DTM 音楽

【M1 Mac対応】steinbergのオーディオインターフェースがM1 Macに対応

2021-04-24

ur24c

品切れ情報

ここでおすすめしている「UR24C」ですが、なんと生産完了になってしまいました。今ある在庫が全部です。Amazonなど在庫のあるサイトでお早めにお買い求めください。
同じくUR-Cシリーズの「UR22C」と「UR44C」は生産中ですが、こちらは品薄状態なので定価で手に入るうちにどうぞ。

同じくUSB-C接続に対応しているFocusriteのScarlettシリーズについてもご検討ください。
問題なくM1 Macで使用が可能で、使用レビューはこちら(【Focusrite比較】おすすめのオーディオインターフェースは2i2)のページで詳しく比較しています。

【Focusrite比較】おすすめのオーディオインターフェースは2i2

USB-C接続も可能な定番のオーディオインターフェース、Focusrite「Scarlettシリーズ」。 入出力の違いによって様々なモデルが発売されていて、どれを選んだらいいのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。 5モデルの ...

続きを見る

歓喜!
非公式ながらM1 Macに対応していたsteinbergのオーディオインターフェース「UR-C」シリーズが、公式でも対応したので歓喜の更新です。
以前の記事ではM1 Macにおすすめのオーディオインターフェースとしてご紹介しましたが、より安定性が高まりったのと、dspMixFxというライブ配信やオンライン会議にも役立つミキサー機能も使用できるようになりました。

「UR24C」自体のレビュー記事は下記からどうぞ。

【UR24Cレビュー】全部入りのコスパ抜群オーディオインターフェース

DTMをする方だけでなく、モニタースピーカーでのモニタリングやレコードのデジタル化にまで必要となるのがオーディオインターフェース。 Mac・PCにオーディオ端子を接続するための機材ですが、DTM環境の軸となる機材に違いない。 そこで私が購入 ...

続きを見る

公式でサポートされたことで、新たに安定して使用できた機能は下記の内容です。

ポイント

  • dspMixFx(ミキサー機能)
  • Yamaha Steinberg USB Control Panel(ドライバ機能)
  • firmware(アップデートチェック機能)

サポート対象になるためには、対応ドライバのインストールが必要です。
インストール方法も公式HPが埋もれていたので、あわせてご紹介します。

ちなみに、私が検証に使用したのは「UR24-C」です。

他にも「UR-C」シリーズには人気の「UR22C」「UR44C」もあります。
そちらは、下記の記事で扱っています。

top
【M1 Mac対応】おすすめのオーディオインターフェースはUR24C

M1 MacではDTMができない? 同様に少し前までは私も「DTMできない」と思っていて、M1 MacBookとは別にintelのiMacをRekordbox DJとDTMのためだけに残していました。 M1 MacBookの使い心地が良すぎ ...

続きを見る

社会不適合者がブログで生活できないか実験しています。
脱サラしたのに、ダラダラと週3回くらいブログを更新中。
Twitter:こちら
YouTube(ラーメン二郎制覇中):こちら

 

steinberg「UR-C」シリーズがM1 Macに対応した

steinberg「UR-C」シリーズがM1 Macに対応しました。
深堀りする内容も無いので、ざっくりのご紹介です。

M1 MacはDTMにもピッタリのPCで、現在売られているMacの中でもコスパの良さはずば抜けています。
当ブログでも、M1 MacBookをDTM用のPCとしてご紹介しています。

【MacでDTM】必要スペックから考える今買うべきMac【最低スペックでOK】

MacでDTMするためには、どのくらいのスペックがあれば問題なく音楽制作できるのでしょうか。 Macにはカスタマイズできる項目がいくつもあって、CPU・GPU・メモリ・ストレージなど聞き慣れない単語ばかり。 Macと言えば値段が高くて、Ma ...

続きを見る

M1 Macへの対応状況は全てNative対応ではなくRosetta2対応ですが、現状の反応速度には全く不満は無く問題には感じませんでした。
全て検証中(今後対応しないものは非対応の表示になる)につき、今後の対応にも期待。

steinberg製オーディオインターフェースのM1 Mac対応リスト

私の使用しているのは「UR24-C」ですが、その他steinberg製オーディオインターフェースの対応状況は下記の通り。

ヤマハ | macOS Big Sur (11) 対応状況 - 日本国内でのスタインバーグ製品のサポートについて: 株式会社ヤマハミュージックジャパン
ヤマハ | macOS Big Sur (11) 対応状況 - 日本国内でのスタインバーグ製品のサポートについて: 株式会社ヤマハミュージックジャパン

japan.steinberg.net

具体的には下記オーディオインターフェースが対応しています。
※2021/04/23 更新分まで記載しています。

M1 Mac対応リスト

  • AXR4U(制限付対応)
  • UR816C
  • UR44C
  • UR24C
  • UR22C
  • UR-RT4
  • UR-RT2
  • UR824
  • UR28M
  • UR44
  • UR242
  • UR22mkII
  • UR22
  • UR12
  • CI1

 

M1 Mac対応ドライバのインストール方法

dspMixFx

M1 Mac対応ドライバをインストールする流れをざっくりご紹介すると下記の通り。

インストールの流れ

  1. 対応ドライバのインストール
  2. TOOLSのインストール

肝心のインストール方法は下記の通り。
参照はYAMAHA(steinbergの親会社)の公式HPです。

jpfaq
jpfaq

yamaha.custhelp.com

せっかくなので、実際にドライバをインストールした流れもご紹介します。

①M1 Mac対応ドライバをインストールしてみた(ドライバのインストール)

結果としては、なんてことなくインストールできました。
ドライバをインストールする前は使用できなかったTOOLSも使用できるようになりました。

まずは、対応ドライバのインストールから実施します。
下記サイトから「Yamaha Steinberg USB Control Panel.app」というアプリをインストールします。

to-install-1

2021年4付き24日現在で最新ドライバです

ダウンロード | Steinberg
ダウンロード | Steinberg

最新アップデートや関連ファイルはこちらから

japan.steinberg.net

ダウンロードしたpkgファイルを開いてインストール。
MacにRosetta2が入っていない場合は、ここでRosetta2をインストールしましょう。

インストールが終わってYamaha Steinberg USB Control Panelがインストールできたら、インストーラーの指示に従って再起動することになります。
セキュリティのポップアップが出てきてインストールできなかった場合は、Macの設定画面「セキュリティとプライバシー」を開いてみてブロックを解除する必要があります。

②M1 Mac対応ドライバをインストールしてみた(TOOLSのインストール)

無事対応のドライバをインストールしたら、念願のTOOLS(ミキサーやアップデートツールが入っています)をインストールします。
TOOLSは、ミキサーやアップデートツールが入った便利アプリのパッケージで、公式のサポートを受けるならインストール必須です。

TOOLSは下記のページから、手持ちの機種を選択して対応ドライバをインストールします。

to-install-2

ハードウェアの項目から手持ちの機種を選択

Downloads | Steinberg
Downloads | Steinberg

Steinberg steht weltweit für professionelle Audio Software- und Hardware-Lösungen. Das Unternehmen entwickelt, produzier ...

japan.steinberg.net

選択すると、自動的に対応ドライバのインストールできるページへジャンプします。
UR24Cを使用している私は、このように「TOOLS for UR-C」のページへ移動しました。

to-install-3

2021年4付き24日現在で最新ドライバです

これらの手順を踏んでもしインストールできなかった場合、下記のサイトの「Macのセキュリティポリシーの変更」とある箇所から、リカバリーモードとして起動する手順を踏む必要があります。
私は必要なかったので、スクリーンショット等なくすみません。

jpfaq
jpfaq

yamaha.custhelp.com

 

【定番記事まとめ】MacでDTM環境を整えてみた

2022/9/28

【AG03mk2レビュー】Macでのゲーム実況・配信ならコレ一択

YAMAHAの「AG03・AG06(AGシリーズ)」と言えば、ゲーム実況・配信者向けのオーディオインターフェース。 2022年4月には、Macで使いやすく音質も向上した「AG03mk2」「AG06mk2」となってグレードアップして発売されました。 本当にAG03mk2は、ゲーム実況・配信者向けなのか? どういったポイントが使いやすいのか? AG03mk2のレビューをしながら、こういった内容まで深堀りしていきます。 接続する端子やツマミが多い機材ですが、必要な部分さえ分かればそこまで難しくありません。 配信 ...

ReadMore

2022/9/28

配信向けのおすすめオーディオインターフェース【そもそも必要?】

配信のクオリティーを高めるために、持っておくと何かと役に立つのがオーディオインターフェース。 DTMをやっている方でもないとよく分からない機材だと思います。 そんなオーディオインターフェースについて、配信をより本格的に始めるための配信向けおすすめのオーディオインターフェースについてまとめました。 普段はDTMについて書いているので、こういった内容も含めてより深堀りしてご紹介しています。 そもそも、配信を始めるのにオーディオインターフェースは絶対に必要なの? マイクとPC・Macを接続するためにオーディオイ ...

ReadMore

2022/8/22

【MacでDTM】必要スペックから考える今買うべきMac【最低スペックでOK】

MacでDTMするためには、どのくらいのスペックがあれば問題なく音楽制作できるのでしょうか。 Macにはカスタマイズできる項目がいくつもあって、CPU・GPU・メモリ・ストレージなど聞き慣れない単語ばかり。 Macと言えば値段が高くて、Macはコストパフォーマンが悪いPCというイメージかもしれません。 しかしながら、M1チップというApple独自のプロセッサ(頭脳)が発売された2020年以降は、コストパフォーマンは優秀で省バッテリーという文句なしのMacばかり。 結論としては、2022年現在で発売されてい ...

ReadMore

2022/8/22

【必要?】オーディオインターフェースはDTM初心者こそ持つべき理由

DTMを始めるなら一番に持っておきたい機材、大体の場合それはオーディオインターフェースになることは違いありません。 それでもDTMについての知識があまり無いと、オーディオインターフェースは何に使うのかもよく分からないし、買おうとするとそこそこ高い。 オーディオインターフェースを必要な理由は簡単で、DTMのあらゆる場面で使うことの出来るDTM環境の軸となる機材だからです。 持っているだけでDTMで出来ることが一気に広がるので、わざわざ持たずに使う機材を制限するのはもったありません。 そんな事も踏まえて、実際 ...

ReadMore

2022/8/22

【Focusrite比較】おすすめのオーディオインターフェースは2i2

USB-C接続も可能な定番のオーディオインターフェース、Focusrite「Scarlettシリーズ」。 入出力の違いによって様々なモデルが発売されていて、どれを選んだらいいのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。 5モデルの中でもおすすめは2i2で、価格は下から二番目のモデルながら高品質で、コンパクトなのにも関わらず機能は一人前。 これからDTMを始める初心者の方にも、安心しておすすめできる非常にコストパフォーマンの優れたオーディオインターフェースです。 FOCUSRITE Scarlet ...

ReadMore

DTMやるのにMacのスペックはどれくらい必要?
DTM用のMac選び方はこちらから。

【2022年】DTMを始めるのに最もオススメなMacは?【M1 Macが無難】

MacでDTMを始めようとした時に、ついつい悩んでしまうのがMacのマシン選び。 一言にMacと言ってみても、持ち運びできるMacBookから据え置き型のMac miniやiMac等、どれがDTMと相性が良いのかがよく分からないですよね。 ...

続きを見る

おすすめしたいDTM機材についてまとめた記事です。

【2022年まとめ】DTMにおすすめの機材5つ【ジャンル・ケース別に紹介】

DTMを始めるにはどんな機材が必要? それぞれの機材はどんな役割? 初心者や中級者向けにおすすめの機材は? などなど………。 これからDTMを始める方にとって、DTMの機材選びは分からないことだらけだと思います。 そんな方に向けて、予算や作 ...

続きを見る

【必要?】オーディオインターフェースはDTM初心者こそ持つべき理由

DTMを始めるなら一番に持っておきたい機材、大体の場合それはオーディオインターフェースになることは違いありません。 それでもDTMについての知識があまり無いと、オーディオインターフェースは何に使うのかもよく分からないし、買おうとするとそこそ ...

続きを見る

M1 Macとの対応状況をまとめています。

【M1 MacでDTM】初〜中級者はコレで正解【対応状況まとめ】

私がM1 MacをメインマシンとしてDTM(音楽制作)を始めて半年以上が経過しました。 M1 PROやM1 MAXと呼ばれる新たなチップが搭載したMacBook Proも発売され、M1チップシリーズの勢いは加速していく一方。 発売当初のM1 ...

続きを見る

参考までに、私のデスク環境です。
DTM・ブログ更新・動画編集・ネットサーフィンを、質の高いDTM機材でこなせるデスクです。

ideal-dtm-room-tours-top
【デスク周り】DTMガジェットオタク歴5年で完成した理想のデスク

DTMを始めてから5年以上、気付けばブログでDTM機材も扱う自称DTMガジェットブロガーに。 今まではどこか満足のいっていないDTM環境でしたが、ようやく満足のいくDTMデスク周りが出来上がりました。 ネットで調べても自分にあった機材・配線 ...

続きを見る

音楽教室でDTMって少し違和感があるかもしれませんが、DTMのレッスンがかなり増えています。
体系的にDTMを学びたい方には、DTM講座のある音楽教室での無料体験がおすすめです。

DTM教室まとめ

椿音楽教室 シアーミュージック アバロンミュージックスクール Enjoy Your Sound
DTMレッスン
60分あたりの料金 約 ¥5,825〜 約 ¥5,866〜 約 ¥4,700〜 約 ¥12,305〜
オンラインレッスン ×
スタジオがある都道府県 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫・奈良 33都道府県 東京・神奈川・埼玉・千葉・宮城・山形・福岡 東京・神奈川・埼玉・千葉・新潟・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・北海道
無料体験レッスン

-DTM, 音楽