\ ポイント最大11倍! /

【1Password】Chrome版の拡張機能で、ブラウザでも自動入力

  • URLをコピーしました!

今まではGoogle Chromeのパスワードマネージャーを使っていたのですが、1Passwordに乗り換えました。

そこで今回は、1Passwordへのパスワードの移行方法やインストール方法など、下記の内容についてまとめました。

この記事の概要
  • 1PasswordはPC・Mac向けアプリだけでなく、ブラウザ版の拡張機能もインストールするべき?
  • Googleパスワードマネージャーと1Passwordの違いは?
  • ブラウザ別1Password拡張機能のインストール方法は?
  • Googleパスワードマネージャーから、1Passwordにパスワードを移行する方法は?

必要な部分だけでも、よろしければご覧ください。

セール情報

パスワード管理アプリ1Passwordが、ソースネクストでセール中。
期間限定なのでご注意ください。

  • クーポン
    • 1Password 3年版が¥1,000オフ
    • 1Password ファミリー用 3年版が¥1,680オフ
  • 更にオトクな買い方
    • ソースネクストのアカウント作成で、更に15%ほど安く使えます
  • 対象期間:2024/02/25まで
ジャンプできる目次

前提:1Passwordを使い倒すには、Chromeの拡張機能とアプリの両方あった方が便利

1PasswordにはPC・Mac向けアプリの他に、ブラウザ向けの拡張機能が用意されています。
ひとつの端末に複数いれておく必要はあるのでしょうか?

実際に使ってみると分かりますが、アプリさえインストールしておけば大丈夫、というわけではりません。
ブラウザ版もインストールしておきましょう。

両方とも1Passwordをインストールしておくべき理由は、下記の通り。

アプリをインストールしておく理由
  • 他のパスワード管理ツールと干渉しなくなる
  • ブラウザ毎に最適化されて、使い方が広がる

百害あって一利なし、というわけです。

ここから先では、下記の流れでご紹介していきます。
必要と思われる部分だけ読みたい方は、クリックでジャンプをご活用ください。

ここでご紹介する内容

ここでご紹介した内容を一通り設定しておくと、1Passwordでのパスワード自動入力も簡単になります。

例えばMacでは、ログイン画面でショートカットキーを押すと、パスワードが自動入力されます。
あとはエンターキーを押すだけ。

別途で設定が必要ですが、これがかなり快適。。

ちなみに1Passwordアプリを入れておけば、iPhoneでも同じパスワードが共有されます。
PC(もしくはMac)とiPhone(もしくはAndroid)でブラウザを揃える必要もありません。

1password-auto-input-ios

個人向けプランなら、料金は月300円ほど
もちろん高い安いは人それぞれですが、パスワードを使い回しまくっていたり、こういう管理が苦手なら費用対効果は十分だと思います。

残念ながら、買い切りのプランはありません。

ちなみに、ソースネクストというサイトを経由すると、少しだけ安く購入できます。
1Passwordの公式サイトと料金の比較をしてみると、このようにまとめられます。

スクロールできます
ソースネクスト経由1Password公式
通常版 (3年版)ファミリー版 (3年版)通常版ファミリー版
3年分料金
(税込)
¥12,978
¥11,800
¥21,480
¥19,800
約¥15,070 ($107.64)約¥25,150 ($179.64)
月額料金
(税込)
¥356
¥328
¥597
→ ¥550
約¥419
($2.99)
約¥699
($4.99)
割引価格
(税込)
– ¥3,270– ¥5,350
約 22%オフ約 21%オフ
※2024/02/25までの割引価格、1$=¥140で計算

【ブラウザ別】1Password拡張機能のインストールリンク

1password-chrome-1

さて実際に、ブラウザ別の「ブラウザ版1Password」、デバイス別の「アプリ版1Password」の両方インストールしておきましょう。

記事を書いている時点で、1Passwordに対応していたブラウザ・デバイスは下記。
※アプリ版のリンクは、クリックした時点でダウンロードが始まるのでご注意を

インストールリンクの一覧

ちなみに:Googleパスワードマネージャーと1Passwordの違い

1password-chrome-2

これまで僕は、「Googleパスワードマネージャー」を利用していました。

一方の1Passwordは、安く購入しても月300円程の有料サービスです。
払う価値が有るかどうかは人それぞれだと思いますが、簡単に使用感を比較してみましょう。

具体的な違いとしては、下記の機能が1Passwordを使うメリットだと思います。

1Passwordを使うメリット
  • 結論:とにかく動作が快適
  • PC・Mac版アプリは、ショートカットキーの設定で自動入力できる
  • 生体認証(Face ID・Touch ID)との相性が良い
  • パスワードだけでなく、Wi-Fi・住所・クレカ情報を一括で登録できる
  • パスワード管理がアドレス帳のようで見やすい

簡単にまとめてしまうと、とにかく1Passwordの方が使いやすかったというのが僕の感想。
とにかく複雑なパスワードで、パスワードを忘れてしまわないようにすればOK、というのなら1Passwordは必要ないかもしれません。

では1Passwordの何が使いやすいのかというと、生体認証との組み合わせが快適。
外ではiPhoneのFace ID、家ではMacのTouch ID(MacBookやMagic Keyboardに搭載)でかなり快適でした。

ワンパスワードどころか、ノーパスワードです。
生体認証が優秀すぎて、わざわざTouch ID搭載のMagic Keyboardに散財してしまいました。

Google Chromeのパスワードマネージャーから、パスワードを移行する

1password-chrome-2-

今までパスワード管理ツールを使っていた方は、データのやり取りだけで簡単に1Passwordへ移行出来てしまいます

ここで移行方法を具体的にご紹介するのは、こういったパスワード管理ツールです。
挙げればキリはありませんが、各サービスでパスワードをCSVで出力する機能さえあれば簡単。

パスワードの移行は?
  • 移行が簡単だったパスワード管理ツール
    → Google Chromeのパスワードマネージャー
    → iCloudキーチェーン(PCもしくはMacが必要)
  • ファイル出力後の手順
    手順①:1Passwordにファイルを読み込む
    手順②:各サイトで複雑なパスワードに変更

具体的に見ておきましょう。

GoogleパスワードマネージャーからCSVで出力

Googleパスワードマネージャーからの出力方法です。
手順は下記。

Googleパスワードマネージャーからの出力方法
  • パソコンで Chrome を開く
  • 右上の [プロフィールアイコン] → [鍵アイコン] を選択
    • パスワード アイコンが表示されない場合は、画面の右上にある [その他アイコン] → [設定] → [自動入力] → [パスワード マネージャー] を選択
  • パスワードを表示、編集、削除、またはエクスポート
    • 表示: パスワードの右側にある右矢印 →[パスワードを表示] を選択
    • 編集: パスワードの右側にある矢印 → [編集] を選択
    • 削除: ウェブサイトの右側にある矢印 → [削除] を選択
    • エクスポート: [保存したパスワード] の右側にあるその他アイコン その他 次に [パスワードのエクスポート] を選択

この内容は、「Google Chrome ヘルプ」に記載があったものです。
公式サイトから確認したい方は、「保存したパスワードを表示、編集、削除、エクスポートする」を参照ください。

iCloudキーチェーンからCSVで出力

次に、iCloudキーチェーンからの出力方法です。
macOS Venturaでの手順は下記。

iCloudキーチェーンからの出力方法
  • システム環境設定を開く
  • [パスワード] のメニューを選択
  • [その他アイコン] から、パスワードをエクスポート
    • [すべてのパスワードを書き出す] を選択
    • もう一度 [パスワードを書き出す] を選択
    • 任意の名前を付けて、CSVファイルを保存

macOS Ventura時点では、このようなシステム環境設定の画面でした。

多少の手順は異なりますが、macOS Montereyではこのような画面でした。

1Passwordにファイルを読み込む

ここまで終わったら、あとは1Passwordにパスワードをブチ込んでいきます
こちらも手順を簡単にまとめたのが下記。

1Passwordにファイルを読み込む
  • 1Passwordアプリ(Mac・PC等)を開く
  • メニューバーの [ファイル] → [インポート] を開く
  • [ファイルから] を選択したら、先ほどのCSVファイルをドラッグ

すると、1Passwordアプリにパスワードが移行されます。
このように「インポートされたCSV」という保管庫にまとまっていると思います。

各サイトで複雑なパスワードに変更

これまでの手順で、パスワードの移行が終わりました。
かなり快適にはなりましたが、その前にパスワードを複雑なものに変更しておくことを推奨します。

手順は少し面倒なので、よく使うサイトだけで良いと思います。
具体的にはTwitterやAmazon、銀行やクレカ関係など、乗っ取りの危険性が気になるもの等。

サイト毎に保存されたパスワードの項目をクリックすると、「新しいパスワードを作成する」という表示が出てきます。
選択すると、このようにパスワード候補がランダムで生成されます。

ここで選べる項目は、下記の4つです。

パスワード設定の項目
  • 種類
    • ランダムなパスワード
      → ゴチャまぜで最も複雑なパスワード
    • 覚えやすいパスワード
      → 単語 ハイフン単語のパスワード
    • 暗証番号
      → 数字のみのパスワード
  • 文字(文字数・単語数)
    → 8〜100文字
  • 数字
    → 有り・無し
  • 記号
    → 有り・無し

パスワードの条件は各サイトでバラバラなので、サイトによって条件を変える必要があるかもしれません。

よく分からんという方は、「ランダムなパスワード」「20文字」「数字有り」「記号有り」で良いと思います。
たまに18文字以下限定だったり、記号が使えなかったりしますが、複雑なことに越したことはありません。

まとめ:1Passwordは正しく使いこなせれば、月300円ほどの価値は十分あった

これまでの内容を振り返ると、こういった疑問についてでした。

この記事の概要
  • 1PasswordはPC・Mac向けアプリだけでなく、ブラウザ版の拡張機能もインストールするべき?
  • Googleパスワードマネージャーと1Passwordの違いは?
  • ブラウザ別1Password拡張機能のインストール方法は?
  • Googleパスワードマネージャーから、1Passwordにパスワードを移行する方法は?

価格は月300円。
苦手なことを潰せると考えれば、そこまで費用対効果は悪くないと思っています。

セール情報

パスワード管理アプリ1Passwordが、ソースネクストでセール中。
期間限定なのでご注意ください。

  • クーポン
    • 1Password 3年版が¥1,000オフ
    • 1Password ファミリー用 3年版が¥1,680オフ
  • 更にオトクな買い方
    • ソースネクストのアカウント作成で、更に15%ほど安く使えます
  • 対象期間:2024/02/25まで
1Password
1password-banner-2
引用:1Password 3年版 | ソースネクスト
  • ソースネクスト経由
    • 1Password 3年版:¥12,800¥11,800
    • 1Password ファミリー 3年版:¥21,480¥19,800
  • 1Password公式
    • 1Password:約¥419($2.99)/月
    • 1Password ファミリー版:約¥699($4.99)/月

※1$=¥140で計算、までの期間限定

もっと細かい1Passwordの使い方については、こちらの記事からご確認ください。

【YouTube版】定番のパスワード管理アプリ「1Password」が、今こそ最強なので伝えたい【神アプリ】

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ジャンプできる目次