【SOUNDPEATS Air4 Proレビュー】ノイキャンと音質が優秀な8千円台イヤホン

  • URLをコピーしました!

いつの間にワイヤレスイヤホンは、2〜3万が当たり前になってきました。
ですが探してみると、手頃で優秀なイヤホンはたくさんあります。

で、使ってみたのがSOUNDPEATSというブランドのワイヤレスイヤホン「Air4 Pro」。

たしかに弱点が無いわけではありませんが、全然悪くない、というか良いぞこれ。
価格以上に良いイヤホンだったのでご紹介。

本記事は、SOUNDPEATSから商品提供を受けて作成されたPR記事です。

ジャンプできる目次

安いのにスペックが優秀な、SOUNDPEATS Air4 Pro

soundpeats-air4-pro-4

まずは簡単に、SOUNDPEATS Air4 Proの概要から確認してみましょう。
特徴をざっとまとめるとこんな感じ。

SOUNDPEATS Air4 Proの概要
  • 音の特徴は、高音がスッキリ聴こえるバランス型
  • ノイズキャンセリングはそこそこ優秀
  • 通話時のノイズキャンセリングも優秀
  • ただし、外部音取り込みはビミョウ
  • タッチパネルの操作は複雑

一言でいうなら、コスパ良く音質が良い、ノイキャン搭載ワイヤレスイヤホン。

実際に調べてみるとこのイヤホン、「VGP 2024コスパ大賞」で金賞を取っています。
(僕の耳が狂っていなくてよかった…!)

更に、セールやクーポンで頻繁に安くなっている様子。
7千円台でこの機能なら十分すぎると思います。

セールが開催しているかどうかは、Amazonの商品ページをご確認ください。

SOUNDPEATS Air4 Proをレビュー

soundpeats-air4-pro-5

レビューのポイントは、これらの流れでまとめました。

SOUNDPEATS Air4 Proのレビュー
  • 音の特徴
  • ノイズキャンセリング・外音取り込み
  • 内蔵マイクの通話ノイズキャンセリング
  • タッチパネルでの操作方法

それぞれ確認していきましょう。

先にご紹介しておくと、ケースはUSB-C端子が搭載。
ライトニング端子とかいうアレな端子はついていません。

soundpeats-air4-pro-5

カラーは、ブラックベージュホワイトの3種類。

音の特徴は、高音がスッキリ聴こえるバランス型

soundpeats-air4-pro-7

何よりこのイヤホン、音がいい。
少なくとも1万円以内のクラスで考えたら、相当優秀な方だと思います。

スペックからも音の良さは分かります。
具体的には下記。

音の特徴
  • コーデック
    • 「aptX Lossless」に対応
      → ハイレゾ相当の音源も劣化させず聴ける
  • ドライバー
    • 13mm大口径ダイナミックドライバー
      → より迫力のある音声に

ドライバーは13mmで、かなり大きめの部類。
にも関わらずサイズはAirPods Proと同等でした。

soundpeats-air4-pro-8-1
soundpeats-air4-pro-8-2

総合的に考えても、やはりクセの無い素直な音だと言えます。
方向性としては少し高音が強い印象。

ノイズキャンセリング・外音取り込み搭載

ワイヤレスイヤホンといえば、ノイズキャンセリングや外音取り込みは定番となってきました。
実際のところ外で使う場合、音質よりノイキャンの方が重要だと思う。

SOUNDPEATSのAir4 Proは、1万円未満という価格なのにノイキャンや外音取り込みにも対応。

モードの切り替えは、「S」と書かれている部分のタッチパネルを使います。
操作方法は後述。

soundpeats-air4-pro-10

最も気になるノイズキャンセリングはというと、かなりよくできている印象。

僕が普段使っているAirPods Proより少し弱くて、音が若干こもっている感はありますが。
ノイキャンが強すぎると耳が辛くなる方なら自然に感じるかも。

ただし外音取り込みは、正直ダメダメ。
機械音のような風切り音のようなノイズがかなり強くて、これは使い物にならないと思う。

外音取り込みを使うくらいなら、ノーマルモード(ノイキャンでも外部音取り込みでもないモード)で良い。

内蔵マイクもcVc通話ノイズキャンセリング搭載で、オンライン会議にも強い

soundpeats-air4-pro-11

オンライン会議が増えて、重要さが増してきたワイヤレスイヤホンの内蔵マイク。

SOUNDPEATSのAir4 Proには、「cVc通話ノイズキャンセリング」なる機能も搭載しています。
「aptx Voice」という規格で知られています。

これもかなり優秀だったので、簡単にご紹介したい。

要するに、「マイクから声以外のノイズをカットする機能」です。
騒がしい環境でも、オンライン会議ができるのはデカい。

論より証拠ということで、ノイズだらけの我が家で収録してみました。

少し機械音にっぽい音ですが、ノイズはかなりカットされています。

録音環境は、空気清浄機を最大風力で動かし、食洗機も近くで稼働。
同じ場所で、MacBook内蔵のマイクを動かすと、これだけのノイズが出てきました。

タッチパネルで、再生・停止・音量などを操作

soundpeats-air4-pro-12

ここまでご紹介してきた機能を操作するのが、「S」と書かれている部分。
タッチパネルになっていて、タップ回数・時間で操作が決まります。

SOUNDPEATS「Air4 Pro」の主要タッチパネル操作をまとめがのが下記。

タッチパネルの操作方法
  • 左右どちらか
    • ダブルタップ → 再生/一時停止
    • タップ×1:音量を下げる
    • タップ1.5秒:モード切替
    • タップ×3:ゲームモードのオン/オフ
    • タップ×1:音量を上げる
    • タップ1.5秒:曲送り
    • タップ×3:Siri/Googleを起動

機能が多いのは嬉しいものの、これを使いこなすのは時間がかかりますね。
同封されている説明書に記載こそありますが、忘れたらいちいち確認するのも面倒。

soundpeats-air4-pro-14

ただし、装着検出機能は付いています。
耳に装着すると自動で音声が流れるので、使用頻度はそこまで高くないでしょう。

ちなみに、SOUNDPEATS公式アプリではより細かい設定も可能。
イコライザ等の調整はそちらから設定することになります。

SOUNDPEATSの「Air4 Pro」「Air4」「Air4 Lite」を比較

soundpeats-air4-pro-15

SOUNDPEATSがややこしいのは、モデルが多すぎて判別がつきにくいところだと思います。
どのイヤホンにどの機能があって、どれを買ったら良いか分かりません。

ということで、同じ「Air4」シリーズを一通り表にまとめたのが下記。

Air4 ProAir4Air4 Lite
soundpeats-air4-pro-1soundpeats-air4-pro-2soundpeats-air4-pro-3
形式カナル型インナーイヤー型インナーイヤー型
本体バッテリー
(ケース込)
6.5時間
(26時間)
6.5時間
(26時間)
7時間
(30時間)
充電端子USB-CUSB-CUSB-C
Adaptive ANC対応 対応 非対応
aptx Voice 対応非対応 非対応
装着検出の機能 対応 非対応 非対応
風ノイズの低減 対応 非対応 非対応
参考価格¥8,480¥8,980¥7,380

比較すると分かりますが、そもそもカナル型のワイヤレスイヤホンは「Air4 Pro」だけ。

折角のノイズキャンセリング機能を最大限使うなら、やはりカナル型が優秀。
カナル型は耳にフィットする構造だからです。

一方のインナーイヤー型は耳に軽く引っ掛ける構造。
フィット感や遮音性を求めるならカナル型を、気楽に付けられる開放感を求めるならインナーイヤー型を推奨。

比較するなら、同じくSOUNDPEATSの「Capsule3 Pro」の方が近い。
ただこちらは2022年発売のモデルなので、一部を除いてほぼ下位互換といって良いでしょう。

一言で言うなら、ハイレゾ音源に特化したワイヤレスイヤホンと。

「Capsule3 Pro」が勝っている機能は、LDACコーデック対応、充電ケースのバッテリー量など。
しかしながら、ノイズキャンセリングが若干弱く、ドライバーは若干小さく低音は若干弱く、「cVc通話ノイズキャンセリング」は非対応。

まとめ:コスパはいいけど、弱点もある

これまでを振り返ると、このような内容でした。

SOUNDPEATS Air4 Proの概要
  • 音の特徴は、高音がスッキリ聴こえるバランス型
  • ノイズキャンセリングはそこそこ優秀
  • 通話時のノイズキャンセリングも優秀
  • ただし、外部音取り込みはビミョウ
  • タッチパネルの操作は複雑でビミョウ

この値段なら十分に優秀なワイヤレスイヤホンでしょう。

1万円未満のワイヤレスイヤホンで、音質とノイキャンを重視したい方に推奨。
記事更新時点では、Amazonでクーポンやセールの対象になっていたので商品ページも確認してみてください。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ジャンプできる目次