URLをコピーしました!

ついにM2チップ搭載MacBook Airが発売されました。
これを待ち望んでいた方も、かなり多かったはず。

しかしよく見てみると、かなり高い気がしてきます…。
とは言っても欲しくなる、M2 MacBook Airの一新したデザイン。

M1チップやM2チップの性能比較もしながら、今買うべきMacについて考えていきましょう。

主に、こういった状況でお悩みの方向けの内容になっています。
M2 MacBook Airの詳細な仕様もまとめていますので、スペックの比較をして深く検討するためにもお役立てください。

この記事の概要
  • M2 MacBook Airは買いなの?
    → コスパは正直ビミョウ
    → だけどデザイン良いし、大体のことはこれで出来る
  • もっと具体的に、どんな人が買いなの?
    → やりたい作業する用途別にまとめました
  • 初めて買うMacとして大丈夫?
    → 大丈夫。少し安いM1 MacBook Airでも良し
  • 学生向けのMacとして大丈夫?
    → 大丈夫。少し安いM1 MacBook Airでも良し
ジャンプできる目次

結論:やたらと高いM2 MacBook Airの立ち位置は微妙

m2-macbook-air-review-1

やたら冗長で長ったらしいブログは嫌いなので結論からご紹介しましょう。
M2 MacBook Airはちょっと微妙、というのが個人的な印象です。

詳しい理由は後にご紹介するとして、ざっくりその理由をまとめると下記。

M2 MacBook Airがビミョウな理由
  • M1チップとM2チップで、性能はそこまで進歩していない
  • M2チップよりもM1 PROチップの方が高性能
  • MacBook Airのくせに高い
  • 結局M2 PROチップとかが出て以降のMacも高くなりそう

コスパ悪めだけどデザインはカッコいいという、悩みのサイクルに入りかけます。
出来ることは大体M1 M1 MacBook Airとそこまで変わらないので、コスパを求めてそちらを買うのもアリです。

ただし全くダメかというとそうでも無くて、デザインが好きな人にはM2 M1 MacBook Airも全然アリ

もっと具体的にしていくと、読者の方々によって用途は異なると思います。
これ以上は、以降の内容を読んで検討いただくのが間違い無いかと思います。

M2 MacBook Airのスペック

m2-macbook-air-review-2

まずは簡単に、M2 MacBook Airのスペックについてポイントごとに簡単に確認してみましょう。
それぞれの要点を簡単にまとめたものが下記の内容です。

M2 MacBook Airのポイント
  • M2チップ搭載
  • M2チップはメモリ・GPUの増設が出来る
  • M1 MacBook Airよりディスプレイが地味に大きくなった
  • デザインはMacBook Pro 14,16インチに近い角張ったデザイン
  • カラーバリエーションも新しくなった
  • MagSafe充電が復活
  • フロントのFaceTimeカメラが1080p対応

それぞれ見てみましょう。

待望のM2チップ搭載

m2-macbook-air-review-2-1

ついに出た。
一昨年の2020年から使われているM1チップが、M2になってアップグレードされました

ただこのM2チップ、性能がメチャクチャに良いかというとそうでもありません。
具体的には、M1 < M2<M1 PROという性能です。

このあたりは、「M1チップとM2チップのスペック比較」の項目で詳しくご紹介しましょう。

M2チップはメモリとGPUが増えた

m2-macbook-air-review-2-3

新たなチップの発売によって、以前のMacBook Airより増設できる範囲が広がりました。

もっともカスタマイズできるのはメモリだけですが、最大24GBまでのメモリが増設可能です。
M1 MacBook Airの最大メモリは16GBなので、これによる物理的パフォーマンスも上がります。

また、グラフィックを司るGPUについても、MacBook Airの最大8コアから最大10コアに変化しました。

Airも四角いデザインに一新して、カラー新しくなった

m2-macbook-air-review-2-4

最も目立つ変化として、デザインの大幅な刷新がなされました。
これがかなりカッコいい。

以前のM1 MacBook Airは丸みのある形でしたが、M2 MacBook Airでは角張ったデザインに変化しています

M1 MacBookProの14・16インチモデルに寄せる格好となりました。
機体は角ばっている方が部品を効率的に詰め込めるので、好き嫌いあるデザインかもしれませんが実用的ではあります。

またカラーも新しくなって、今までM1 MacBook Airで使われていたゴールドが消滅。
新たに「ミッドナイト」と「スターライト」というカラーが追加されて、カラーは全4色

m2-macbook-air-review-2-4-2
左上がミッドナイト、右上がスターライト

オタクなのでミッドナイトが個人的には好み。

重量はというと、なんとM1 MacBook Airよりも若干ながら軽く(重量1.29kg→1.24kg)なりました。

しかもM1 MacBook Airよりも厚みも細く(最大高さ1.16cm→1.13cm)なっています。
デザインは好みにすぎませんが、重さや厚みという面でも進化していることが分かります。

ディスプレイが0.3インチ大きくなった

m2-macbook-air-review-2-2

ディスプレイも地味に大きくなりました。

以前のM1 MacBook Airは13.3インチなので、気持ち大きくなっただけではありますが…。
13インチと単純計算で比較すると、タテに0.3cmくらい、ヨコに0.5cm大きくなるというイメージ

ベゼル部分のデザインもM1 MacBookProの14・16インチモデルを踏襲するベゼルレス(?)となりました。

こちらも上部のカメラ部分のみベゼルがあって不格好な気もしますが。
ディスプレイの見にくさは、メニューバーを表示しているとあまり気にならないようになっています。

m2-macbook-air-review-2-2-1

これだけ要素が詰まって、M1 MacBook Airより若干ながら軽くて薄いのは素直にスゴい。

MagSafe充電が復活

m2-macbook-air-review-2-5

MagSafe充電に対応しました。

しかし、Appleシリコン(M1〜M2Mac)はとにかくバッテリー持ちがいいのが特徴。
個人的には、この機能は特に無くてもいいかなと思っている立場です。

わざわざ外にMagSafe充電器を持っていくのも少し面倒ですよね。

FaceTimeカメラが1080p対応

m2-macbook-air-review-2-6

これは素直に嬉しい方も多いのではないでしょうか。
以前のM1 MacBook Airは古代より伝わる720pでしたが、ようやくM2 MacBook Airも1080p対応しました

と言っても、新たに発表されたmacOS Venturaの新機能に打ち消されそうな気もしてます。
簡単にご紹介すると、Macでの通話でiPhoneをウェブカメラとして使える機能です。

m2-macbook-air-review-2-6-1

しかも、MacとiPhoneはワイヤレスで連携できるとのこと。
文字にしてみると、自分でも何を書いているのか分からなくなってくるくらい革新的な機能。

iPhone単体で使えるステージ照明や、ポートレートモードも使えるようで有能が過ぎる。
ヒドい画質なのに高評価のウェブカメラが軒並み無くなりそうで元気が出ます。

極めつけはデスクビューなる、手元の映像を撮影することもできるようです。
謎技術ながらスゲェ。

m2-macbook-air-review-2-6-2

上記が公式サイトでiPhoneは正面で人物を撮影している気がしますが、なぜか手元も撮影できています。

M1チップとM2チップのスペック比較

m2-macbook-air-review-4-

さて、新しく発表されたM2チップのスペック比較をしていきます。
とは言え、数値ばかりで読むのも面倒だと思うので、CPUGPUをひと目で比較できる表にまとめました。

スクロールできます
M1M2M1 PROM2 PROM1 MAXM2 MAXM1 ULTRAM2 ULTRA
CPU最大コア数最大8コア最大8コア最大10コア最大12コア最大10コア最大12コア最大20コア最大24コア
シングルコア
スコア
2,3502,6312,3772,6432,4022,8032,3842,767
マルチコア
スコア
8,3899,74212,20414,25312,43214,80917,81421,316
M1チップより
何倍早い?
約1.16倍約1.45倍約1.7倍約1.48倍約1.77倍約2.12倍約2.54倍
GPU最大コア数最大8コア最大10コア最大16コア最大19コア最大32コア最大38コア最大64コア最大76コア
Open CLスコア20,18527,88740,37950,27767,99086,04292,451128,608
M1チップより
何倍早い?
約1.38倍約2倍約2.49倍約3.37倍約4.26倍約4.58倍約6.37倍
スコアはGeekbench 6を参照

こうやって見ると、M2チップ搭載Macの性能ははそこまで高いわけじゃない

というのは以前の記事でも書いた通りですね。
詳しくはこちらの記事も参照ください。

M1・M2チップ搭載Mac、どっちを買うべき?

m2-macbook-air-review-3

スペックが分かったところで、結局M1チップ・M2チップの中でもどっちを買うべき?
どんな作業をする人ならどんなMacを買うべき、という具体的な視点でまとめました。

M1とM2、用途別の買うべきはどっち?
  • テキスト作業がしたい
    → M1 MacBook Air
  • DTMがしたい
    → M1 MacBook Air
  • 簡単な動画編集がしたい
    → M1 MacBook Air
  • 複雑な動画編集がしたい
    → M2 MacBook Air、M1 Proチップ MacBook Pro
  • レトロっぽいゲーム(ゲーム実況)がしたい
    → M1 MacBook Air
  • 本格的なゲーム(ゲーム実況)がしたい
    → M1 Proチップ MacBook Pro以上(あとは予算と相談)
  • intel Macから乗り換え
    → M1 MacBook Air
  • 初めてMacを買う学生
    → M1 MacBook Air
  • 結論:ほとんどの人はM1 MacBook Airで十分

ということで、ほとんどのユーザーであればM1 M1 MacBook Airで十分です。

その理由は、無印M1チップの性能は非常に強力だから。
そもそもM1チップとM2チップの差がそこまで大きくありません。

僕自身M1 MacBook Airを使っていますが、ゲームを遊ぶことだってそこそこ出来てしまいました。

Mac対応ゲームは少ないイメージかも知れません。
ですが実際のところ、Mac対応の楽しいゲームはたくさんあったので皆様に知っていただきたい所存。

それでも遊べるゲームが少なく感じる方は、Parallels Desktopという仮想化アプリでWindowsを動かすのも手です。
実際に遊べたゲームを検証しています。

セール情報

MacでWindowsが動くアプリParallels Desktopが、セール開催中。
定期的に開催される10%セールよりも安いのでお見逃し無く。

  • 割引率:15%オフ
  • 対象期間:2024/03/01まで

まとめ:デザインがすきならM2 MacBook Airもアリ

m2-macbook-air-review-5

これまでの内容を振り返ります。
下記の通りでした。

この記事の概要
  • M2 MacBook Airは買いなの?
    → コスパは正直ビミョウ
    → だけどデザイン良いし、大体のことはこれで出来る
  • もっと具体的に、どんな人が買いなの?
    → やりたい作業する用途別にまとめました
  • 初めて買うMacとして大丈夫?
    → 大丈夫。少し安いM1 MacBook Airでも良し
  • 学生向けのMacとして大丈夫?
    → 大丈夫。少し安いM1 MacBook Airでも良し

スペックも十分すぎるほどなので、買って損することはないかと思います。
ただ少し高い印象も受けるのがM2 MacBook Airでした。

もっとコストパフォーマンスを重視したい方は、M1 MacBook Airという選択肢が合っていると思います。
っていうか、性能はこれで十分すぎ。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ジャンプできる目次