iPhone ガジェット

【iPhone SE3】いらない指紋認証、コスパも悪い【ホームボタン不要説】

2022-03-14

ホームボタンに指紋認証機能(Touch ID)を搭載していて、片手に収まるサイズ、それでいてコスパも良い
こんなiPhoneを追い求めてiPhone SE3に期待していた方は多いのではないでしょうか。

しかしながら今回発表されたiPhone SE3、調べれば調べるほどに買うべきでないことが分かってくる。
個人的な結論としては、iPhone SE3は時代遅れの在庫一掃セールなのじゃないかと思えてくる性能。

ホームボタンが搭載されているからと、仕方なく買おうとしている方も後悔するiPhoneとなりそうです。
iOS15.4でマスク着用時にもFace IDが使える今、いらないホームボタンが搭載しているiPhone SE3は、老人向けiPhoneに成り代わってしまった。

これからiPhone SE3を買おうとしている方、発表を見てどのiPhoneを買おうか迷っている方など、情報提供になればと思います。

iPhone SE3のざっくり解説

  • 処理速度は最速(プロセッサー)
  • 指紋認証機能(Touch ID)付きホームボタンはもういらない
  • ディスプレイは5年近く前のゴミ性能
  • カメラも5年近く前のゴミ性能
  • iPhone SE3は、ディスプレイとカメラはこだわらない人向け
  • 差額の2万円を出してiPhone 12miniを買ったほうが幸せ
社会不適合者がブログで生活できないか実験しています。
脱サラしたのに、ダラダラと週3回くらいブログを更新中。
Twitter:こちら
YouTube(ラーメン二郎制覇中):こちら

 

iPhone SE3は正直ビミョウ

待ちに待ったiPhone SEシリーズの新作発表
iPhone SEシリーズに我々が望んでいた事と言えば、これらのような内容ではないでしょうか。

iPhone SE3への期待

  • コスパの良いiPhoneが欲しい
  • 片手に収まる使い勝手の良いiPhoneが欲しい
  • ホームボタン付きのiPhoneが欲しい

そんな中で今回発表されたiPhone SE3、結果的にこれら期待をかなりの割合で裏切る内容となってしまいました。
しかしながらiPhone SEシリーズのデザインやサイズ感等を望んでいた方も多いようなので、一定数の方々には有り難いiPhoneなのかもしれません

iphone-se3-survey

iPhone SE3(第3世代)の最新情報まとめ!発売日とスペックを紹介│スマホのススメ

デザインやサイズ感以外で比較してしまうと、実はあまりコスパの良いiPhoneではない
iPhone SE3のコストパフォーマンスについて、その特徴を確認しながらみていきましょう。

 

iPhone SE3のスペック

今回発表されたiPhone SE3には新機能は無くて、これまでのiPhoneで使用されてきたスペックが散りばめられているというイメージが分かりやすいと思います。
押さえておきたいポイントは4つ。

iPhone SE3のポイント

  • A15チップ → 最新のiPhone 13にも搭載している爆速チップ
  • ホームボタン → 指紋認証機能(Touch ID)付き
  • ディスプレイ → ゴミ性能
  • カメラ機能 → ゴミ性能

最新のA15チップで爆速

iphone-se3-a15

iPhone SE3のスペックは爆速で、iPhoneの中では現時点で最速のスペック。

処理速度は、搭載しているプロセッサーというスマホの頭脳で決まります。
直近のiPhoneシリーズを比較すると下記。

iPhoneシリーズの搭載チップ

  • iPhone 12 シリーズ:A14 Bionicチップ(2020年10月発売)
  • iPhone 13 シリーズ:A15 Bionicチップ(2021年9月発売)
  • iPhone SE3:A15 Bionicチップ(2022年3月)

そもそも直近に発売されたiPhoneのスペックは高すぎで、これだけスペックの高いiPhoneを買う理由を考えてみようとすると正直不明
同日に発表されたデスクトップPCのMac Studioも同じで、Appleのスペックは高くなりすぎて一般ユーザーには縁のない商品が増えまくっている。

【Mac Studio】スペックは高いが、ゲーム用には無理【結論:いらない】

Apple春の発表祭、Apple Eventが2022年3月9日開催されました。 今回発表された目玉マシンと言えば、Mac最高峰のスペックを誇るMac Studio。 そのスペックや、今回発表された他のモデルについても簡単にご紹介します。 ...

続きを見る

スペックの高いiPhoneは、スマホゲームを安定的にしたかったり、長期的に使うために買っているという方が多いのではないでしょうか。

Appleはもっと過去のiPhoneに振り返って、iPhone SE3が高性能であることをプレゼンしています。
まずは処理能力を示すCPUは、2017年に発売されたiPhone 8と比較すると、倍近い速度になっています。

iphone-se3-cpu

その次はグラフィックの性能を示すGPUで、iPhone 8と比較してこちらも2倍近い数値となっています。

iphone-se3-gpu

ただし比較対象がiPhone 8と5年近く前のものなので、あまり当てにならない気もしますよね。

ちなみにiPhone SE2は、iPhone 11シリーズに搭載されていたA13チップを搭載していました。
A13チップと比較してしまうと、差はCPU・GPUともに1.3倍ほどの差しかありません。

直近のiPhoneを含めて、これらの数値で見てみましょう。

プロセッチップ iPhoneシリーズ CPUスコア(シングル) GPUスコア
A15 Bionic iPhone SE3
iPhone 13シリーズ
1734 229
A14 Bionic iPhone 12シリーズ 1593 174.7
A13 Bionic iPhone 11シリーズ
iPhone SE2
1336 162.5
A12 Bionic iPhone XS,XR,XS,Max 1117 127.6
A11 Bionic iPhone 8,8Plus,X 935 71

スマホにスペックがそこまで必要無い方であれば、iPhoneはA12 Bionic移行のプロセッサーが搭載していれば全く問題ない。

とは言え、早いに越したこと無いですよね。
しかしながらプロセッサー以外では、iPhone SE3のことをゴミ性能と言わざるをえないポイントがいくつもある。

ディスプレイはゴミ性能

iPhone SE3は、一般ユーザーには少しだけ分かりにくい部分でのコストカットがなされています。
その代表例となるのが、そのディスプレイと言えます。

こちらも歴代のiPhoneと比較すると分かりやすいですが、iPhone SE3のディスプレイは大きさも性能も良く言えば必要最低限で、悪く言えば古すぎ
Retina HDディスプレイは、5年近く前に発売されたiPhone 8まで巻き戻さなければ出現しない。

iPhoneシリーズ ディスプレイサイズ 機能
iPhone SE3 4.7インチ Retina HD
iPhone 13 Pro Max 6.7インチ Super Retina XDR
iPhone 13,13 Pro 6.1インチ Super Retina XDR
iPhone 13 mini 5.4インチ Super Retina XDR
iPhone 12 Pro Max 6.7インチ Super Retina XDR
iPhone 12,12 Pro 6.1インチ Super Retina XDR
iPhone 12 mini 5.4インチ Super Retina XDR
iPhone SE2 4.7インチ Retina HD
iPhone 11 Pro Max 6.5インチ Super Retina XDR
iPhone 11 Pro 5.8インチ Liquid Retina HD
iPhone 11 6.1インチ Super Retina XDR
iPhone XS 5.8インチ Super Retina HD
iPhone XS Max 6.5インチ Super Retina HD
iPhone XR 6.1インチ Liquid Retina HD
iPhone X 5.8インチ Super Retina HD
iPhone 8 Plus 5.5インチ Retina HD
iPhone 8 4.7インチ Retina HD

Retina HDやSuper Retina XDRの差は下記の通りで、ディスプレイを表現するドットの数やコントラスト比の差は、思っている以上に大きい変化です。

ディスプレイの機能差

  • Retina HD:画質密度326〜401ppi、コントラスト比1300〜1400:1
  • Liquid Retina HD:画質密度326ppi、コントラスト比1400:1
  • Super Retina HD:画質密度458ppi、コントラスト比1000000:1
  • Super Retina XDR:画質密度458〜476ppi、コントラスト比1000000:1

何がいいたいかというと、iPhone SE3はディスプレイだけで考えると2017年に発売されたiPhone 8と同等レベルの機能しか無い
日進月歩で技術が進化している現代で、5年前の技術を使い続けるのはかなり勿体ない。

効率的にお金を使って幸せになるためには、使う時間の長いものにこそお金をかけるべきです。
映像を手軽に楽しめるようになった今だからこそ、1日の中でもかなりの割合を占めているスマホは少しいいものを使うべき。

カメラ機能もゴミ性能

iPhone SE3の中途半端な機能はカメラにも及んでいて、見ての通りiPhone SE3にはカメラが一つしかありません。
超広角レンズがつかない格好で、良く言えば懐かしく、悪く言えば時代遅れ。

iPhone SE3に搭載されていないカメラ機能について、こちらもまとめました。
挙げるとキリが無いので、有名どころだけまとめています。

iPhone SE3に無いカメラ機能

  • 超広角カメラ
  • 望遠カメラ
  • ナイトモード
  • シネマティックモード

iPhone SE3のカメラ性能だけを見ると、こちらもiPhone XやiPhone 8と同じくらいしかない。
つまり、ディスプレイ性能だけで無くカメラ性能も、5年近く前のスペックのものの使い回しです。

ここ最近でAppleから発表されていて興味があった機能でも、iPhone SE3では搭載されていないものがほとんどなので要注意です。

指紋認証機能(Touch ID)付きホームボタン搭載

多分iPhone SE3を考えている方の殆どは、ホームボタン機能を必要としているのではないでしょうか。
マスクをしているとFace IDは使えないし、人に見られながら4桁のパスコードを入力するのはセキュリティも何もない。

しかしながら現状、指紋認証機能付きのホームボタンはいらないと思う。
その理由は2つで、下記の通り。

指紋認証機能がいらない理由

  • ホームボタン搭載によってディスプレイのサイズが一気に小さくなる
  • マスク着用時にFace IDが使用できるiOS 15.4の精度が高い

iOS15.4の精度については後述しますが、かなり精度は高いと思って問題ありません。

 

指紋認証機能(Touch ID)はいらなくなってしまった

コロナ禍で熱望されていたホームボタンの復活。
ホームボタンをずっと望んでいた方からすると受け入れがたい現実かもしれませんが、ホームボタンはもういらなくなってしまったと思う。

その理由は先にも書いたとおりで、iOS15.4より搭載されたマスク着用時にもFace IDが使える機能が非常に優秀だからです。
しかも、ホームボタンさえ無ければ、画面はこれだけ一気にデカくなる。

iPhoneシリーズ ディスプレイサイズ 本体サイズ横(mm) 本体サイズ縦(mm)
iPhone SE3 4.7インチ 67.3 138.4
iPhone 13 Pro Max 6.7インチ 78.1 160.8
iPhone 13,13 Pro 6.1インチ 71.5 146.7
iPhone 13 mini 5.4インチ 64.2 131.5

iPhone SE3とiPhone 13 miniを比較すると分かるように、本体サイズが小さいiPhone 13 miniの方がディスプレイは0.7インチも大きいことが分かります。
指紋認証機能がいらないなら、ホームボタンはどう考えても無いほうがいい。

iOS 15.4なら、マスク着用時にもFace IDが使える

iphone-se3-ios15-2

当方はβ版から体験していますが、iOS15.4のマスク着用時Face IDはかなり正確です。
これがある限りホームボタンを搭載するメリットは殆ど無くて、ディスプレイがただただ小さいというデメリットだけが残る

マスク着用時Face IDを使ってみると、具体的には下記の注意点さえ押さえておけば、認証時にストレスを感じる事は殆どありませんでした。

マスク着用時Face IDの注意点

  • カメラと顔の向きには慣れが必要
  • 帽子をかぶっていると認証されない場合が多い
  • 風が強い場面ではたまに認証されない場合がある

iOS15.4で搭載されたマスク着用時Face IDの機能、目より上の部分でも認証しているようです。
その証拠に、帽子をかぶっていたり、風で激しく髪が乱れている場面で、認証されないことがありました。

iOS15.4の正式リリース日は、2022年3月15日となりました。
新たに発表されたiPhone各種には、このマスク着用時Face ID機能の搭載されたバージョンが搭載される予定となっています。

ただし、マスク着用時Face ID機能が使用できる対象機種はiPhone 12シリーズ以降だけなので要注意
iPhone SE3を発売するギリギリのタイミングでリリースするAppleはズルすぎるくらい優秀。

指紋認証機能(Touch ID)はカメラを使えないシーンのみ優秀

こうなってしまうと、指紋認証機能(Touch ID)がユーザーに効果を発揮する場面は、かなり限られてくると考えるのが自然。
指紋認証機能が活躍する場面は、起動時にカメラを作動できない場合のみになりそう、というのが個人的な考えです。

例えば、クラムシェルモード(MacBookを閉じた状態で外部ディスプレイと接続できる機能)で起動する際には、MacBook内蔵の指紋認証機能は使えない。
私はこの起動をスムーズにするために、Touch ID搭載Magic Keyboardを購入しています。

詳細はこちら(クラムシェルモード用キーボードならApple純正【現状は一択】)の通り。

クラムシェルモード用キーボードならApple純正【現状は一択】

出先では軽いながら強力なMacBookを持ち歩き、自宅では外部ディスプレイとつないで大画面で使いこなしたい。 そんな時に便利なのが、MacBook特有の機能であるクラムシェルモード。 MacBookを閉じた状態でも外部ディスプレイに接続して ...

続きを見る

クラムシェルモード以外にも、iMacやMac mini、Mac StudioやといったデスクトップMacでは有効に使えるものでしょう。
今後の指紋認証機能は、こういった限定的な場面だけで使えるものに廃れていきそうです。

 

これまでに発売されたiPhoneとiPhone SE3を比較

指紋認証機能(Touch ID)が必要無い(もしくは重要度が低い)となると、どのiPhoneがコスパの良く、コンパクトで使いやすいモデルなのでしょうか。
価格を含めて、これまでの要素をいくつか比較してみましょう。

iPhoneシリーズ ディスプレイサイズ プロセッサー 価格(税込)
iPhone SE3 4.7インチ A15 Bionic ¥57,800〜
iPhone 13 Pro Max 6.7インチ A15 Bionic ¥134,800〜
iPhone 13 Pro 6.1インチ A15 Bionic ¥122,800〜
iPhone 13 6.1インチ A15 Bionic ¥98,800〜
iPhone 13 mini 5.4インチ A15 Bionic ¥86,800〜
iPhone 12 Pro Max 6.7インチ A14 Bionic (¥117,800〜)
iPhone 12 Pro 6.1インチ A14 Bionic (¥106,800〜)
iPhone 12 6.1インチ A14 Bionic ¥86,800〜
iPhone 12 mini 5.4インチ A14 Bionic ¥69,800〜

※かっこ内に表示した価格は、Apple公式サイトですでに販売停止したため発売時の価格です

このように考えてみると、iPhone SE3はあまりコスパのいい買い物とは思えません
たとえプロセッサーが最新のものとはいえ、ディスプレイやカメラは5年近くも前のモデルと同じ性能です。

ホームボタンを搭載するがためにベゼルも大きく、それだけディスプレイも小さい。
プロセッサーが最新のものなので長く使えることに違い有りませんが、割と重要な部品で見てもあまりいいスマホとは思わない方がよさそうです。

 

指紋認証機能(Touch ID)がいらない今、iPhone 12 miniで十分じゃない?

冒頭の話に戻ると、iPhone SE3は古い部品を売り切るための在庫一掃セールにしか見えない。
それくらいiPhone SE3は、ロマンのかけらも無いiPhoneだというのが一通り比較した感想。

iPhone SE3のざっくり解説

  • 処理速度は最速(プロセッサー)
  • 指紋認証機能(Touch ID)付きホームボタンはもういらない
  • ディスプレイは5年近く前のゴミ性能
  • カメラも5年近く前のゴミ性能
  • 差額の2万円を出してiPhone 12miniを買ったほうが幸せ

先にご紹介した比較表の中から、個人的にオススメのiPhoneをご紹介するならiPhone 12miniでしょうか。
価格は2万円ほどの差がありますが、結果的に満足度の高い買い物になるかと思います。

A14チップとA15チップの性能差も大したことないし、大きくて鮮明なディスプレイを片手で操作することができる。
それに先ほどご紹介したiOS15.4は、iPhone 12シリーズ以降のみを対象としているので、それ以前のモデルを買うとマスク着用時のFace IDは使用できません。

2万円の買い物で、これらの機能が手に入るなら間違いなく安い。

iPhone 12miniの角張ったデザインには、好き嫌いがあるかもしれませんが、いざ使ってみるとそう悪くはありません。
高校生の頃に初めて買ったiPhone 4Sを思い出すもので、個人的には非常コレが好き。

 

【定番記事まとめ】コストパフォーマンの高い生活改善ガジェット

2022/7/5

二人暮らし向け食洗機、失敗しない選び方は?【オススメはタンク式】

二人暮らしで食洗機を使い始めてから1年以上経ちました。 結果として食洗機は、最も生活が改善した時短家電でした。 買った食洗機はサンコーの「ラクア」というタンク式食洗機で、値段は3万円ほどでかなり安い部類の食洗機。 賃貸住みには優しい工事不要なタンク式の食洗機です。 サンコー ラクア created by Rinker THANKO サンコー公式 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング ひとくちに食洗機と言っても据え置き型やタンク式など種類が様々あったり、サイズ(収納力)も様々でものによっ ...

ReadMore

2022/7/5

比較して分かるタンク式食洗機の間違いない選び方【ポイントは6つ】

工事不要ですぐに生活改善できるタンク式の食洗機。 3万円ほどで家事がひとつ無くなってしまうという、かなり優秀なアイテムです。 そんな食洗機ですが、2021年時点で日本での普及率は約3割と、欧米の普及率約7割を大幅に下回っていているようです。 (参照:日本の普及率は約3割、統計でみる「食洗機」の販売動向|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社) 分岐水栓いらずのタンク式食洗機を導入するメリット・デメリットから、比較すべきポイントを6つに絞っておすすめの食洗機をご紹介します。 6つのポイントから、タンク式食洗機 ...

ReadMore

2022/7/5

【比較】サンコーのラクアminiとラクア選ぶべきはどっち?【後悔しないのはラクア】

2022年の2月にサンコーから発売されたラクアmini。 「シンク横に置けるタンク式食洗機」というのがキャッチコピーの、以前から発売されていたラクアより小さくなった文字通りミニサイズな食洗機です。 せっかく食洗機を買うなら、とことんラクがしたい。 ラクアminiかラクア、今買うべきサンコーの食洗機は一体どちらなのでしょうか。 サンコー ラクア created by Rinker THANKO サンコー公式 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング サンコー ラクア mini created ...

ReadMore

2022/7/23

【食洗機】タンク式のデメリットを超えるメリット【これで十分かも】

工事も必要無く、手軽に導入することができるタンク式の食洗機。 導入が簡単というようなメリットはありますが、タンク式食洗機は実際に使っていてどのようなデメリットがあるのでしょうか。 タンク式の食洗機を導入してから1年近く経っちましたが、我が家の場合はタンク式食洗機のデメリットよりもメリットが多いという印象でした。 タンク式食洗機を選ぶのが正解、という方も多いのではないかと思います。 タンク式食洗機の中には分岐水栓しても使える(自動給水)ものもあって、我が家で使っているラクアという食洗機もそのタイプ。 しかし ...

ReadMore

2022/3/20

【固定費】同棲でかかる1年間の固定費は?【26歳が東京で同棲したケース】

同棲を始めてから丸2年が経っていて、引っ越してすぐに買いたかった物も一通り購入して生活も安定してきました。 特に私のような20代の若者にとって、同棲は非常に経済的な生活スタイルだと思います。 実際のところ2021年の固定費は2人分で月平均13万円ほど、食費等も入れた2人分の生活費は月平均20万円ほどと、非常に安く抑えて生活することが出来ました。 同棲は同世代と比べても都心へのアクセスがいい賃貸(マンション・アパート)をコスパ良く借りることが出来ていて、公共料金も安く住みます。 そこで今回は、同棲にかかった ...

ReadMore

効率よく時間を増やしてくれるガジェットをまとめてご紹介します。
その中でも、コストパフォーマンス良く日々を快適にしてくれるものを、優先度の高いガジェットとしてご紹介しています。

せっかく簡単に家事が無くせる時代なので、数万円で体力と心の余裕を手に入れましょう。

2万円弱でも十分に生活が改善する掃除ロボット。

anker-eufy-robovac-11s-review-top
【比較】Eufyは11Sで十分すぎた理由【最安モデルでOK】

Eufyシリーズといえば、Ankerのリーズナブルで機能的なロボット掃除機。 ざっと数えただけで10モデル程が発売されていて、どれを買ったら良いのかよく分からない方も多いのでは。 私が2年以上愛用しているのはEufyシリーズでも最安モデルの ...

続きを見る

3万円ほどで皿洗いが消えて無くなる食洗機。

1-thanko-rakua-STTDWADW-3
【分岐水栓いらず】サンコーの食洗機ラクアで明日から生活改善

食洗機というと、なんだか裕福な大家族だけが使うものというイメージ。俺なんかに食洗機はまだ早い…と思っていましたが、実はそんなことはない。 今回食洗機を導入することで改めて、皿洗いってこんなにストレスのあることだったんだ…と感じる日々です。 ...

続きを見る

【比較】サンコーのラクアminiとラクア選ぶべきはどっち?【後悔しないのはラクア】

2022年の2月にサンコーから発売されたラクアmini。 「シンク横に置けるタンク式食洗機」というのがキャッチコピーの、以前から発売されていたラクアより小さくなった文字通りミニサイズな食洗機です。 せっかく食洗機を買うなら、とことんラクがし ...

続きを見る

賃貸で暮らしていたり、工事が面倒な方には工事不要なタンク式食洗機がおすすめ。

【食洗機】タンク式のデメリットを超えるメリット【これで十分かも】

工事も必要無く、手軽に導入することができるタンク式の食洗機。 導入が簡単というようなメリットはありますが、タンク式食洗機は実際に使っていてどのようなデメリットがあるのでしょうか。 タンク式の食洗機を導入してから1年近く経っちましたが、我が家 ...

続きを見る

比較して分かるタンク式食洗機の間違いない選び方【ポイントは6つ】

工事不要ですぐに生活改善できるタンク式の食洗機。 3万円ほどで家事がひとつ無くなってしまうという、かなり優秀なアイテムです。 そんな食洗機ですが、2021年時点で日本での普及率は約3割と、欧米の普及率約7割を大幅に下回っていているようです。 ...

続きを見る

 

【定番記事まとめ】Macひとつでブログを始めて、生活できるまで

2022/8/12

【全て無料】Macでのブログ運営におすすめのアプリ10選

M1 MacBook Airひとつでブログを運営しています。 ブログを運営するために使っているアプリのほとんどは無料ですが、今はブログだけで生活中。 機能豊富な有料アプリも試しましたが、シンプルでミニマルなスタイルが好きなので無料アプリに戻ってきました。 これさえ使っていればブログの運営は間違いない、というブログ運営の基礎になるアプリを一通りご紹介します。 使い方や設定まで細かく書きますので、インストールしてすぐに使えるまでサポートします。 ブログ初心者の方なら、10つのアプリを一通りインストールして使っ ...

ReadMore

2022/8/22

【実験】ブログで生活できるまでの収益まとめ【19ヶ月かかった】

正攻法でブログを続けたら、どれくらいで生活できるレベルまで到達できるのでしょうか? 素朴にそう考える方に向けて、私自身に人体実験を仕掛けてみました。 結論としては、完全無知の状態でブログを始めて、このブログ記事を書いている19ヶ月ほどかかりました。 私個人の印象としては、ブログで稼ぐのはさほど難しくないし、私なんかよりやる気のある方なら1年もあれば十分だと思いました。 この記事の概要 19ヶ月間で72記事を書いてブログで生活できるようになった ブログで生活できるまでの収益推移 ブログで生活するのは思ってい ...

ReadMore

2022/8/30

【Macでブログ】4つの手順で分かるブログの始め方【初心者向け】

Macを持て余している気がして、それとなく始めたブログ。 ブログを始めて2年目ですが、ブログの収入だけで生活しています。 MacがYouTubeとTwitterを消費するだけのマシンになっているなら、とりあえずブログを始めてみるというのも手です。 ブログにかかる費用は月¥1,200程度ですが、収益は半年で¥3万円/月まで伸びて、1年半で¥10万/月を突破しました。 ぼんやり何か副業を始めてみたいけど何が良いか分からん、という方はまずブログで良いのではと個人的には思います。 そもそも、万人がブログを始めるべ ...

ReadMore

2022/3/24

ラッコキーワードだけで検索ボリュームを調べる方法【ただし有料】

検索ボリュームの調査が大切なのは、検索されて記事が読まれるブロガーにとって当たり前の認識だと思います。 検索ボリュームを調べるツールとして、以前まで私はキーワードプランナーを使っていましたが、無料だと検索ボリュームはざっくりしか分かりません。 例えば月間検索ボリューム「1万〜10万」や「1000〜1万」と大まかにしか出てこず、ブログを本気で続けていこうと考えている方にとって、情報が中途半端です。 またキーワードプランナーは、広告費用をいくらかければ詳細データが見られるようになるのかGoogleから公表され ...

ReadMore

2022/3/24

【月間1万PV】ブログを着実に伸ばす方法3つ【結論:読者ファースト】

ブログを始めて約1年、ようやく月間1万PVに到達しました。 まだまだ初心者の域を出ていないと言われてしまうかもしれませんが、月に1万回読まれてるって冷静に考えるとスゴい。 続けてきた感触としても良好で、これからやるべき事や効率よく成長するためのコツについても掴み始めている実感があります。 しかしながら実際は、月間1万PVのブログはドメインパワーも中途半端で、これからどのような内容でブログを大きくしていくかも含めて悩みどころではないでしょうか。 そこで今回は、今後のブログで迷走しないためにも、PVと収益を着 ...

ReadMore

手元にあるMacやPC、簡単なネットサーフィンしたりするだけで無駄にしてしまっていませんか?

せっかくなら有効活用したり、情報を発信する側に立ってみるのも手です。
私は会社員がジリ貧だと思ったので、着々と収益を増やせる副業としてブログを始めました。

必要なのはドメインとサーバーの計¥1,235/月程度の費用だけで、今はブログを書くだけの生活です。
Macひとつあれば、ブログは簡単に始められます。

【Macでブログ】4つの手順で分かるブログの始め方【初心者向け】

Macを持て余している気がして、それとなく始めたブログ。 ブログを始めて2年目ですが、ブログの収入だけで生活しています。 MacがYouTubeとTwitterを消費するだけのマシンになっているなら、とりあえずブログを始めてみるというのも手 ...

続きを見る

プログラミングスキルも、ライティングスキルもありませんでしたが、2年目でブログだけで生活できるようになりました。
過去の収益はまとめて公開しています。

【実験】ブログで生活できるまでの収益まとめ【19ヶ月かかった】

正攻法でブログを続けたら、どれくらいで生活できるレベルまで到達できるのでしょうか? 素朴にそう考える方に向けて、私自身に人体実験を仕掛けてみました。 結論としては、完全無知の状態でブログを始めて、このブログ記事を書いている19ヶ月ほどかかり ...

続きを見る

使っているWordPressテーマはAFFINGERです。

affinger-beginner-top
初心者こそAFFINGER6を使うべき理由【人一倍モチベを維持する】

WordPressでブログを始める初心者にとって難しいのが、どんなブログテーマを使うか?という問題。 私みたいなこれからブログを始める初心者や、まだ始めて数ヶ月という方にとって、有料のブログテーマを導入すべきなのかは悩ましいところです。 ア ...

続きを見る

これからMacを買ってブログを始めるという方には、M1 MacBook Airが最もコスパもよくオススメです。
使っているアプリ等もほとんど無料のものです。

【ブログPCの最適解】MacBookがあったから続けられた理由・機能5つ

これからブログを始めたり、本格的にブログ更新を継続しようとすると、せっかくならブログに最適なPCを使いたくなりますよね。 一つの記事で何千文字も文字を入力する面倒くさすぎるブログは、継続し続けるのが本当に難しい副業に違いありません。 ブログ ...

続きを見る

【全て無料】Macでのブログ運営におすすめのアプリ10選

M1 MacBook Airひとつでブログを運営しています。 ブログを運営するために使っているアプリのほとんどは無料ですが、今はブログだけで生活中。 機能豊富な有料アプリも試しましたが、シンプルでミニマルなスタイルが好きなので無料アプリに戻 ...

続きを見る

-iPhone, ガジェット