【パスキー対応】1Passwordの神アップデートを伝えたい【設定方法も解説】

  • URLをコピーしました!

PCやスマホなど、我々が使うデバイスは進化しきった感すらあります。

それでも地味に面倒なことって、まだまだありませんか?
というか全然減ってない印象すら僕はあります。

例えば、パスワード管理について考えてみます。
Webサービスが乱立して、ここ数年で作成したアカウントは数しれず…。

ログインするにも未だにパスワード入力が必要で、僕みたいなズボラ人間は再設定を繰り返す令和5年。

「AIやらChatGPTだとか言っても結局、パスワードの煩わしさは変わらんのか!」
ということで今回は、1Passwordを使った簡単なパスワード管理について、アップデートされつつある現状をご紹介します

ジャンプできる目次

そもそも、パスキーとパスワード入力の違いは?

パスワードが不要の「パスキー」という、パスワードレスで新しい認証技術が広まってきました。

そもそもパスキーとは、どんな意味なのか?パスワード入力とはどう違うのか?
従来のパスワード入力と比較すると、ざっとこんな表でまとめられます。

スクロールできます
パスキーパスワード
キーの作成アプリが暗号化したキーを生成ユーザーが任意のものを作成
認証に使うもの生体認証など文字(アルファベット・数字・記号の組み合わせ)

またパスキーは、各サイトが個別に対応する必要があります(企業側が)。
つまりパスキーに対応していないサイトでは、1Password等を持っていてもパスキーが使えません。

パスキーさえあれば、よくある面倒くさいSMS(ショートメール)等の2段階認証も必要ありません。

具体的な仕組みはムズいのですっ飛ばしますが、こんなメリットが挙げられます。
つまりパスキーは、簡単でいて、なおかつセキュリティレベルも高いということです。

パスキーとパスワード入力の違い
  • ログインの手順が少なくなり、簡単になる
  • 設定すれば、アプリ上で勝手に生成してくれる
  • デフォルト設定で、セキュリティレベルが高い
  • パスキーは、記憶したりどこかに保存する必要もない

パスキーでの認証が安全なのは、こんなロジックになろうと思います。

パスキーとは?
  • スマホ・PCの生体認証が進んだ
  • つまりは、「スマホ・PCを開いている=本人のもの」が確立された
  • スマホ・PC自体から、パスキーが発行できるようになった
  • パスワード不要で、パスキー(生体認証)さえあればログインが可能になった

小難しいことを言ってるようですが、これは
「芸人の粗品が、店員に認知されながらも、コンビニで年齢確認され酒を買えなかった話」と全く同じです。

「「粗品だと分かれば、粗品のアカウントに入れるようになった」」
これがパスキーです。

しかもこれは、かなり強力なロジックのように思います。
実質「”ワン”パスワード”から”ゼロ”パスワードになった」と同じですよね。

それくらい、今後のパスワード管理でゲームチェンジャーになる近道っぷりです。

実際に、パスキーでログインしてみた

1password-passkeys-2
引用:パスキーによるパスワードなしのログイン  |  Authentication  |  Google for Developers

これだけのイメージでは、「パスワードがパスキーに置き換わっただけ感」すらあるかもしれません。
ですが実際に使ってみると、もっと具体的に快適なのが分かります。

今回はGoogleアカウントを例に、実際にパスキーでのログインを試してみます。
(使っているのはmacOS、パスワード管理アプリは1Password)

STEP
ログイン画面で、アカウントを選択

まず最初に、お馴染みのログイン画面が出てきます。

いつも通り、ログインしたいアカウントをクリックして進みます。

STEP
パスキーでの認識を選択

すでにパスキーを生成してアカウントを選択すると、このような画面に。
(パスキーを使わない方法も依然として両立しており、どちらの方法でもログインできます)

1password-passkeys-4

「続行」から進みます。

STEP
1Passwordを通じてパスキー認証

するとブラウザ右上に、1Passwordのポップアップが出てきました。

1password-passkeys-5-2

「Sign in」をクリックすると、なんとこれでログインが完了してしまいました。

ご覧いただくと分かりますが、
パスワード入力画面すら、出てきませんでした。
これだけ!?

パスキーの導入は、簡単な設定さえ済ませておけば、本当にこれだけ。

特にGoogleアカウントは、アカウントの作成に使う方も少なくないと思います。
こんなアカウント作成画面で、Googleアカウントを選択できるやつです。

1password-passkeys-6
引用:Epic Gamesアカウントにサインイン | Epic Games

プラットフォームが入り組んだパスキーは、1Passwordでの管理が必要

ここまでの内容で、「パスキーええやん」と思った方がほとんどだと思います。
僕も「ええやん」と思いました。

ただしパスキーの技術には、問題もあるのが現状。

特に、プラットフォーム(企業)間での分断は、大きい問題だと思います。
言うまでもないかもしれませんが、こういったプラットフォームです。

パスキーの認証プラットフォーム
  • Apple ID
  • Microsoft アカウント
  • Google アカウント

実際にApple(Apple ID)では、サインインにはAppleデバイスが必要と書かれています。

よく見ると、OSのアップデートも必要(iOS 16.3以上、iPadOS 16.3、macOS Ventura 13.2以上)で制限が多多すぎ漣(大杉)。

もっと分かりやすい例では、iCloudキーチェーン、Google パスワードマネージャー等、サービスがバラバラですよね。

分断されるその理由は簡単。
パスキーは、デバイス(AppleならiPhone、Microsoftなら Windows PC)の生体認証が前提の仕組みだからです。

そしてそして、パスキーのこの問題点を解決してくれるのが1Passwordというサービスという話。

僕はこの1Passwordがかなり気に入っていて、記事更新時で1年以上使っています。
そもそもの基本的な使い方に関心がある方は、こちらを参照ください。

月々にして300円〜ほどのサービスで使えるサービスです。
具体的な入手方法別の価格はこんな感じ。

1Password
1password-banner-2
引用:1Password 3年版 | ソースネクスト
  • ソースネクスト経由
    • 1Password 3年版:¥12,800
    • 1Password ファミリー 3年版:¥21,480
  • 1Password公式
    • 1Password:約¥419($2.99)/月
    • 1Password ファミリー版:約¥699($4.99)/月

※1$=¥140で計算

1Passwordでパスキーが使えたサイト

1password-passkeys-8
引用:1Passwordのパスキー : パスワードレス認証の未来 | 1Password

パスワードマネージャーで定番のサービス「1Password」は、2023年11月にパスキーに公式対応しました。

1Password経由でパスキーが使えるサイトは、主に下記にまとめました。
(記事更新時点のもの)

1Password経由でパスキーが使えるサイト

最新のパスキー対応情報は、下記のサイトでリスト化されています。
(日本では馴染みのないサイトも多いですが)

すでに1Passwordを使っているユーザーであれば「Watchtower」というタブから、パスキーが利用できるサイトが確認できます。

1password-passkeys-8

僕の場合は、7サイトしか対応していませんでした。
やはりパスキーに対応していないサイトがほとんどです。

認知度もまだまだ高くありません。
ですが、これだけ快適なのが伝われば、一気にユーザーが増えることが予想されます。

パスキーを有効化して、1Passwordで管理する方法

1password-passkeys-9
引用:Google アカウントのパスキーの作成

パスキーを有効化するには、簡単な初期設定が必要です。
手順は、ざっと下記の通り。

パスキーの有効化手順
  • 各サイトでパスキーの設定に移動
  • パスキーを生成・使用する

これらは、サイトでそれぞれ必要な設定です。
一括では作成できないので、GoogleやAmazonなど個別で対応していきましょう。

今回は例として、「Googleアカウント」でパスキーを設定してみましょう。

各サイトでパスキーの設定に移動

最初に、各サイトでパスキーの設定画面に移動します。

Googleでは「Google アカウントのパスキーの作成」というページが用意されていました。
(サイトによっては見つけにくい場合もありますが)

1password-passkeys-10
引用:Google アカウントのパスキーの作成

画面右上の「パスキーを設定する」から進みます。

ちなみに1Passwordのユーザーなら、管理画面にページ先が用意されています。
パープルの「パスキーが利用できます」が目印です。

1password-passkeys-11

実際サイトごとに設定画面はまちまちだったので、これは結構助かりました。

パスキーを生成・使用する

「パスキーを設定する」で移動すると、ログイン画面が出てきました。

最後のパスワード入力です。
しかと噛み締めながら、ログインしましょう。

1password-passkeys-12

ログインが終わると、1Passwordのポップアップが出てきました。

1password-passkeys-13

なんだこれ?

どうやらこれは、
今ログインしたGoogleアカウントと、1Passwordで保存したGoogleアカウントを紐付ける作業
のようです。

正しいアカウントを選択すると、これでパスキーの設定は完了したようです。

試しに1Passwordアプリで、パスキーの管理画面を確認してみます。
「パスキー」の項目が追加されました。

1password-passkeys-14

確かにパスキーは暗号化されており、確認できないようになっています。
生成日だけが表示されていますね。

もし二段階認証を使っているサイトがあれば、ここで解除してしまっていいかもしれません。
パスキーだけで十分なセキュリティレベルだからです。

また1Passwordを使っていれば、パスキーの設定画面へ簡単に移動できます。

1password-passkeys-15

このように、パスキーは設定自体もけっこう簡単です。
パスキーを設定してもパスワードでのログインでも出来るので、サクッと準備してしまいましょう。

まとめ:パスキー対応で、1Passwordが”ゼロ”パスワードに進化した

1password-passkeys-14

これまでの内容を振り返ると、ざっとこんな感じでした。

この記事の概要
  • パスキーとパスワード入力の違いは?
    • ログインの手順が少なくなり、簡単になる
    • 設定すれば、アプリ上で勝手に生成してくれる
    • デフォルト設定で、セキュリティレベルが高い
    • パスキーは、記憶したりどこかに保存する必要もない
  • 1Passwordでパスキーを使うには?
    • 各サイトでパスキーの設定に移動
    • パスキーを生成・使用する

1Passwordのパスキー対応で、ますますパスワード管理は簡単で、セキュリティレベルが高くなりました。

未だに同じパスワードを使い回している方も少なくないと思います。
1Passwordは価格以上にストレスが無くなるアプリなので、検討してもいいかと思います。

1Password
1password-banner-2
引用:1Password 3年版 | ソースネクスト
  • ソースネクスト経由
    • 1Password 3年版:¥12,800
    • 1Password ファミリー 3年版:¥21,480
  • 1Password公式
    • 1Password:約¥419($2.99)/月
    • 1Password ファミリー版:約¥699($4.99)/月

※1$=¥140で計算

1Passwordの初期設定は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
合わせてご利用ください。

1Passwordが気になっている方向けに、安く手に入れる方法もまとめています。

【YouTube版】定番のパスワード管理アプリ「1Password」が、今こそ最強なので伝えたい【神アプリ】

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ジャンプできる目次