ガジェット 生活改善ガジェット

比較して分かるタンク式食洗機の間違いない選び方【ポイントは6つ】

2022-03-09

工事不要ですぐに生活改善できるタンク式の食洗機。
3万円ほどで家事がひとつ無くなってしまうという、かなり優秀なアイテムです。

そんな食洗機ですが、2021年時点で日本での普及率は約3割と、欧米の普及率約7割を大幅に下回っていているようです。
(参照:日本の普及率は約3割、統計でみる「食洗機」の販売動向|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

分岐水栓いらずのタンク式食洗機を導入するメリット・デメリットから、比較すべきポイントを6つに絞っておすすめの食洗機をご紹介します。
6つのポイントから、タンク式食洗機10種類を比較しますので、使用される予定の環境を含めて検討していただければと思います。

タンク式食洗機もどんどん増えていて、どれを買えばいいのかよく分からない方の参考になればと思います。

社会不適合者が、ブログで引きこもりながら生活しようとするお話。
Twitter:こちら
YouTube(ラーメン二郎制覇中):こちら

 

【比較】タンク式食洗機は、細かなところで特徴がある

どのような環境で使用するかは人それぞれなので、おすすめのタンク式食洗機も人それぞれです。
例えばタンク式食洗機を少し高めの場所に設置するなら、食洗機の下の方から給水できると水を入れるのが簡単ですよね。

給水する位置のように、たくさん発売されているタンク式食洗機を選ぶ際の比較ポイントを6つ用意しました。
買ってから後悔することのないように、使用環境をイメージしていただきながら選んでいただくと間違いないと思います。

まずはタンク式食洗機のメリット・デメリットを改めてご紹介します。
そもそも選ぶべき食洗機はタンク式食洗機で間違いないのか、そこから考えてみましょう。

メリット・デメリットをお読み頂いてからのほうが、比較するポイントのイメージがつきやすいとは思います。
一足先に比較する10種類のタンク式食洗機を挙げると、下記の通りです。

メーカー モデル 特徴 価格(税込)
サンコー ラクア STTDWADW 二段構造で収納力は抜群 ¥29,800
ラクアmini TK-MDW22W コンパクトで選ぶならコレ ¥19,800
シロカ SS-M151 タイマー機能 ¥35,000
SS-MA251
タイマー・オートオープン機能 ¥59,800
SS-MU251 タイマー・UV除菌機能 ¥52,800
アイリスオーヤマ ISHT-5000 ミニマルなデザイン ¥29,800
KISHT-5000 タイマー機能 ¥32,400
東芝 DWS-22A 安心の東芝クオリティー ¥35,200
maxzen JDW03BS01 本体下から給水が可能 ¥26,800
COMFEE' WQP6-3602K タイマー機能・組み上げて給水 ¥39,800

※本体サイズは幅×高さ×奥行きで表示
※価格は2022年3月現在の公式サイト価格

比較してみると案外大差無いと思われるかもしれませんが、実際そのとおりなんです。
ただしそれぞれに特徴がありますので、基本どれを買っても間違いはありませんが、後悔の無いよう選んでいただければと思います。

結果、我が家のタンク式食洗機はラクアにしました

結果なにを使っているんだというと、私はサンコーの食洗機ラクアを購入しました
選んだ理由はざっくり下記の通りです。

サンコーのラクアを選んだ理由

  • 二段構造で食器の入る量が多い
  • 分岐水栓でも給水できる
  • 強力洗浄なら最大75℃と温度が高め
  • ライトで中身が見えやすく洗浄ムラに気付きやすい

タンク式食洗機の一度に洗える食器量があまり多くないのは確かですが、二人暮しならこれでも十分に快適でした。
二段構造になっているので、お箸やカラトリーといった細々としたものをドサッと入れられるのも魅力。

ラクアは使い勝手も良く、設計もよく考えられています。
詳しい使用レビューはこちら(【分岐水栓いらず】サンコーの食洗機ラクアで明日から生活改善)でも詳しく書いています。

1-thanko-rakua-STTDWADW-3
【分岐水栓いらず】サンコーの食洗機ラクアで明日から生活改善

食洗機というと、なんだか裕福な大家族だけが使うものというイメージ。俺なんかに食洗機はまだ早い…と思っていましたが、実はそんなことはない。 今回食洗機を導入することで改めて、皿洗いってこんなにストレスのあることだったんだ…と感じる日々です。 ...

続きを見る

私自身は引っ越しも少なくないので、分岐水栓工事をしてしまうか?さっさとタンク式食洗機を買うか?で悩んでいました。
いざタンク式食洗機を使い始めてみると、実際には給水もそこまで面倒でなく、悩んでいるくらいなら早くタンク式食洗機を買うべきだったなぁと思うほどでした。

給水の面倒くささよりも、お皿を洗わなくていいという便利さが圧倒的に勝りました。
それくらい家事がひとつ無くなる、というのは一気に生活が便利になるわけです。

 

比較する前に、そもそもタンク式食洗機のメリット・デメリットは?

そもそも買うべき食洗機は、タンク式食洗機で合ってる?と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
まずはそこから考えてみましょう。

先にざっくり見てみると、タンク式食洗機にはそれぞれこのようなメリット・デメリットがあります。

タンク式食洗機のメリット・デメリット

  • デメリット
    水を汲むのが面倒
    サイズは1~2人向けと小さめ
    乾燥機能はあまり強くない
  • メリット
    工事不要で使えて、引っ越しにも強い
    本体価格が安い
    設置場所を選ばない
  • 食洗機全般のメリット
    調理器具を使うことに躊躇しなくなった
    時間の節約になる

工事費用も含めると、タンク式食洗機以外の価格は倍以上になると思いますので、このあたりはお財布と相談ですね。
もっと詳しく見てみたいという方は、こちらからどうぞ(【食洗機】タンク式のデメリットを超えるメリット【これで十分かも】)。

【食洗機】タンク式のデメリットを超えるメリット【これで十分かも】

工事も必要無く、手軽に導入することができるタンク式の食洗機。 導入が簡単というようなメリットはありますが、タンク式食洗機は実際に使っていてどのようなデメリットがあるのでしょうか。 タンク式の食洗機を導入してから1年近く経っちましたが、我が家 ...

続きを見る

タンク式食洗機の他には、水道から給水する据え置き型・ビルトイン型もあります。
タンク式食洗機以外ともざっくり比較した内容は下記の通りで、どれも一長一短ということが分かるでしょうか。

タンク式食洗機 据え置き型(自動給水) ビルトイン型
給水の簡単さ ×
サイズ △〜○ △〜◎
乾燥機能 △〜○
設置(工事)の簡単さ ×
本体価格 約3万円〜 約7万円〜 約10万円〜
備考情報 タンク式と自動給水の両方が使えるものもある サイズは据え置き型と同様のものから大きいものまで 台所に取り付けるには大掛かりな設置工事が必要

※タンク式食洗機も厳密に言えば据え置き型ですが、ここで挙げる据え置き型はタンク式食洗機を除くものとお考えください

タンク式食洗機のメリット

洗うたびに給水しなければいけなくて面倒、といったようにデメリットばかり考えてしまいがちなタンク式食洗機
しかし実際にはどれも一長一短で、タンク式食洗機のメリットばかりを教示できる方も多いはずです。

タンク式食洗機のメリットは、ざっくりこちらの通り。
もうご存知かもしれませんが、改めてどうぞ。

タンク式食洗機のメリット

  • 工事不要ですぐに使えて、引っ越しにも強い
  • 本体価格が安い
  • 設置場所を選ばない
  • 高温洗浄・洗剤も使えば洗浄力は手洗いの比じゃない

賃貸に住んでいると、どうしても億劫になってしまうのが分岐水栓工事。
我が家の分岐水栓工事は見積もりしてみたところ3万円ほどで、タンク式食洗機を買ったほうが安いという悲しい結果で、現時点で断念しています。

引っ越しする時には原状回復が必要ですし、引っ越し先でも分岐水栓工事が必要で考えれば考えるほど面倒になる。
後述しますが、タンク式食洗機ながら分岐水栓で自動給水できるモデルもあるので、そちらを買ってしまって気が向いたら分岐水栓工事をするっていうのもアリです。

rakua-haisui

参照:水道いらずのタンク式食器洗い乾燥機 「ラクア」 | 【公式】サンコー通販オンラインショップ

分岐水栓で自動給水できるモデルの価格は、工事費用を含めると3倍ほどが相場じゃないでしょうか。
後先のことを考えるとそれでもお得かもしれませんが、初期投資としては少し高めですよね。

また、タンク式食洗機は設置する場所を選ばないのも特徴です。
手動で水を汲むので水道とつなげる必要が無いのはもちろんのこと、バケツで排水すればコンセントさえ届く場所ならどこにでも置けます

rakua-haisui-2

参照:水道いらずのタンク式食器洗い乾燥機 「ラクア」 | 【公式】サンコー通販オンラインショップ

家が狭くて食洗機なんか置く場所が無い!という方でも、シンク横と言わすにラック等を用意すれば、そこに置いて置くことも可能です。
食洗機というとキッチンのシンク横に置くものというイメージですが、設置場所を選ばないタンク式食洗機ならそんな必要もありません。

また、これから食洗機を導入しようとしている方からしたら、洗いムラも気になるかもしれません。
しかしながら使ってみると食洗機のパワーは中々に強力で、具体的なその理由としてはこのようなものが挙げられます。

食洗機のパワー

  • パワフルな高温洗浄:最高75℃のすすぎで油汚れもサッパリ落ちる
  • パワフルな洗剤:手荒れしやすい弱アルカリ性の洗剤も使いやすい

手洗いは20〜30℃ですが、豚・牛の脂が溶ける温度は40〜50℃と言われています。

water-wash-oil

参考:キレイに洗える | 食器洗い乾燥機(食洗機) | Panasonic

これを超える60℃以上の温度が食洗機なら可能という訳です。

【食洗機】タンク式のデメリットを超えるメリット【これで十分かも】

工事も必要無く、手軽に導入することができるタンク式の食洗機。 導入が簡単というようなメリットはありますが、タンク式食洗機は実際に使っていてどのようなデメリットがあるのでしょうか。 タンク式の食洗機を導入してから1年近く経っちましたが、我が家 ...

続きを見る

タンク式食洗機のデメリット

安価に手に入れられるだけに、タンク式食洗機の全てが完璧なのかというとそんなこともないのが現状です。
個人的にはこれでも十分と考えている訳ではありますが、気になる方が全くいないとも言い切れません。

タンク式食洗機のデメリット

  • 水を汲むのが面倒
  • サイズは1~2人向けと小さめ
  • 乾燥機能はあまり強くない

水を汲む必要があるのはもちろんですが、タンク式食洗機は全体的にサイズが小さめなものが多いです。
直径28cmほどであればフライパンも入りますが、フライパンを入れると他のものがたくさんは入らないという事態が起きてしまいます。

我が家では23cmほどの小さめフライパンや鍋を使っていて、取っ手も取れるタイプを使っていれば日常使いするにも問題無い程度という印象ではあります。
特に鍋やフライパンに関しては、なんでも入るとは中々言えないサイズなので、普段使っている調理器具を小さめにすることが場合によっては必要かもしれません。

二段構造になっているタイプのタンク式食洗機を買うなど、収納力については大きめのものを持っておくと後々後悔しません。
手洗いするのは面倒だけど定期的に洗いたいもの(トースターの受け皿や調味料入れなど)が物理的に入るだけでも、断然細かなところせ生活が楽になりますよ。

created by Rinker
下村工業(Shimomura Kougyou)

また、食洗機の乾燥能力についてはあまり期待しないほうがいいでしょう。
Amazon等にも同様のレビューが複数あったので覚悟はしていましたが、実際に使ってみてもその通りでした。

洗い終わったらすぐに扉を開けて乾燥させて対応しているので特に不満はありませんが、洗ってすぐに使いたいという方には少し不満かもしれません
お風呂場をイメージすると分かりやすいですが、高温で乾燥させても湿気があるとどうしても乾きにくいですよね。

タンク式食洗機を問わず、食洗機は全体的にその傾向があるようです。
実際タンク式以外のタイプも見てみると、ビルトイン型の食洗機も洗い終わったら扉が自動で開くタイプも多い。

高温で乾燥させようとするのは電気代もかかってしまってコスパが悪い、というのが食洗機業界の流れなのでしょうか。

【食洗機】タンク式のデメリットを超えるメリット【これで十分かも】

工事も必要無く、手軽に導入することができるタンク式の食洗機。 導入が簡単というようなメリットはありますが、タンク式食洗機は実際に使っていてどのようなデメリットがあるのでしょうか。 タンク式の食洗機を導入してから1年近く経っちましたが、我が家 ...

続きを見る

 

タンク式食洗機おすすめ10選を、6つのポイントで特徴を比較

今回比較するのは全部で10種類のタンク式食洗機です。
横長の表で恐縮ですが、全て一挙に比較するとこのような内容です。

メーカー モデル ①食器の入る容量 ②本体サイズ ③分岐水栓での給水 ④給水する位置 ⑤最高洗浄温度
(洗浄機能)
⑥中身が見える 特徴 価格(税込)
サンコー ラクア STTDWADW 3人分
(二段構造)
41×44×41cm 本体上 〜75℃
(上下囲み洗い)

ライト有り
二段構造、高温洗浄とコスパが抜群 ¥29,800
ラクアmini TK-MDW22W 1〜2人分 31×42×32cm × 本体上 〜75℃ コンパクトで選ぶならコレ ¥19,800
シロカ SS-M151 3人分 42×44×44cm 本体上 〜70℃
(上下囲み洗い)
タイマー機能 ¥35,000
SS-MA251
3人分
(二段構造)
42×47×44cm 本体上 〜75℃
(上下囲み洗い)
タイマー・オートオープン機能 ¥59,800
SS-MU251 3人分
(二段構造)
42×47×44cm 本体上 〜75℃
(UV除菌)
タイマー・UV除菌機能 ¥52,800
アイリスオーヤマ ISHT-5000 3人分 42×44×45cm × 本体上 〜70℃
(上下囲み洗い)
× ミニマルなデザイン ¥29,800
KISHT-5000 3人分 42×44×45cm × 本体上 〜70℃
(上下囲み洗い)
タイマー機能 ¥32,400
東芝 DWS-22A 3人分 42×44×44cm × 本体上 〜75℃
(UV除菌)
UV除菌機能 ¥35,200
maxzen JDW03BS01 3人分 45×41×49mm 本体下 〜70℃ 本体下から給水が可能 ¥26,800
COMFEE' WQP6-3602K 5人用 54×55×44cm バケツで給水 〜75℃
(UV除菌)
× タイマー機能・組み上げて給水・UV除菌機能 ¥39,800

※本体サイズは幅×高さ×奥行きで表示
※価格は2022年3月現在の公式サイト価格

今回は6つのポイントで比較しますが、それぞれおすすめの機能がありますので合わせてご紹介させてください。
ポイントごとのおすすめと、それをおすすめする理由は次の内容です。

ポイント別のおすすめ

  • ポイント①:食器の入る容量
    → お箸やカラトリー、調理器具をたくさん入れられる二段構造のものがおすすめ
    → フライパン・鍋・炊飯器の内釜も入る3人分以上の容量がおすすめ
  • ポイント②:本体サイズ
    → あまり小さいと容量も小さいので、大きめのものをラック等に置くのがおすすめ
  • ポイント③:分岐水栓での給水
    → タンク式以外だけでなく分岐水栓でも使えると、給水が面倒になったときも買い替えに必要ナシ
  • ポイント④:給水する位置
    → 本体上が主流ですが、それ以外もあるので置く場所によって選びましょう
  • ポイント⑤:最高洗浄温度
    → 表記よりも温度が低いこともあるらしいので、汚れを溶かしやすい75℃のタイプがおすすめ
    → 汚れ落としのムラが少ない上下囲み洗いや、赤ちゃんにも優しいUV除菌タイプがおすすめ
  • ポイント⑥:中身が見える
    → 洗い物が引っ掛かって実際には洗浄ノズルが回っていない(洗浄できていない)こともあるので中身が見えるタイプがおすすめ

それぞれのモデルごとに特徴があるので、個別に見ていきましょう。

1:サンコー ラクア STTDWADW → 高性能でなおかつ安い、コスパも良い安定の食洗機

1-thanko-rakua-STTDWADW-3

クリックでAmazonにジャンプ

せっかっく買うなら少し大きめのものを買いたいけど、あまり高いものは買いたくない。
という方におすすめなのが、サンコーのラクア(STTDWADW)です。

悩みに悩んで私が買ったのもラクアで、欲しいポイントをキッチリ押さえてなおかつ安く大満足でした。
始めから大本命ですが、ラクアの便利なポイントをまとめるとこういった内容となります。

サンコー ラクア STTDWADWの便利ポイント

  • ①食器の入る容量:3人分(二段構造)でお箸やカラトリー、調理器具もドサッと入る
  • ②本体サイズ:41×44×41cm
  • ③分岐水栓での給水:○
  • ⑤洗浄温度:〜75℃(上下囲み洗い)
  • ⑥中身が見える:◎ライト有り
  • 特徴:二段構造で収納力は抜群
  • 価格(税込):¥29,800

洗浄かごにローラーが付いていて引き出しやすくなっていたりと、何かと細かな設計で使いやすいのが特徴
引き出したかごは一定の位置で止まるようになっていたりと、芸が細かいサンコーさん。

他にも洗剤を入れるくぼみもあって、計量の必要がなかったりという日々をもっと快適にしてくれる食洗機でした。

rakua-senzai

また、洗浄能力もスプリンクラーのような洗浄ノズルは上下に2つ搭載していて、上下囲み囲み洗いで汚れを逃しません。
他の食洗機も上下に洗浄が付いているものもありますが、ラクアに搭載しているものは大ぶりのものなので噴射範囲も広めという印象。

rakua-sekkei

参照:水道いらずのタンク式食器洗い乾燥機 「ラクア」 | 【公式】サンコー通販オンラインショップ

もっと細かい使用感が気になる方には、こちら(【分岐水栓いらず】サンコーの食洗機ラクアで明日から生活改善)でもご紹介しています。

1-thanko-rakua-STTDWADW-3
【分岐水栓いらず】サンコーの食洗機ラクアで明日から生活改善

食洗機というと、なんだか裕福な大家族だけが使うものというイメージ。俺なんかに食洗機はまだ早い…と思っていましたが、実はそんなことはない。 今回食洗機を導入することで改めて、皿洗いってこんなにストレスのあることだったんだ…と感じる日々です。 ...

続きを見る

2:サンコー ラクアmini TK-MDW22W → 安くてコンパクト、けれど小さすぎて後悔しそう

2-thanko-rakua-mini

参照:Amazon

意地でも小さめの食洗機をシンク横に置きたい。
という方におすすめなのが、サンコーのラクアmini(TK-MDW22W)です。

サンコー ラクアmini TK-MDW22Wの便利ポイント

  • ①食器の入る容量:1〜2人分
  • ②本体サイズ:31×42×32cm
  • ③分岐水栓での給水:×
  • ④給水する位置:本体上
  • ⑤洗浄温度:〜75℃
  • ⑥中身が見える:○
  • 特徴:コンパクトで選ぶならコレ
  • 価格(税込):¥19,800
rakua-mini-setting

参照:Amazon

とにかくコンパクトで、食洗機を置くのを諦めていた方にも希望を与えるラクアmini。
容量はかなり小さめで、フライパンや鍋といった調理器具は小さいものでも入らないと考えておいた方がよさそうです。

このように、とにかくシンク横にコンパクトに置きたい方向けです。
個人的には大きめのサイズのものをおすすめしていて、置き場所に悩んでいる方にはラックといったものの導入を推奨しています。

タンク式食洗機のメリットは置き場所を選ばないことにあるので、小さいサイズのものを選ぶと洗浄の頻度も多くなりストレスだと思います。
また、大きめのサイズのものを購入することで、トースターの受け皿や調味料入れなど、たまにキチンと洗いたいものを洗えるのも魅力です。

ラクアminiとラクアはこちら(【比較】サンコーのラクアminiとラクア選ぶべきはどっち?【後悔しないのはラクア】)でも比較しています。
気になる方は合わせてどうぞ。

【比較】サンコーのラクアminiとラクア選ぶべきはどっち?【後悔しないのはラクア】

2022年の2月にサンコーから発売されたラクアmini。 「シンク横に置けるタンク式食洗機」というのがキャッチコピーの、以前から発売されていたラクアより小さくなった文字通りミニサイズな食洗機です。 せっかく食洗機を買うなら、とことんラクがし ...

続きを見る

3:シロカ SS-M151 → シロカのエントリーもモデル、安いのにタイマー機能付き

3-siroca-ss-m151

参照:Amazon

シロカのSS-M151は、タイマー機能は欲しいけど安めのモデルがいいという方におすすめです。
シロカの食洗機は、全てにタイマー機能が搭載しているのが特徴です。

シロカ SS-M151の便利ポイント

  • ①食器の入る容量:3人分
  • ②本体サイズ:42×44×44cm
  • ③分岐水栓での給水:○
  • ④給水する位置:本体上
  • ⑤洗浄温度:〜70℃(上下囲み洗い)
  • ⑥中身が見える:○
  • 特徴:タイマー機能
  • 価格(税込):¥35,000

タイマーを使用すれば、夜中に運転させることで電気代の節約もできます
洗浄が終わってすぐに扉を開けてモワッとした空気を開放させたいという方には、タイマー機能が良いかもしれません。

3-siroca-ss-m151-2

参照:Amazon

しかしどのモデルも洗浄後の換気は考えられていますので、洗浄後の湿気のこもりは過度に心配する必要もそこまで無い部分かと個人的には考えています。

4:シロカ SS-MA251 → 収納力とタイマー・オートオープン機能は優秀、けれど高い

4-siroca-ss-ma251

参照:Amazon

洗浄終わりのモワッとした空気で雑菌が繁殖するんじゃないか、心配な方にはシロカのSS-MA251がピッタリです。

シロカ SS-MA251の便利ポイント

  • ①食器の入る容量:3人分(二段構造)でお箸やカラトリー、調理器具もドサッと入る
  • ②本体サイズ:42×47×44cm
  • ③分岐水栓での給水:○
  • ④給水する位置:本体上
  • ⑤洗浄温度:〜75℃(上下囲み洗い)
  • ⑥中身が見える:○
  • 特徴:タイマー・オートオープン機能
  • 価格(税込):¥59,800

洗浄が終わると自動で扉が開く、オートオープン機能が搭載しています。

4-siroca-ss-ma251-2

参照:Amazon

ただし、価格は6万円近く少し高めですよね。
たしかに便利ではありますが、ラクアが2つ買えてしまうには少し手が出にくいアイテムかもしれません。

5:シロカ SS-MU251 → 収納力とタイマー・UV除菌機能は優秀、けれど高い

5-siroca-ss-mu251

参照:Amazon

哺乳瓶など、赤ちゃんが口にするものはUV除菌ができると万全です。
タイマー機能とUV除菌が両方使えるタンク式食洗機なら、シロカのSS-MU251でしょう。

シロカ SS-MU251の便利ポイント

  • ①食器の入る容量:3人分(二段構造)でお箸やカラトリー、調理器具もドサッと入る
  • ②本体サイズ:42×47×44cm
  • ③分岐水栓での給水:○
  • ④給水する位置:本体上
  • ⑤洗浄温度:〜75℃(UV除菌)
  • ⑥中身が見える:○
  • 特徴:タイマー・UV除菌機能
  • 価格(税込):¥52,800

容量も大満足の二段構造で、身の回りのものをUV除菌するためにも大活躍できる食洗機です。
除菌専用モードなら、UVランプでの照射のみをおこなうことも可能です。

5-siroca-ss-mu251-2

参照:Amazon

ただし、こちらも少し高めです。
赤ちゃんの安全をお金で買うには安いですが、大人のみの家庭には不向きかもしれません

6:アイリスオーヤマ ISHT-5000 → ミニマルデザインで安い、けれど機能は普通

7-irisoyama-ISHT-5000

参照:Amazon

とにかく生活感を出したくないという方には、アイリスオーヤマのISHT-5000がピッタリでしょう。
ボタンもシンプルな構成で、これだったら堂々と置けるという方もいらっしゃると思います。

アイリスオーヤマ ISHT-5000の便利ポイント

  • ①食器の入る容量:3人分
  • ②本体サイズ:42×44×45cm
  • ③分岐水栓での給水:×
  • ④給水する位置:本体上
  • ⑤洗浄温度:〜70℃(上下囲み洗い)
  • ⑥中身が見える:×
  • 特徴:ミニマルなデザイン
  • 価格(税込):¥29,800

設計もよくできていますが、お箸やカラトリーは縦置きするしか置き場所が無いのは少し気を遣いそうですね。

7-irisoyama-ISHT-5000-2

参照:Amazon

中身が見えないと、せっかく洗っても洗浄ノズルがお箸に引っ掛かって洗えていなかった、みたいなこともあるので注意です。
私も1割くらいの確率で引っ掛かっているのをガラス越しに見つけるので、個人的には中身が見える方が使い勝手は良いかと思います。

7:アイリスオーヤマ KISHT-5000 → タイマー機能搭載の最安モデル、他は普通

8-irisoyama-KISHT-5000

参照:Amazon

タイマー機能が搭載している最安モデルを探している、という方にはアイリスオーヤマのKISHT-5000がおすすめ。
中身の見えないISHT-5000と比較しても、こちらはガラスで中身が見えるアイリスオーヤマの食洗機。

アイリスオーヤマ KISHT-5000の便利ポイント

  • ①食器の入る容量:3人分
  • ②本体サイズ:42×44×45cm
  • ③分岐水栓での給水:×
  • ④給水する位置:本体上
  • ⑤洗浄温度:〜70℃(上下囲み洗い)
  • ⑥中身が見える:○
  • 特徴:タイマー機能
  • 価格(税込):¥32,400

タイマー機能アリで安い、それくらいしか推薦要素がないような気もします。

8:東芝 DWS-22A → UV除菌機能搭載の最安モデル、他は普通

11-toshiba-DSW-22A

参照:Amazon

UV除菌機能は欲しいけど価格は押さえたい、そう考えている方に合うのが東芝のDWS-22Aです。
ラクアと比較しても+5千円ほどと、UV除菌機能搭載モデルにしては最安のモデルになろうかと思います。

東芝 DWS-22Aの便利ポイント

  • ①食器の入る容量:3人分
  • ②本体サイズ:42×44×44cm
  • ③分岐水栓での給水:×
  • ④給水する位置:本体上
  • ⑤洗浄温度:〜75℃(UV除菌)
  • ⑥中身が見える:○
  • 特徴:UV除菌機能
  • 価格(税込):¥35,200

他は普通で、食器の入る収納も1段だけなので万人にオススメできるモデルかというとそうは思いません。

9: maxzen JDW03BS01 → 本体下から給水できて価格は最安、他は普通

12-maxzen-JDW03BS01

参照:Amazon

なんといっても本体したから給水できるのが、maxzenのJDW03BS01が持つ魅力。
少し高い位置に食洗機を設置したい方は、こちらのモデルがおすすめです。

maxzen JDW03BS01の便利ポイント

  • ①食器の入る容量:3人分
  • ②本体サイズ:45×41×49mm
  • ③分岐水栓での給水:○
  • ④給水する位置:本体下
  • ⑤洗浄温度:〜70℃
  • ⑥中身が見える:○
  • 特徴:本体下から給水が可能
  • 価格(税込):¥26,800

他の特徴はというと大してありませんが、この食洗機で給水が少しでもラクになるという方は多いのでは。
注いだ水がこぼれにくいのも非常に実用的ですね。

jdw03bs01

参照:Amazon

個人的にはこのデザインは、ちょっと微妙な気もします。

10:COMFEE' WQP6-3602K → 大容量と高機能を備えるアイデアマシン、少し高いけどこれもアリ

13-comfee-wqp6-3602k

参照:Amazon

最後は変わりダネで、タンク式ではないけど分岐水栓工事不要のCOMFEE'のWQP6-3602K。
スタイリッシュなこの見た目とは裏腹に、機能とアイデアが詰まった食洗機です。

COMFEE' WQP6-3602Kの便利ポイント

  • ①食器の入る容量:5人分でたくさん溜めて一気に洗うこともできる
  • ②本体サイズ:54×55×44cm
  • ③分岐水栓での給水:○
  • ④給水する位置:バケツで給水
  • ⑤洗浄温度:〜75℃(UV除菌)
  • ⑥中身が見える:×
  • 特徴:タイマー機能・組み上げて給水
  • 価格(税込):¥39,800

給水はバケツに入れた水を汲んでくれるので、重たい水を注ぎ入れる必要がありません。
業界初のタンクレスとのことで、確かにアイデア満載ですね。

13-comfee-wqp6-3602k

参照:Amazon

他の食洗機もこうなって欲しいとすら思ってしまいます。
タンクレス構造のおかげで入る食器の容量も5人分とかなり大きめ。

レビューを見てみると、バケツに入る水と給水に必要な水が同じだったり、外から中身が見えない構造だったりするようです。
細かな部分やで見ると今ひとつかもしれませんが、価格に対しての容量はピカイチです。

 

 

おすすめ10選まとめ:ポイントの6つで比較するタンク式食洗機

これまでの内容をまとめると、下記の通りです。

この記事の結論

  • サンコー ラクア STTDWADW → 高性能でなおかつ安い、コスパも良い安定の食洗機
  • サンコー ラクアmini TK-MDW22W → 安くてコンパクト、けれど小さすぎて後悔しそう
  • シロカ SS-M151 → シロカのエントリーもモデル、安いのにタイマー機能付き
  • シロカ SS-MA251 → 収納力とタイマー・オートオープン機能は優秀、けれど高い
  • シロカ SS-MU251 → 収納力とタイマー・UV除菌機能は優秀、けれど高い
  • アイリスオーヤマ ISHT-5000 → ミニマルデザインで安い、けれど機能は普通
  • アイリスオーヤマ KISHT-5000 → タイマー機能搭載の最安モデル、他は普通
  • 東芝 DWS-22A → UV除菌機能搭載の最安モデル、他は普通
  • maxzen JDW03BS01 → 本体下から給水できて価格は最安、他は普通
  • COMFEE' WQP6-3602K → 大容量と高機能を備えるアイデアマシン、少し高いけどこれもアリ

細かな機能まで見るとキリがありませんが、総合的に評価が高かったのはサンコーのラクアかなという印象。

二段構造で3人分洗えて洗浄力も申し分なく、機能はそれほど多くありませんが使いやすくて実用的で、ラクアのコストパフォーマンスの良さは抜群でしょう。

ラクア セール情報

今のところ、サンコーの公式サイトからの購入が最もお得です。
新規会員登録者に¥1,000分のポイントを配布中です。

下記の画像をクリックで登録画面にジャンプできます。

thanko-register

サンコーの新規登録はこちらから

また、夜間の洗浄をしたりと、タイマー機能が欲しい方にはシロカのSS-M151が安く買えるモデルです。
上手に使いこなせば、オートオープン機能を使わずに朝起きる時間に洗浄を終わらせたりすることも可能ですね。

他にも、UV除菌機能を搭載したモデルをお探しの方には東芝のDWS-22Aがピッタリでしょう。
赤ちゃんの使うものをたくさん入れたい場合には、シロカのSS-MU251が容量も大きくて便利です。

 

【定番記事まとめ】コストパフォーマンの高い生活改善ガジェット

2022/7/5

二人暮らし向け食洗機、失敗しない選び方は?【オススメはタンク式】

二人暮らしで食洗機を使い始めてから1年以上経ちました。 結果として食洗機は、最も生活が改善した時短家電でした。 買った食洗機はサンコーの「ラクア」というタンク式食洗機で、値段は3万円ほどでかなり安い部類の食洗機。 賃貸住みには優しい工事不要なタンク式の食洗機です。 サンコー ラクア created by Rinker THANKO サンコー公式 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング ひとくちに食洗機と言っても据え置き型やタンク式など種類が様々あったり、サイズ(収納力)も様々でものによっ ...

ReadMore

2022/7/5

比較して分かるタンク式食洗機の間違いない選び方【ポイントは6つ】

工事不要ですぐに生活改善できるタンク式の食洗機。 3万円ほどで家事がひとつ無くなってしまうという、かなり優秀なアイテムです。 そんな食洗機ですが、2021年時点で日本での普及率は約3割と、欧米の普及率約7割を大幅に下回っていているようです。 (参照:日本の普及率は約3割、統計でみる「食洗機」の販売動向|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社) 分岐水栓いらずのタンク式食洗機を導入するメリット・デメリットから、比較すべきポイントを6つに絞っておすすめの食洗機をご紹介します。 6つのポイントから、タンク式食洗機 ...

ReadMore

2022/7/5

【比較】サンコーのラクアminiとラクア選ぶべきはどっち?【後悔しないのはラクア】

2022年の2月にサンコーから発売されたラクアmini。 「シンク横に置けるタンク式食洗機」というのがキャッチコピーの、以前から発売されていたラクアより小さくなった文字通りミニサイズな食洗機です。 せっかく食洗機を買うなら、とことんラクがしたい。 ラクアminiかラクア、今買うべきサンコーの食洗機は一体どちらなのでしょうか。 サンコー ラクア created by Rinker THANKO サンコー公式 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング サンコー ラクア mini created ...

ReadMore

2022/7/23

【食洗機】タンク式のデメリットを超えるメリット【これで十分かも】

工事も必要無く、手軽に導入することができるタンク式の食洗機。 導入が簡単というようなメリットはありますが、タンク式食洗機は実際に使っていてどのようなデメリットがあるのでしょうか。 タンク式の食洗機を導入してから1年近く経っちましたが、我が家の場合はタンク式食洗機のデメリットよりもメリットが多いという印象でした。 タンク式食洗機を選ぶのが正解、という方も多いのではないかと思います。 タンク式食洗機の中には分岐水栓しても使える(自動給水)ものもあって、我が家で使っているラクアという食洗機もそのタイプ。 しかし ...

ReadMore

2022/3/20

【固定費】同棲でかかる1年間の固定費は?【26歳が東京で同棲したケース】

同棲を始めてから丸2年が経っていて、引っ越してすぐに買いたかった物も一通り購入して生活も安定してきました。 特に私のような20代の若者にとって、同棲は非常に経済的な生活スタイルだと思います。 実際のところ2021年の固定費は2人分で月平均13万円ほど、食費等も入れた2人分の生活費は月平均20万円ほどと、非常に安く抑えて生活することが出来ました。 同棲は同世代と比べても都心へのアクセスがいい賃貸(マンション・アパート)をコスパ良く借りることが出来ていて、公共料金も安く住みます。 そこで今回は、同棲にかかった ...

ReadMore

効率よく時間を増やしてくれるガジェットをまとめてご紹介します。
その中でも、コストパフォーマンス良く日々を快適にしてくれるものを、優先度の高いガジェットとしてご紹介しています。

せっかく簡単に家事が無くせる時代なので、数万円で体力と心の余裕を手に入れましょう。

2万円弱でも十分に生活が改善する掃除ロボット。

anker-eufy-robovac-11s-review-top
【比較】Eufyは11Sで十分すぎた理由【最安モデルでOK】

Eufyシリーズといえば、Ankerのリーズナブルで機能的なロボット掃除機。 ざっと数えただけで10モデル程が発売されていて、どれを買ったら良いのかよく分からない方も多いのでは。 私が2年以上愛用しているのはEufyシリーズでも最安モデルの ...

続きを見る

3万円ほどで皿洗いが消えて無くなる食洗機。

1-thanko-rakua-STTDWADW-3
【分岐水栓いらず】サンコーの食洗機ラクアで明日から生活改善

食洗機というと、なんだか裕福な大家族だけが使うものというイメージ。俺なんかに食洗機はまだ早い…と思っていましたが、実はそんなことはない。 今回食洗機を導入することで改めて、皿洗いってこんなにストレスのあることだったんだ…と感じる日々です。 ...

続きを見る

【比較】サンコーのラクアminiとラクア選ぶべきはどっち?【後悔しないのはラクア】

2022年の2月にサンコーから発売されたラクアmini。 「シンク横に置けるタンク式食洗機」というのがキャッチコピーの、以前から発売されていたラクアより小さくなった文字通りミニサイズな食洗機です。 せっかく食洗機を買うなら、とことんラクがし ...

続きを見る

賃貸で暮らしていたり、工事が面倒な方には工事不要なタンク式食洗機がおすすめ。

【食洗機】タンク式のデメリットを超えるメリット【これで十分かも】

工事も必要無く、手軽に導入することができるタンク式の食洗機。 導入が簡単というようなメリットはありますが、タンク式食洗機は実際に使っていてどのようなデメリットがあるのでしょうか。 タンク式の食洗機を導入してから1年近く経っちましたが、我が家 ...

続きを見る

比較して分かるタンク式食洗機の間違いない選び方【ポイントは6つ】

工事不要ですぐに生活改善できるタンク式の食洗機。 3万円ほどで家事がひとつ無くなってしまうという、かなり優秀なアイテムです。 そんな食洗機ですが、2021年時点で日本での普及率は約3割と、欧米の普及率約7割を大幅に下回っていているようです。 ...

続きを見る

 

【記事まとめ】生活費は10万円ほど、同棲して東京で暮らしています

2022/7/21

【無印良品】折りたたみ傘と長傘のいいとこ取り【2通りにたためる】

傘がキライ。 某ジブリの化け物が葉っぱを傘にしているシーンは有名ですが、21世紀にして人類はそれと大差ない傘を使っています。 また、調べてみれば分かりますが、日本は雨の降りやすい国という現状で、雨の日も傘もどんどん嫌いになっていく。 少しでも雨の日の生活改善を図るためには、高機能な傘を使うのが手っ取り早いです。 こだわりのアイテムを求めて紆余曲折した結果、無印良品の「2通りにたためる 折りたたみ傘」という商品に行き着きました。 無印良品で発売されている折りたたみ傘はたくさんありますが、折りたたみ傘と長傘の ...

ReadMore

2022/8/3

高還元のPayPay祭がプライムデーより安い【大きい買い物向き】

大金を使う買い物は、我が家ではいつもPayPay祭が開催されているタイミングのヤフーショッピングで購入することにしています。 特に、今回のPayPay祭は最大30.5%還元で、特に用意していないでも25%程の還元を受けることが出来ました。 プライムデーが終わったばかりですが、大きな買い物を考えている方には、PayPay祭を使った買い物が経済的です。 最も還元率の高い期間は7月16(土)〜18日(祝)で、夏のPayPay祭グランドフィナーレとして三連休に合わせて開催されます。 プライムデー以上の還元率になる ...

ReadMore

deodorant-old-spice

2022/7/12

【オールドスパイス】海外製デオドラントでフワッと香る【コスパも良い】

人間が臭くなる季節がやってきた。 日常で臭いが気になる瞬間は、なにも満員電車だけではなくて、個人的には意外と多い。 人の振り見て我が振り直せ、ということで日本の清涼感を保つためにも、私が使っているデオドラントについてご紹介しておきたい。 使っているのは「オールドスパイス」という海外製のスティック型デオドラント。 私自身3年以上は使っていて、優秀過ぎる反面今ひとつ日本で流行していない印象があり、オールドスパイスの使用レビューや使ってみた香りの印象について、徹底的に書いていきたいと思います。 オールドスパイス ...

ReadMore

2022/7/27

【2022年】夏に買ってよかった便利グッズ10選【生活改善したい方向け】

20年以上生きているハズが、毎年「こんなに暑かったんだっけ・・・」となる夏。 季節にはそれぞれメリット・デメリットがあって、夏はデメリットばかりを体感した途端、地獄に変化する季節でもある。 それなら少しでも、夏のデメリットを最大限までに減らしたい。 そこで今回は、可能な限り夏のストレスを消し去る、夏に買ってよかった便利グッズをご紹介します。 生活の質を少しでも底上げするためにも、細々としすぎて見落としやすい便利グッズにも目を向ける機会になればと思います。 生活改善編 | 夏に買ってよかった便利グッズ ひと ...

ReadMore

2022/7/21

26歳ガリガリが増量できた美味しく太れる食事【筋トレ前に】

25年間をガリガリで生きてきましたが、初めて増量することができました。 すぐ寒くなるし、心も体も調子も不安定なこともあって、重い腰を上げてガリガリを脱出して健康的な体作りを目指すことにしました。 身長172cmで体重が53kgしか無かった私が増量できたのは5kgほどと、少しづつ成果が出始めています。 ストイックな方にはまだまだなと言われそうですが、美味しく食事を摂りながら継続的に増量できているというのが何よりも嬉しいところではあります。 ガリガリが筋トレをしても効果が薄いというのは、調べてみると様々なメデ ...

ReadMore

1人あたりの生活費は10万円ほど、生活費・固定費の内訳を詳しく書いています。

top
【生活費10万円】同棲で都心を十分に暮らせる生活費の内訳・コツ

高い高いと言われている東京の家賃。 少し背伸びをしてでも、若いうちに都心に住むのが人生後悔しないためにもおすすめ。 都心にコスパよく住むには、同棲なら簡単に賢く生活できる。 同棲して約2年になりますが、目黒区で1人あたり月10万円の生活費で ...

続きを見る

【固定費】同棲でかかる1年間の固定費は?【26歳が東京で同棲したケース】

同棲を始めてから丸2年が経っていて、引っ越してすぐに買いたかった物も一通り購入して生活も安定してきました。 特に私のような20代の若者にとって、同棲は非常に経済的な生活スタイルだと思います。 実際のところ2021年の固定費は2人分で月平均1 ...

続きを見る

お金の管理方法や、生活の工夫についても書いています。

【家族カード以外】同棲でもクレジットカードを2枚作りたい【楽天】

好きな人と同棲を始めたからこそ、お金ののやり取りでトラブルを起こしてしまうのは悲しすぎる。 同棲で複雑になったお金の管理をするためには、シンプルな仕組み作りが大切ですよね。 そう考えていると発生する問題が、同棲の状態だと家族カードが作れない ...

続きを見る

【経験談】2つのルールだけで同棲が快適になった【ルールはシンプルに】

同棲を始めて2年が経って、同棲生活でストレスを感じることは殆ど無くなりました。 どうして無くなったのか振り返ってみると、お互いが一番楽しく暮らせるように最低限のルールを決めたことにありました。 新しい環境での生活を始めると、実は気づかないと ...

続きを見る

-ガジェット, 生活改善ガジェット